TBコメントは、本家へm(__)m

2010年08月01日

GM〜踊れドクター 第3話 誤診

『誤診』

内容
ある日のこと、大山剛三院長(大和田伸也)曽根事務長(八嶋智人)に
呼び出しをうける氷室(椎名桔平)
人件費削減のため“ソウシン”から、リストラ要員を選べと言うことだった。
氷室自身にも影響がある可能性があり、
考えた末、、後田淳(吉沢悠)を候補に挙げるのだった。
“リストラ”、、と聞いた後藤(東山紀之)は、
ダンスチームにとって不要と思われる、、、後田を勝手に選抜!

そんななか、宅間邦夫(佐藤満春)と言う男が運ばれてくる。
ルームシェアする岡部祐樹(山本圭祐)によると、
突然、宙を見つめ動かなくなったということだった。
担当となった後田は、統合失調症と見立て、処置を開始。。。快方に向かう宅間。
が、突然、壁のシミが大きくなる。。チューブが蛇に見えたり。。。。
幻覚を見始め、騒ぎを起こしてしまう。
白い粉を持っていたため覚醒剤の使用も疑われたが、陰性。

すると突如、宅間は、完全に目が見えなくなってしまうのだった
漆原(生瀬勝久)町谷(小池栄子)は、後田が処方した薬の副作用と考え始め、
投与を止めた途端、、、症状は快方に向かっていき、、、そして退院。
後田の誤診の可能性が浮かび上がってくる。

その退院直後、
全く連絡が取れなかった“彼女”佐々木美樹(日向千歩)が姿を現し、
ソウシンのメンバーは、驚き、、2人を見送る。。。

しかし、退院後、再び、宅間に異常が発生し運ばれてくるのだった。
両足の麻痺、、背中の痛み。。。大動脈かい離を考える“ネガティブ”後田。
CTによる検査を始めようとしたところ、
暗闇で、ふらついたという証言を得て、後藤は検査の中止を命じる。

その後、色々と話を聞き、分析を始めるが。。。。。。。


敬称略




“ネガティブ、お前は立派な戦力だ!”


“ムンムンムン。。。”で決めたという後藤。

ま、、その代わり、、と言っては何だが、
氷室から、漆原が。。。。。


と、そんなコトがあった今回ですが。

それは、当然、オマケ、である。



今回は、基本的に、、、オタク。。“ネガティブ”後田のお話である。

明らかに価値が無く、リストラ要員とされた後田。
そんなコトを知らない後田が診断したのは、
後田と同類のオタクだった!!

だが、どれだけ検査しても原因が分からず、
細かいことを思い出し、、ついに、ある意味、、患者がオタクところから結論へ

と言う物語である。



意外と、面白くできていましたね。
もちろん、、リストラと重ねているという
そこにある必要不要の“分かり易さ”もあるのだが、

自分なりに診断し、“結論”に、、天才後藤と同時というのが、

後田の成長と変化をみることが出来て、
ドラマとして、ベタだけど、ウマく出来ている部分である。

良かったのは、後藤がある程度の方向性が見えているのに、
それを後田に直接伝えることなく、
後田の考察を引き出したことでしょうね

後藤の意図を感じることが出来て、
なかなか良い感じだったと思います。



ま、、ほんとは、もう少し見せてくれても良いんだろうけどね。


ただ、やはり、少し引っかかってしまった部分もある。
たとえば、今回であれば、
主人公の“ダンサー”はともかく、あとは“お菊人形”くらいしか、
ドラマの中に、加わっていないんですよね。。。
コレは、今までも同じ。
確かに、今回のメインは後田ですし、
後藤への傾倒を考えれば、そこまでのモノをまだ持っていないことも考えられる。

だが、どうしても、オマケ程度の関わりしかないため、
いろいろな部署から“厄介者”が集まってきたわりに、

そういう部分を、ほとんど利用していない状態である。

こういうの。ホントもったいないですよね。
もう少し、何らかの関わりを、それぞれに与えていれば、
もっと面白く見ることが出来るだろうに。。。

見ていると、治療、診療、診察などに関わっているのって
メインの人物以外じゃ、主人公とお菊だけだもん!

