TBコメントは、本家へm(__)m

2010年08月25日

ホタルノヒカリ2 第八夜 両家顔合わせへ

『干物女の両家顔合せ』
“結婚へ最終段階!涙の婚約指輪

内容
実家から送られてきた日本酒を飲んで、、つい。。。
“結婚なんて、めんどくしゃい”と口走ってしまったホタル(綾瀬はるか)

それを偶然聞いてしまったぶちょお(藤木直人)は、
先日の小夏(木村多江)との一件もあることから、覚悟を決める。
“ご両親に挨拶がしたい”
そう言われたホタルは、
先ずは、、近くに住むお姉ちゃん・アゲハ(堀内敬子)に連絡をとるのだった!

一方で結婚が進み始めたことを山田姐さん(板谷由夏)と小夏に報告するホタル。
すると小夏は、準備などで、面倒なことが増えるとアドバイス。
山田姐さんも、部長のことだから、最低限のことはすべきと諭す。

同じ頃、ホタルに内緒で。。。アゲハと会うぶちょお。
かなり細かいことまで、アゲハに話していることに驚きながらも
ホタルだからということもあり、堅苦しいことは良いと言うアゲハに、
よりいっそう、気を引き締めるぶちょうであった。

そのころ、
さすがのホタルも“部長のため”と考え、面倒くさいなんて言ってられない!
そう考え始めたことで、ぶちょおが驚くほどにテキパキと進めていく!!

そんななか、小夏の店の工事がプラン変更を余儀なくされ
苦悩する瀬乃(向井理)と、、、ホタル。。
なんとかしようと仕事に集中し始めたホタルは、
ぶちょおと進めるはずだった、式場予約などの約束などを忘れてしまい。。。。


敬称略




相手を受け入れることで、ごく自然に自分が成長する
人が人を好きになるっていうことは、そういうコトだと思う。


そんなことが、、、色々と交錯するお話である。

結婚に向け進み始めた途端、面倒と言い出すホタル
一方で、きちんとしなければと言うぶちょお

そんなとき、山田姐さん、小夏のアドバイスで、ホタルは気合いを入れるが、
小夏の店のプランのことで瀬乃と、ちょっと対立し
仕事が気になってしまい、空回り状態に。。。。。


ま。。。。そんなところ。


ここのところ、物語が進んでいるのかどうかで言えば、
初回で、“結婚”という狼煙を上げたわりに、
進んでいるようないないような状態
でしたが

家族との顔合わせという“ぶちょおが好きそうな儀式”を盛り込むことで

強制的に、物語は動き始めた感じだ。


実際、結婚の物語の停滞と、仕事の描き込みの薄さもあり
ここのところ、もの凄いマンネリ感に支配されてしまっていた今作


どんな結末があるにしても、そろそろ進んでくれなきゃね!

お互いの立場の違いも描かれているし
考え方の違いも描かれている。
それでも、、、と、ぶちょおが自分の成長や影響という言葉を口にすることで

何が欠けているのか?
何を相手に求めているのか?

そんなコトを表現し、
ドラマに、奥行きを生み出した。。。ということだ。


だから、、、ドタバタした後で、ぶちょおの決断へと繋がっていく




ただし。

いままででも、描けたお話。

そういえば、それまでですが、
仕事も絡めているし、結婚についてお互いに色々と表現されているので、

ようやく、ドラマとしてのオモシロ味も出てきた感じですね。


ほんとは、こういったお話を、もっと見たかったのですが、
それなりに楽しいし、、、こんなところだろう。

進んでいるように見せておいて、実際は進んでいないよりも
よっぽど、やりとりにシリアスさが加わり、面白かったと思います。



最後に、もうヒトコトだけ。
ぶちょおの家族も登場させた方が、良かったと思いますよ!
そうすれば、、ホタルの家族との違いも表現され、
ぶちょおの、よりいっそうの覚悟も見えたでしょうに。。。


これまでの感想
第七夜 第六夜 
第五夜 第四夜 第三夜 第二夜 第一夜 
posted by レベル999 at 23:00| 2010年ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新・警視庁捜査一課9係season2(5)第9話 二つの血痕

