TBコメントは、本家へm(__)m

2010年07月16日

NHK土曜ドラマ 鉄の骨 第3回 地下鉄争奪戦

『地下鉄争奪戦』
“地下鉄争奪戦〜巨大プロジェクト受注に社運を懸けろ

内容
怪文書、再びの入札失敗。
尾形常務(陣内孝則)のもとには、
“一谷を潰そうとしている連中がいる”という謎の電話。
明らかに、一谷組が狙われていた。
それでも地下鉄工事を必ずとるよう松田社長(笹野高史)に厳命される尾形。

そんななか尾形は、営業一課にいる国交省OB竹下庄一(秋野太作)から、
妙な噂が飛び回っていると知る。
国交省が、ゼネコンの業界再編を行おうとしていると。

その話を松田社長に報告する尾形は、思わぬ答えを聞くことに。
先ほどまで松田は、吉川良哉専務(矢島健一)とともに白水銀行に融資の件で赴いていた。。
が、、、頭取に居留守を使われ、
担当者・園田俊一(宅間孝行)からは融資が出来ない旨を伝えられていた。
その帰り、なぜか、吉川専務から真屋建設に誘われた松田。
そこには迫水社長(石田太郎)だけでなく、
先ほどの白水銀行の担当者に吉田久次頭取まで現れ、
真屋建設との合併を打診されたという。

明らかに揺さぶられている一谷組。
尾形は、先手を打つため、、談合からの離脱で揺さぶりをかける。
すると首謀者の“ボス”山関組の和泉(金田明夫)と接近する機会を得る。
そこには、情報を流してくれた真屋建設営業部長・長岡(志賀廣太郎)もいた。
集まった“談合組”に、尾形は真相を暴露する。
和泉が、業界のためと言いながら政治家と結託していたと。
動揺する談合に加わっていた面々。。。。
尾形は、仕切り役を和泉から変更することで、談合を続けていくことを提案。
傘下の業者の委任状もあり、逆に、追い詰められる和泉。
ここぞとばかりに、尾形が仕切り役に立候補するが、猛反対する和泉。
と、、、、真屋建設の長岡が立候補し、新たな仕切り役と決定される。

“結束して、手を携えて、全ての会社が共存していく。”

やがて、地下鉄工事で、各社の談合担当者が集まるが、
お互いにけん制し合い、まったくまとまらない状態。
山関の和泉は、仕切り役の長岡さえ信用せず。。。。
そこで尾形は、ある提案を。。。。。。。

一方で、富島(小池徹平)は、母・八重子(松田美由紀)から
思わぬ事実を知らされていた。。。。


敬称略

↑ワザとじゃないのですが。
主人公の平太。。。。いてもいなくても良い状態なんですけど!!(苦笑)



物語は、

一谷組に業界再編の嵐が!!
そこに隠された陰謀。。。。
尾形常務は、首謀者の“ボス”和泉を問い詰め、談合組に暴露!
“ボス”の変更もあり、、、ようやく。。。。。。


って感じである。

いや〜
まさかの展開ですよね。

一谷つぶしのために仕組まれた陰謀。
一谷組への陰謀をナントカ阻止しようと、、、、
結局、談合になっているというのも、このドラマの面白い部分かもしれません。

それぞれの思惑がぶつかり合っている部分なんて、
この2回で表現されてきた“談合”と、まったく違う雰囲気で

ほんと、ドロドロと。。。。。
仕切り役の手段も、未来を見据えて“談合”させるなど、、、

なんか、、なるほど、、と感じるばかりである。


そうなのだ。
一度の入札などで決まっているのではなく、
全てがトータルで決まり、共存共栄を目指す。
それこそが、、、談合なんだなぁ。。。と

見ていて、あらためて感じられたお話だったと思います

もちろん、悪いことは悪いことなんですけどね。

でも、ドラマとして、どの方向に進むのか?
ということも含めて、
物語の今回である“談合”というものを、どれだけ表現できるか?
も、このドラマの重要な部分であり、

人間関係のぶつかり合いがあるからこそ、
ドラマのオモシロ味を感じる部分であると言う事だ。

正直。“スゴイ!”としか、言いようがない状態である。


それにしても、どこに進んでいるんだろう。。。。




ただし。平太ですよね。恋人の萌との関係。。。。
何回か、盛り込まれていたが、
平太自身が“気にしない”スタンスに変わりつつあるため、
ほとんど無意味な状態に見えていますよね。

何か、あるのかな。。。
談合を超える、何か?