悪くはないのだけど、
“ソウシン”内部での人間関係の変化などもあるだろうに、
なんかねぇ。。。

ほかのメンバーの行動があるから、
ダンスをしていても、安心感と納得感が生まれると思うんですけどね。
氷室なんて、、、なにしてんだか。。。



これまでの感想
第2話 第1話
posted by レベル999 at 22:13| 2010年ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

龍馬伝 第31回 西郷はまだか

『西郷はまだか』

内容
豪商・小曽根(本田博太郎)は、龍馬(福山雅治)たちに一軒家を用意した。
場所は、、、亀山。。。
龍馬は、そこを拠点にして、長州と薩摩の同盟の画策を始める。
西郷吉之助(高橋克実)を説得し、先ずは了承を得ることに成功。
とりあえず、龍馬は、陸奥(平岡祐太)惣之丞(要潤)長次郎(大泉洋)と
“亀山社中”を結成する。
その後、、とりまとめを、惣之丞、長次郎に任せ、
陸奥とともに、大宰府への高杉晋作(伊勢谷友介)の元へと旅立っていく。

が、、到着直後、高杉はいなかったが、
なんと、、、土佐勤王党にいた中岡慎太郎(上川隆也)と再会する。
京を追われた三条実美(池内万作)の警護をしていると言うこと。
その三条、中岡に、薩摩と長州を繋げようとしていることを話す龍馬。
しかし当然、、三条は、疑心暗鬼。。。
それでも自分がまとめると息巻く龍馬に、中岡慎太郎は理解を示す。

そんなとき、陸奥が三条に龍馬との様々な冒険譚を話したことで、
龍馬の素性を理解した三条から
桂小五郎(谷原章介)に宛てた文を手に入れることに成功する。

桂のいる下関へ向かうことを決める龍馬。
そして、、下関へ西郷を連れて行くという中岡。

やがて、、、幕府からの攻撃に備える下関の桂の元に、到着する龍馬と陸奥。
“わしらがここに来たのは、長州と薩摩を結びつけるため”
長州と薩摩が組めば、幕府を上回る勢力となると解く龍馬。
が、仇敵の薩摩。。。納得出来るわけもない桂たち。
それでも幕府により追い詰められている薩摩の窮状を説明し、
長州と薩摩が組んだ上での、倒幕を訴えるのだった。

龍馬と陸奥の強い想い。。そして、、その先の思惑に揺さぶられた桂は、
西郷を待つことを決断する。
“君の言うことを信じよう。坂本くん”

そのころ、薩摩入りを果たした中岡だったが、
藩論がまとまらず苦悩する西郷と面会する。


が、、、15日、、、龍馬が到着してから経過しても、西郷は来ず。


敬称略

↑一部入れ替えています。



龍馬が、薩摩と長州を繋げようと考え始め、
“それだけ”に、、、命を惜しまず、奔走する。。。。

すべては、“日本”のため。


という、、
ほぼ、行動にブレがない物語だったので、

龍馬の意志がキッチリ伝わってきて、なかなか、面白いお話だったと思います。


そのなかにも、、劇的演出も忘れず。
中岡慎太郎との再会に始まり、陸奥陽之助と三条のやりとり
そこから生まれてきた文、、、そして、桂小五郎。

細かいことはさておき。

かなり、流れがスムーズであり、
“坂本龍馬”という人物により、人々が心揺さぶられ
そして、動かされてきたのが、良く分かるお話だったと思います。

そう。。。まさに、“幕末の英雄”である。


言ってみれば、3部開始の第29回の次に、、
ベタではあるが、

もっとも、万人が抱く“坂本龍馬”というイメージに近い物語ですね。

そのうえ今回は、福山雅治さんだけでなく、
上川隆也さん、谷原章介さんの“熱血ぶり”も良い感じで、

ドラマとして、そこにある“志士たちの熱意”が伝わる
面白い物語だったと思います。

色々と小ネタも入れられていましたし、
緊張と緩和、、、ちょうど良いメリハリでしたね。




ほんとはね、、、長州でのやりとりくらいの物語を
薩摩で期待したのだが。。。ま、、いいでしょう。


とりあえず、歴史は動いているのが見えましたしね。


これまでの感想

第30回 第29回 
第28回 第27回 第26回 第25回 第24回 
第23回 第22回 第21回 第20回 第19回 
第18回 第17回 第16回 第15回 第14回 
第13回 第12回 第11回 
第10回 第9回 第8回 第7回 第6回
第5回 第4回 第3回 第2回 第1回 
posted by レベル999 at 20:55| 2010年ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。