TBコメントは、本家へm(__)m

2010年11月09日

ギルティ 悪魔と契約した女 第5話 真犯人に天罰下る!

『真犯人に天罰下る!』

内容
かつて嘘の証言をしたIT会社社長・金谷文則(山崎裕太)を
ターゲットに決めた芽衣子(菅野美穂)は、
恋人・高橋遥(岩佐真悠子)を誘拐したと金谷に告げ、
金谷の覚醒剤使用の証拠と引き替えに、5億を要求する。
個人口座に会社の金を移動しろと。。そして社長室から出るな。。と指示。
だが、そのころ、芽衣子は、、遥と、、とある施設にいたのだった。
そこは、金谷の祖母・ミエ(上岡紘子)がいる、、、老人ホーム。

一方で、真島(玉木宏)は、金谷と芽衣子の繋がりを見つけ出し、
金谷のいるビルに駆けつけ、何とかして金谷に、危険を訴えようとするが、
秘書・堀陽介(桜井聖)たちから、追い出されてしまうのだった。
ビルから出ると、、、そこには万里(吉瀬美智子)がいた。
マル暴が、覚醒剤絡みで金谷を張っているため邪魔をするなと言うコトだった。
だが万里が、真島の動きを問い詰めても、答えようとしない真島。
そこで万里は独自に、芽衣子の裁判記録を手に入れ、
3件の不審死事件と三輪管理官(モロ師岡)の失踪に繋がりを感じ始めていた。

そんななか、真島は堂島(唐沢寿明)からの情報で、
金谷の恋人・遥が犬を飼っていると知る。。。。やはり、芽衣子が!?
と同時に、万里が、芽衣子にたどり着いたことも知る。
そして、、、謎の事件への、、、1つの疑惑にも。
ついに真島は、万里と協力することを決めるが。。。。。。
突然、芽衣子から電話が!
犬のアンを真島の部屋に届けに来たところ、部屋が荒らされていると。。。。。

翌朝、芽衣子にとって、思わぬ事件が発生してしまう。
遥が行方不明になってしまったのだ。

そのころ、金谷の前に現れる秘書の堀。
会社の金の私的流用で、自発的に社長を退任しろと。。。。。。

敬称略




かなり唐突な展開ではありますが、
話数を考えれば、折り返し。。。。だろうから、

こんなところでしょうね。


今回、芽衣子が追い込んだ相手は、
結果から言えば、ケーキに毒を盛った男。。。。。。である。

言ってみれば、15年前の真犯人、、というより、実行犯ですね。

裏に誰かがいるようですし。。。。って、間違いなく、アレですが。
ま、そこは良いだろう。


とりあえず、ドラマとしては、
徐々に15年前の真相に近づきつつあると言う事。
そして、芽衣子としては、復讐劇が淡々と進行中。。。。ということだ。


細かいことはともかく、
謎が多くワケがわからなかった今作も
ようやく、事件がシッカリ表現されつつあるということで、

復讐劇も、オモシロ味に変わりつつある感じだ


あくまでも、、、“変わりつつ”であって、一概に面白いと言えないのが
今作の内容のやりきれなさだけでなく、
ここまで展開してきた物語。。。演出の、、、功罪と言えるだろう。

っていうか、端的に言えば、引っ張りすぎだったってコトだ




それにしても、序盤の意味のわから無さに比べれば
芽衣子だけに、物語が絞り込まれているので、
ドラマは分かり易くなっているのは理解できるが


徐々に、真島が、、、なぜ、芽衣子に近づいたかが、曖昧になっているような。。

三輪だよね??
それに、真犯人として追っていたんじゃなく、
芽衣子の闇に惹かれたんだよね?

刑事であることもばれたことだし、
そろそろ、このあたり。。。“関係の再構築”が必要でしょうね。


最後にヒトコト。
これ、、、15年前の事件の、犯人がどうかより
わたし的に“動機”の方が、気になっているのだが。。。。。


これまでの感想
第4話 第3話 第2話 第1話 


posted by レベル999 at 23:00| 2010年ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。