TBコメントは、本家へm(__)m

2010年08月12日

GOLD 第6話 運転手の真実

『DNA鑑定の結果は?娘を狙う男の真実〜愛を亡くした運転手の悲劇
“DNA鑑定の結果は?娘を狙う男の真実

内容
悠里(天海祐希)は、兄・修一(水上剣星)の息子を名乗る宇津木(綾野剛)の
DNA鑑定をする決断をする。
そして帰ってきた晶(武井咲)は、悠里達から事情を聞かされる。
DNA鑑定が目的と知り、宇津木に騙されていたとショックを受けるが。。。。

一方、丈治(反町隆史)は、悠里からの依頼され、宇津木の調査結果を報告する。
宇津木には温泉街でコンパニオンをする母とヤクザモノの父がいると。
兄が不倫していた可能性もあり、母に会うという悠里だったが。。。。

その一方で、悠里は宇津木に対し、望みを聞くことで真意を確かめようとするが
持ち出してきた兄の写真を見て、その笑顔にショックを受けるだけでなく、
宇津木自身に、何かを感じ始めるのだった。

そんななか、丈治は、悠里たちが刑務所に慰問に行ったと知り、
リカ(長澤まさみ)に、運転手の保坂次郎(志賀廣太郎)の事情を話し始める。
悠里が犯罪者を許すはずがないと。。。。。


敬称略



今回は、
悠里、、、犯罪者に喝!


長々と、セリフを。。。。言い回していますが、
ま、、、そんな感じである。


ただまぁ、、、それ、小ネタでやるにしては、
重すぎるネタですよね。。。。

これはこれで、良いとは思うのですが、
ちょっと、やり過ぎたかな。


実際、宇津木が、思った以上に良い物語だったので、
もったいないですよね。
たとえ、惣一にどのような思惑があったとしても。

小ネタに、、メインのネタが食われてしまった感じである。

悠里が男らしく“応援”を認めたのも、良い感じだったのに。。。ね。

テンションが違いすぎるモノだから、
悠里の二面性、、、悠里の2つのキャラ、物語を描いているのに、

“早乙女家”のほうが壊れてしまうのって、どうなんでしょうね。


保坂さんは、これはこれで、良い感じだと思うのだが。。。。


それにしても、保坂、相馬と、
犯罪絡みで、ネタを組んできてキャラを作ろうとするとは!!
相馬の時にも書いたが、あまりに唐突すぎて、
オモシロ味はあるが、ちょっと強引さも感じる部分である。



これまでの感想
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話 


posted by レベル999 at 23:18| 2010年ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

科捜研の女(10) CASE.5 過去から来た殺人者

『過去から来た殺人者残されたDNAの謎』

内容
ある廃墟で、大学生・松岡裕太(翔太)の絞殺死体が発見される。
椅子に縛られた状態で、絞め殺されたと思われた。
その被害者の衣服に毛髪を見つける乾(泉政行)とマリコ(沢口靖子)
犯人のモノである可能性が高かった。
また早月(若村麻由美)の検視により、スタンガンの痕跡だけでなく、
椅子に縛られてから殺されるまで長時間経過していることが分かる。
携帯の履歴などから、殺される直前に、友人に電話をかけていたことが分かる。
“殺される”と言う電話だったが、誰も信用しなかったよう。

そんななか、同じ手口の絞殺死体が発見される。
被害者は、女子大生・芹沢奈央(田中良子)
その現場にも、毛髪が残されていた。

毛髪のDNA分析により、
2年前に死んだと認定されている今村尚之(柄本時生)と判明する。
横浜在住の高校生の今村が、
担任教師・小原哲也(野々村仁)を殺した容疑で警察が追っていたが、
伊豆の崖から飛び込んだという目撃情報があり、残された所持品などから
被疑者死亡で、事件は書類送検されたのだった。
だが死体が見つかっておらず、当時の事件と同じ殺害方法であるため、
今村が生きている可能性も考え、捜査が開始される。

その直後、京都府警のホームページの少年課の相談窓口にメールが送られてくる。
それは犯行を認める。。。今村を名乗る人物からのメールだった。
メールには、公表していない毛髪の事実も書かれていた為、
明らかに犯人からのメールだと思われた。
調査を進めると、、、メールの発信元は、松岡の通っていた京都国際大学だった。

再び送られてきたメール。。。
そこには、椅子に縛られた男の写真が添付されてあった。
すぐに科捜研で写真の分析が行われ、居場所を特定。
土門(内藤剛志)らが乗り込み、逮捕したが島崎拓海と言う男だった。
使われたロープも違い、ただの模倣犯。

やがて、マリコは、毛髪に違和感を感じ始める。
なぜ、2年前に抜き経過したモノでもなく、いま現在抜いたモノでもないのか?
そして、ひとりの大学生が浮かび上がってくる。日下部真治(森廉)。
今村の同級生の男だった。


敬称略




連続殺人事件。
その現場に残された、2年前に死んだはずの殺人容疑者の男の毛髪。

、、、っていう、
ちょっとオモシロ味のあるミステリーですね。

なんていうか、『科捜研の女』の事件として、
もっとも、良い感じのネタである。


科学捜査で、謎解きをする一方で、発生する事件。
そこに、模倣犯まで持ち込んでくるのだから、

良い感じのミスリードもあり、警察モノ、事件モノとしても面白いネタである。

そして、事件そのものにある、、、心の闇。

『お前なら』と託した心。。。

ある種、問題提起をしたような作品に仕上がっているのも、
ようやく、、、『科捜研の女』らしい感じになっています。

最近、表面的なことが多かったからね。。。今作。。。

こういうところだよね。このドラマのホントの面白さは。

科学捜査、事件のオモシロ味、そして、、、そこにある事件の本質

シッカリ練られていることが分かるお話ですね。



『お前は幸せか?』

誰からも受け入れられず、誰からも必要とされない飢えこそが
本当の飢え。。。。


良い感じで社会をえぐっていたと思います。


個人的には、模倣犯を盛り込むなら、
もう少し“模倣犯”だからこそ。。。と言う“何か”が欲しかったですけどね。
この部分だけは、ちょっと中途半端だったかな。



これまでの感想

CASE.4 CASE.3 CASE.2 CASE.1 
posted by レベル999 at 20:58| 2010年ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。