TBコメントは、本家へm(__)m

2010年07月27日

逃亡弁護士 第4話 協力者

『協力者』
“協力者、現わる

内容
美由紀(村川絵梨)を知る人物と、池袋の公園で会う約束をした成田(上地雄輔)
あと、、、3日。。。。
そんなとき、ひったくりを目撃!!
逃げた犯人(五十嵐隼士)を追いかける成田だが、暴れられ逃走されてしまう。
そのとき落としていったモノを手がかりに、“ナナセ運輸”にたどり着く成田。
すると、、、望月里香(末永遥)が、酒井力也たち金融業者からトラブル。
止めに入る成田は暴行を受けるが、。。。。
そこに現れた警察官の山崎義一(中原丈雄)により、救われるのだった。
その直後、里香の恋人・・・山崎公太が現れる。。。ひったくり犯!
どうやら、父の義一とは、折り合いが悪いようだが。。。。。

ふと目の前にあった求人用紙を見て、成田は、ナナセ運輸で働くことに。
里香によると、悪徳商法にひっかかり借金をつくった里香。
その相手が、、、先ほどのヤミ金業者だったという。
借金を返そうと、公太は、必死になり働いていた。。。そして、犯罪も。。。

事情を知り、成田は、弁護士の相談すべきと伝えるが、全く取り合わない。
そこで、ひったくりは辞めるようにと伝えるのだが、聞こうとしない公太。
それどころか、成田が逃亡犯であると知り、公太は脅迫する。
とりあえず、罪を見逃す。。。ということで、取引をする成田と公太。

同じ頃、連光寺(豊原功補)から、
事務所内に裏切り者がいる可能性を知った絵美(石原さとみ)は、
戸惑いを隠せなかった。もしも、それが真実なら、成田は父殺害犯ではない!
。。。まさか。。。。

そんななか、義一が奇妙な行動をしているのを成田は目撃する。
息子がひったくり犯である可能性を感じ、
自転車を処分し証拠隠滅を図ろうとしていた!
成田が事情を聞くと、ヤミ金の星野久光(堀部圭亮)が、脅迫してきたという。
公太を見逃す代わりに、取り締まりで便宜を図れと。。。。。。
成田は、犯罪であると義一を諭すのだが、
亡き妻・早苗(中村麻美)の約束だと言い始める。
“たとえ嘘をついてでも、あいつを守る。
 親というのは子供のためなら、なんだってしてやれる。だから、恥じない”と。

一方で、病気で入院する里香のもとにも、取り立ての業者が現れたと、
公太は自首を決意。。。
“お前達の将来は俺が守る”と、、、引き留める父・義一。
成田は、義一の行動が間違っていると諭すが。。。。。


敬称略


警察官が目の前にいるのに、、、、逃亡者なのに。。。
全く緊張感の欠片もない“今回”


まぁ、ドラマとしては、
良い感じの、、人情モノ弁護士ドラマなんですけどね!

親の思い、、、子の思い
すれ違う2人を、なんとかしようとする人情弁護士・成田誠


その直前までの、少し軽めな印象とは違い
スーツを着ただけで、良い雰囲気になる上地雄輔さん。

細かいことを言えば、
中原丈雄さんに、、全てを持って行かれているので、
主人公の活躍が、あってもなくても、どっちでも良いお話でしたが

それでも、親子の関係。そして心が表現され、
悪くはない“人情ドラマ”だったと思います。

子を持つ親となったから、、、という気持ちの変化も
分かり易くて、良かったですね。


ただし!!!!!

あくまでもこのドラマは、“人情”は、、“オマケ”にしかすぎない。

人情モノとしての納得感はあっても、
逃走をせず、、緊張感が無く、、、警官の前だというのに。。。

完全に、足を引っ張っています。


ドラマとして、悪くはないんですけどね!
なのに、このモヤモヤ感!!!

最後の10分弱だけって。。。。
もうちょっと、ナントカならなかったのかな。。。。


そういえば、そんな物語でしたが、
これまでのお話と違って、“良かった”と素直に思えた点は、

真船の行動。。。である。

謎の少女と出会ったり、
妙な行動や、セリフを入れたり。。。と

物語の中途半端なタイミングで、
話の腰を折るカタチで、これまでは入れられてきましたが、
今回は、違った。

“そんな無駄”が、、、皆無と言って良い状態

こんな事で、物語は、ちょっとスッキリである。



それにしても、このドラマ。
結局、

メインでミステリーを作って、
逃亡モノを作って、人情モノを作って。。。

全てをやりたくて、バランスを悪くしてしまっていますよね。
いや、バランスが悪すぎて、違和感を生んでいる。。。の方が正確。

あと、もうちょっとなのにね!

いっそ、人情をモノ消してでも、
メインの物語を進めている方が、スッキリしているんじゃ?