これまでの感想

第2回 第1回 
posted by レベル999 at 23:16| 2010年ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

うぬぼれ刑事 第2話 癒し系

『癒し系』

内容
世田谷通り警察署勤務の通称“うぬぼれ”(長瀬智也)
作家の父・葉造(西田敏行)の新刊“うぬぼれ刑事”が出版されたこともあり、
なんだか、いつも以上にチヤホヤ
が、先日のことがあり、心が癒されていないうぬぼれは、
マッサージ店“手には手を”に入る。

そこの従業員・小沼せつ子(蒼井優)を見て、、一目惚れするうぬぼれ。
“運命の出会い”を報告するためにバー“IamI”へ。。。
とそこには、いつもの“うぬぼれ4”以外に、見慣れない女性が!
玲子ママ(森下愛子)だという。。。昨日カラオケで歌いすぎ“筆談ママ”状態。
そのママも含め、みんなに恋の相談をするうぬぼれ。

うぬぼれの評価を聞き、いてもたってもいられず。
運命(生田斗真)征士郎(要潤)貴一(矢作兼)、ゴロー(少路勇介)に、、
ママまで、みんなでマッサージ店へ。
が、誠(坂東三津五郎)が、行ったところ、すでに辞めていた。。。

そのころ世田谷通り署に、
茂木良郎(皆川猿時)という男が母みどり(松本じゅん)とやって来ていた。
“婚活詐欺”。。。女から金をそして指輪をだまし取られたという。
同様の事件は、コレで3件目
犯人の女は、介護ヘルパー、美容師、エステティシャン。。。と職を変え
そして名前を変えて、男たちから、金をだまし取っているようだった。

そんななか、サダメが死体役で出演する“うぬぼれ刑事”の撮影現場で、
主演のうぬぼれ刑事。。。中村梅雀さん(本人)と知り、驚いていると。
梅雀さんの差し入れおにぎりに、それ以上の衝撃を受けるうぬぼれ。
“この絶妙な力加減!!”
中村梅雀さんに、店を訪ねて、、、向かったところ。。。。やはり、、いた!!

小沼さんだ〜〜〜〜〜〜〜〜〜!

大喜びのうぬぼれは、“ニコラス”という名前をもらい。。いつものバーに招待。
恋人が出来たと、みんなに報告。


が、、、そんなとき冴木刑事(荒川良々)から、
3年前山形で発生した保険金殺人事件について聞かされる。
その被害者の妻が、受取人であり、、、、マッサージが上手かったという。。。。

まさか。。。。

敬称略



ということで、
今回は、『癒し系』の彼女に一目惚れのうぬぼれ。

である。


小ネタ満載のクドカンワールドは、今回も健在。

が、
前回と大きく違ったのは、
その“癒し系”が、他の登場人物との絡みがあったことだろう。

おかげで、みんな、、、デレデレ。
そして、そこからも小ネタが生まれてくる状態だ。

ま、だからこそ、被害者も多いんですけどね!
詐欺師を表現するには、ちょうど良いのかもしれません。


最後は、ニコラスが、“大黒ふ頭”に呼び出し。。。。
だが急展開!

それにしても、いびきの音で、詳細を聞かせない演出とは!!
なるほどね。

今回も、長瀬智也さんのコントも面白かったが、
それ以上に、
蒼井優さんの演技がいいですよね。
メリハリがシッカリしています。

おかげで、ドラマも楽しめている状態である。



ただ。気になったのは、結末
“あなたは不幸にしたくない”

前回よりは、見えにくい感じですね。

ま、、楽しめているから良いけどね。


あ。。。ゴミくらい拾いましょう。
どう見ても、拾えていませんよね。。。。



そういえば、サダメ、、、うぬぼれ刑事役に大抜擢!!
ネタは、どう変化するんだろう?
もう死なないのかな?