『二つの血痕』

内容
佐竹菜穂子(原田佳奈)の撲殺体が発見された。
状況から殴られ、、そして、チェストの角にぶつけた様子。
財布などが残っていることから、強盗ではないと思われた。
マンションの管理人によると“女優”らしく、男と同棲をしていたらしい。
メールの履歴から、男は江藤純一(篠田光亮)と分かるが行方不明。
その現場で、
世界的演出家・片山治(ベンガル)の“ハムレット”の台本が発見される。
書き込みを多数していることから、出演予定があったようだった。

一方、周辺の聞き込みで60代の男が道から部屋を見上げていたという目撃情報。

そこで片山治が
稽古を付けている稽古場へと向かう加納(渡瀬恒彦)と浅輪(井ノ原快彦)
演出補の太田亜季(山田キヌヲ)の話では、
片山に気にいられ“本木梓”という名で出演予定。
それも、、、今回の役は、ヒロインのオフィーリアだという。

その後、検視により、菜穂子の体中にアザが見つかり、
日常的に暴力が振るわれていたと思われた。
DVの可能性もあり、同棲相手で自称ミュージシャンの江藤の捜索をはじめる。

だが、青柳(吹越満)と矢沢(田口浩正)は、
周辺の目撃情報から、片山へ疑いを向け、2人で勝手に捜査を開始。
そして、通報者が片山であることをつかむ。
任意で聴取をすると、通報を認めたが、殺害は否認。愛人という疑いも認めない。
ただDVを受けているようで、気になっていただけだと言うが。。。

そのころ、江藤の捜索をする浅輪と加納は、
江藤のCDを売っていたライブハウスの松尾謙太郎(大村波彦)から
路上ライブを行っている場所を知らされる。
そのことを捜索を進める村瀬(津田寛治)小宮山(羽田美智子)に伝え、
路上ライブをするという周辺で、江藤の確保に成功する。
聴取では、ファンの戸田愛子(かでなれおん)と一緒だったとアリバイを証言
だが、、そのアリバイを愛子が証明しなかったため、江藤は自白を始める。

その一方で、加納は現場に残されていた鍵が、銀行の貸金庫のモノであると知り、
銀行へと向かうと。。。。。DVD。。。と2000万モノ大金が!

そんななか妙な違和感を感じ始めた加納は、再び片山のもとへ。
すると山村清志(渡辺哲)という男に菜穂子が絡まれていたことを思い出す。
山村の話で、投資ファンド詐欺に、菜穂子が関わっていたと判明。
そして、解剖の結果、菜穂子の頭部から、、、、血のりの成分!!!


敬称略



殺された無名の女優
だが、彼女には、世界的演出家の舞台にヒロインとして出演予定があった!

関係者を調べるウチに、次々浮かび上がる容疑者。

そして被害者の彼女が、、、無名だった理由とは?


そんな感じである。


事件としては、一転、二転するなど、面白いんですよね。
9係の面々も、それぞれが“勝手に捜査”して、

事件解決の一端を握っていくだけでなく、
競い合っているのも、面白い部分ですよね。

ま、、いちばん、好き勝手しているのが、加納係長ってのが
もっとも9係らしい部分でしょう。

そう、
謎解きサスペンスとしても、面白いし
9係らしさも表現され、

今期では、もっとも“らしさ”が見えた事件だったと思います。


ただ、そのオモシロ味とは別で、
どうしても、ヒトコト言いたいことがあります。

それは、ここのところ事件解決に至る部分。。。。ラスト10分弱が、
あまりにも唐突なんですよね。

様々なピースをつなぎ合わせ、組み上げれば
そう言った結末も、良いことだと思うし、
ミスリードとしても、良いことだと思うわけです。


だが、逆に、パターンとしての“唐突さ”があるため、
容疑者が登場すれば登場するほど、出演機会が多い人物は、疑惑が無くなる。

という、、、妙な、違和感があります。
あくまでも、演出上のことであるし、
ドラマ自体に違和感を持たせているわけでもありません。

が、、こういうパターンってのは、
謎解きをする面白さを失わせていることにも繋がっているんですよね。

そして、唐突に真犯人を追い詰めるため
最後の5分が、動機も含めた状況の描き込みを詰め込み過ぎなのだ。

もうちょっとバランス良く、真犯人を登場させて欲しいなぁ。。。。
今回なんて、“まだいるのでは?”と思わせぶりなところがあっても良いのに
そう言うのも、ほぼ皆無に近いしね!


楽しめているのでok。。。と言う事にしておきます


これまでの感想
第8話 第7話 第6話 
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話 
posted by レベル999 at 22:20| 2010年ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。