かなり、おしい感じである。


これまでの感想
第3話 第2話 第1話


posted by レベル999 at 23:12| 2010年ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジョーカー〜許されざる捜査官〜 第3話 偽装されたストーカー殺人

『偽装されたストーカー殺人

内容
老人ホームへの放火保険金殺人の真犯人である春日恒夫(鈴木浩介)に対し
伊達(堺雅人)が“制裁”を加えていると、そこに久遠(錦戸亮)が現れる。
“ヤッパ、あんたの仕業だったんだ。
 俺も一緒にやってやるよ。悪党退治”
だが、、、“君は俺とは違う”と、、、、拒絶する伊達。
それでも、引き下がろうとしない久遠。

そんななか、事件が発生する。
内海晴香(重廣礼香)と、そのストーカー猪俣政典(中村邦晃)が、
変死体で発見される。
第1発見者は、晴香の婚約者・山原哲司(黄川田将也)
山原の話では、猪俣は元カレであり、ストーカーとなったという。
状況から、激昂した猪俣が晴香を殺し、その後、服毒自殺したと考えられた。
そして猪俣の自宅から毒物も発見され、無理心中と判断される。

だが、伊達は、奇妙な感覚にとらわれる。なにかが、オカシイ。。

伊達は、あすか(杏)とともに晴香の実家を訪ねると、
父・雄彦(市川勇)、母・小百合(大塚良重)は、
、、ストーカー被害を相談したのに。。。と苦言を。。。
一方で、久遠が、、、晴香の体にアザがあったことを伊達に報告。
山原は、、、猪俣にやられたと証言。
しかし伊達は、なぜ、ストーカーなのに部屋に入れたのか?と尋ねれば、
婚約者がいるため、周りの目を気にしていたのだろうと山原は答える。
その答えに、何か、釈然としない伊達。

同じ頃、元刑事でルポライターの片桐冴子(りょう)が、
県警の井筒(鹿賀丈史)を訪ねてくる。
17人の神隠し事件。。。そのうち2件は、マスコミ発表がない事件。
警察内部の人間による犯行では??と問いかけるのだった。

捜査を進める伊達は、山原へ疑惑を向けて行く。だがアリバイがある。。
久遠は、死亡推定時刻をずらすことが出来るとアドバイスするが、
現場には、アリバイ工作が行われた証拠はなかった。

やがて、両親のために、必死に働いていた晴香を知った伊達は
ふたたび両親の元を訪ね。。。。。。慰めていると、、、ふと気づく。
現場にあった、カーテンと色違い!?それも、、断熱カーテン!?
鑑識からも、可能性があると報告を受けたのだが、
すでに山原により、現場にあったものは、すでに処分されてしまっていた。。。。

敬称略



久遠に目撃されたことは、、、さておき。


物語は、、

一見、、ストーカーによる無理心中と思われた男女の死。
調べていくウチに、妙な違和感を感じる伊達。
先手を打つ、、、容疑者、、だが物的証拠がない。。。。

そんなとき、久遠が。
“一目で分かるよ。人の痛みが分からないゲス野郎は!”と

容疑者と思われる山原を軟禁し。。。。。


って感じ


ドラマとしては、
真犯人の悪意はキッチリ表現されているし
事件も表現されている。

その意味では、今回の“制裁”には、意味が出てくるし
説得力も生まれている。

その一方で、
久遠という不確定要素を盛り込んだことで、
物語自体が、、、、暴走し、伊達の思惑とは違う方向へ流れている。

そのため、事件自体の“詳細”は
最終的には、、、“自白”に頼っているという

警察モノとしては、かなり中途半端な、イレギュラーな物語。

正直、“後出しジャンケン”と言われても、しょうがない状態だ(苦笑)

ただし、同じように苦しみを背負って生きていた久遠という要素を
盛り込んだ物語と考えれば、

中途半端であっても、久遠というキャラを表現できるし
流れの中で、伊達というキャラ。。。そして、過去を表現できたので、

これはこれで、物語は成立していると言えるだろう。


そう。。重要なのは、2つ。
1.真犯人に悪意を感じると言うこと。
2.被害者、関係者に悲しみを感じると言うこと。

今回は、前回とは違いキッチリ表現されているし、
悪くはない物語になっていたと思います。

物語にスッキリ感はなくても、流れがブレが無く、
納得出来れば、それでokである。


“殺してはいけない。
 終わりのない苦しみを味あわせるんだ。被害者達のように




最後にヒトコトだけ。
ちなみに、そこに、、本当に“正義”があるのかどうかは、
別の問題である。
ここをツッコんでしまうと、全てが破綻する可能性がありますので!

これまでの感想

第2話 第1話 
posted by レベル999 at 21:58| 2010年ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。