これまでの感想
第1話 
posted by レベル999 at 22:58| 2010年ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

崖っぷちのエリー〜この世でいちばん大事な「カネ」の話〜 第2話 最下位には最下位のプライドがある

『売り込み作戦スタート!
 イケメン編集者の甘い罠!!』
“母ちゃん上京!涙のデビューと欲望の罠

内容
最下位には最下位の戦いがあると、やっと金10万を手に入れ、
画材などを買い、ようやく大学の課題が通ることとなった絵里子(山田優)
あと、、、5万ほど残り、大喜びだったのだが、
アパート前に、亡き父・正造(陣内孝則)のいとこ・氷室竜次(田中要次)!
氷室は、絵里子の手から金を奪い取り、逃げて行ってしまう。
追いかける絵里子だが、、、失敗。
そんなとき、女性とぶつかり。。。。って。。。母・光代(渡辺えり)だった。

四十九日が終わった頃、室戸の源造じいさんが現れ、
借金1000万の返済を迫られたと言う事だった。
高知で稼ぐには無理があるので上京したという。

1000万の借金!
悩んでいたところ、大学でユカ(中園友乃)アミ(井村空美)から、
超有名売れっ子イラストレーターのリトグラフが300万もすると知る
そこで、一攫千金を狙い、イラストを出版社に持ち込む絵里子。
が、、、当然、門前払いばかり。
ふと目の前の、ボロビルの出版社が目に入る絵里子。
明らかに活気がない編集部のよう、、、編集長の梅本勝男(大杉漣)に至っては、
競馬に集中している始末。
と、、、そこに、先日アパートで出会った平林正宗(小泉孝太郎)が現れる。
なんと、“週刊秘宝”の編集部だった!!
先日のトラブルもあり、“こっちからお断り!”と立ち去っていく絵里子。

やはり、キャバクラでコツコツと、、、、しかないのか?
とそこに、有名雑誌“primavera”の編集者・野々宮春樹(鈴木一真)
が客としてやって来る。次期編集長と言われる男。
有名イラストレーターのデビューも、、、この雑誌!!
絵里子は、必死に売り込んでみると、“いつでも見てあげる”と言ってくれる。
翌日、思い切って野々宮の元を訪ねた絵里子だったが、
イラストを見て野々宮は、“品がない”と切り捨てる。
だが、そんなとき。。。。。。。


敬称略


高知から母が転がり込んできた!
亡き父に借金が1000万あったという。。。
ナントカしようと、絵里子は、
イラストを出版社に持ち込みを始める。

そして
仕事をもらった!!と思ったのだが。。。

足蹴にされるイラスト。

っていう感じである。



最下位には、最下位のプライドがある。


どうしても“絵”“画”で、金を稼ぎたい!

プライドだけは、譲れない!

借金はともかく、
画で稼ぐということを、シッカリと意識させるまで、

一瞬揺らぐプライドも含め、流れが良い感じですね。

今回のゲストを上手くネタに取り入れているのも良いし、
ポイントで登場させる鴨田も、ちょうど良い感じ。


実際、前回大学に入学したというのに、
大学のことを、ほとんど入れていない状態というのが、
かなり気になるのですが。。。。。
ま、横に置いておくとします。


成功物語。。。の、“第一歩”をオモシロおかしく
波瀾万丈に描いていたと思います。

言い方はきついが、
こんなドラマで、登場人物に役割分担をキッチリさせているのが、
個人的には、かなりの高評価。

主人公だけが動いていても、
そういう“ネタ”だと思えば、気にならなくなってきた感じだ。
登場人物が、主人公に感じている視点も、面白いしね。
いや、その視点があるからこそ、

絵里子という人物が、どういう人物か見えてきた感じですね。


すこし、ドラマらしい感じのドラマになってきたと思います。




これまでの感想

第1話 
posted by レベル999 at 21:58| 2010年ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。