TBコメントは、本家へm(__)m

2010年11月14日

龍馬伝 第46回 土佐の大勝負

『土佐の大勝負』

内容
1000丁のミニエー銃とともに土佐に帰ってきた龍馬(福山雅治)
後藤象二郎(青木崇高)は、容堂(近藤正臣)に龍馬面会の意志を伝えるが、
“その銃はどこに向けられている?”と相手にしない。
薩摩との盟約もあり、後藤は、なんとかしようとするが。。。。

後藤が説得する間、龍馬は久々に坂本家へと帰るのだった。
姪の春猪(前田敦子)には子が生まれ、大騒ぎで出迎えてくれる面々。
だがそこには継母の伊與(松原智恵子)の姿はなかった。
兄・権平(杉本哲太)姉・乙女(寺島しのぶ)によると、
龍馬を待ち亡くなったと知る事に。。。。
その日の夜。
岩崎家の弥次郎(蟹江敬三)美和(倍賞美津子)喜勢(マイコ)らも加わり、
弥太郎(香川照之)の姿はなかったが、大宴会へ。

そのころ長崎では、土佐商会を離れようとする弥太郎に声をかけてくる者がいた。
それは弥太郎とともに土佐商会で働いてきた上士達であった。
彼らは弥太郎に共感し、弥太郎の仲間となり一緒に商売をはじめようとしていた。

一方、後藤は、自分の中にあった龍馬へのわだかまりも含めすべてを容堂に晒し、
ようやく、容堂の説得に成功していた。
そして容堂は、龍馬と面会することになる。

龍馬は数年前の非礼をわびた上で、
慶喜公への大政奉還の建白書を書いて欲しいと刀を出し直訴する。
“人を憎んでもなんちゃあならん。憎むべきはこの国の古い仕組み
 幕府も藩も、もういらんがです。この国は新しゅう生まれ変わらんといかん
 それが、大政奉還ながです”
“武士も大名ものうなってしまった世の中に、何が残るがじゃ”
“日本人です”
後藤も、龍馬とともに刀を差しだし、涙し懇願する龍馬と後藤。
それを見た容堂は。。。。。その場を去っていくのだった。

そして、、、容堂は決意する。

敬称略


半平太の、、あのシーンを持ってくるとは。。。
上手い絡ませ方である。

ま、いろいろとやってきたことを、
すべて、繋げて、利用しないと、

バラバラで、好き勝手しかやってこなかった“龍馬伝”
何のための“大河ドラマ”だって事になりますからね。

連続ドラマとは、こう言うものだ。


そんなことはともかく。

今回の主役は、後藤象二郎かな。

自分をさらけ出し、それが容堂にも伝わる。
少し、、演出が過ぎるかなぁ。。。というくらい、

熱さとくどさはありましたが、
でも、歴史の主人公の1人であることは確かだろうから、

こう言うことで、十分満足。
いつだったかの後藤象二郎への龍馬の直訴も含め、

悪くない流れであったと思います。


細かいことは、もちろん、、どこかへ捨てておいて、

ドラマとしては、
前回、前々回の“引き延ばし回”に比べれば、

最終盤で、、、渾身の面白さはあったと思います。

いやまぁ、、、事件前では、ここが本来の最高潮だろうね。
ここで劇的に描かなくて、一体どうする!!

そんな感じだ。


だから、書かせてもらう。

前回、前々回は、テキトーに済ませておいて、
今回の物語を、2話くらいにして、もっと盛り上げて欲しかったと思います。


これまでの感想
第45回 第44回 
第43回 第42回 第41回 第40回 第39回 
第38回 第37回 第36回 第35回 第34回 
第33回 第32回 第31回 第30回 第29回 
第28回 第27回 第26回 第25回 第24回 
第23回 第22回 第21回 第20回 第19回 
第18回 第17回 第16回 第15回 第14回 
第13回 第12回 第11回 
第10回 第9回 第8回 第7回 第6回
第5回 第4回 第3回 第2回 第1回 
posted by レベル999 at 18:48| 2010年ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。