TBコメントは、本家へm(__)m

2010年07月19日

ハンチョウ〜神南署安積班〜シリーズ3 第3話 刑事になりたい!

『刑事になりたい!ミニパトポリス危機一髪』

内容
神南信用金庫で行われた防犯訓練で、安積(佐々木蔵之介)たちが見守る中、
強盗役の須田(塚地武雅)が、
交通課の巡査・立花美咲(本仮屋ユイカ)に逮捕される珍事件が発生した!

交通課の係長の速水直樹(細川茂樹)とともに、安積班に謝罪に来た美咲は、
金子禄朗刑事課長(田山涼成)から、厳重注意される。
実は、刑事にあこがれを抱く美咲は、猪突猛進の性格で、
手を焼いた臨海署が、速水を頼りに異動してきたばかりだった。
特に村雨(中村俊介)に憧れているようで、
村雨の相棒の桜井(山口翔悟)をライバル視していた。

その美咲が、同僚の寺田千夏(永池南津子)巡査とともに警らをしていると、
とある倉庫の前で不審車両を発見する。
先日、駐禁の取り締まりでもめた男の車だった。
車が留めてある倉庫の中を調べ始める美咲と千夏。
すると突如、倉庫内から銃声が!!千夏が足を負傷してしまう。
やがて、車の持ち主は、
1年前傷害事件を起こし執行猶予中の島谷亮二(鹿内大嗣)と判明。
安積班は、島谷についての捜査を開始する。

そんななか、村雨から事情を聞かれた美咲は、
先日駐禁で、、あるブティックの前でもめていたと話し始め、
そのとき店の女性と親しそうだったと証言する。
そして、女性の確認も兼ねて、聞き込みに同行させて欲しいと美咲は村雨に志願。
渋々、速水も許可し、ブティックのオーナー相原奈々(濱田万葉)のもとへ。
だが奈々から、島谷のことを知らないと言い切られてしまう。

一方、島谷を調べる安積と水野(黒谷友香)は、島谷と奈々の繋がりを発見する。
美咲の暴走を抑えながら、周辺で張り込みを始めることにした村雨。
その後、尾行を始め、美咲が失敗したり、村雨に叱られたりと
トラブルはあったモノの、なんとか島谷の確保に成功する。
が。。。。島谷からは、硝煙反応が出ない。。。。。。だれか、他にいる!?
島谷への聴取を再開しようとした時、
本庁捜査一課の北山警部(大高洋夫)、銀座中央署の西本刑事があらわれ、
先週、銀座で発生した宝石強盗事件で島谷を追っていたということで
島谷の身柄は、銀座中央署へと。。。。。。

同じ頃、村雨は、安積から第3方面本部の強行犯係への異動を打診される。。。。

翌日、奈々は釈放されるが、捜査の優先順位だけでなく、
ワザと泳がせた可能性もあり、
千夏が撃たれているとは言え一切の手出しが出来ない安積班。
しかし、奈々の姿を見た警ら中の美咲が、勝手に追跡を始めてしまう。

やがて、奈々の前に男・佐久田勝利(工藤俊作)が現れ。。。。。


敬称略


最後は、佐々木蔵之介さんが、良いトコ取りですが、
ま、、、、同じような『カタチ』は、以前もありましたので、

これはこれで良いでしょう。

そういえば、栄転の話も、、、



それはさておき



物語は、
村雨の栄転話をネタフリしておきながら、村雨のキャラ紹介。
そんななか、刑事を目指す、暴走する女性巡査。。。。

ま。。。そんなお話である。


もちろん最後は、村雨の栄転は無しですが、
今回は、そのことよりも、

村雨と安積の関係。そして、、新キャラ・立花美咲のキャラ紹介

そんな感じのお話ですね。


美咲のキャラもあり、さすがの“ハンチョウ”でも、
かなり無理のあるドタバタしたお話にはなっているが、

10年前に殉職。。。とういネタフリもあったことですし、


“シリーズ3”の着地点。。。。ということなのかもしれませんね。

まぁ、時効撤廃されているので、今シリーズする必要はないんですけどね!
ただし、罪名によれば。。。そんなところかな。


とりあえず、新人の警官を見て
上を目指すことを考える村雨というのは、なかなか良い流れでしたね。

安積という存在を超える“何か”がなければ、
村雨というキャラ設定上、絶対に栄転はないでしょうし。

そんな村雨の気持ちが、色々とでた今回のお話でした。

村雨“無茶なマネはするな。命を落とす危険があったんだぞ
美咲“私なら心配ありません
村雨“おまえだけじゃない
  人質の命も、仲間の命も、危険にさらしたんだ
  命を粗末にするヤツに、刑事が務まると思ってるのか
  良く考えろ

村雨“警察官の命は、そんなに軽くない
  そんなヤツのために命を捨てる必要はない
  俺が絶対に助けてやる。

そして

村雨“確かに警官は命懸けの仕事だ
  だが警官だから、命を犠牲にして良いワケじゃない
  今日、助かったのは天国にいるお父さんのおかげだ。感謝しろ


こういう“芯”が通っているのが村雨。

展開としては、かなりベタな物語に持って行っていますが
悪くはないお話だったと思います。


水野刑事と友紀子だけでは、カタチが決まってしまいますし。
女性キャラの投入は、コレからのことを考えた場合、

かなり良いことだと思います。

ほんとは、もっと事件を描いて欲しかったけど、
キャラ紹介話だから、仕方ないですよね。。。。


これまでの感想
第2話 第1話 
posted by レベル999 at 21:08| 2010年ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。