TBコメントは、本家へm(__)m

2010年07月07日

ホタルノヒカリ2 第一夜 帰ってきた干物女

『帰ってきた干物女』
“恋よりビール!干物女の結婚大作戦!?

内容
恋愛するより、休日は寝て過ごす。。。“干物女”雨宮蛍(綾瀬はるか)が、
3年にも及ぶ香港勤務から、帰国する。
人事部長の二ツ木昭司(安田顕)によると、、社内もだいぶ変わったと。
高野誠一(藤木直人)部長の第1企画部に配属されたホタル。
だが、、、契約社員、、だからと、5時に帰る瀬乃和馬(向井理)だけでなく、
正社員でも、自分の仕事が終わったと、、桜木美香(臼田あさ美)と、、
なんか、妙な雰囲気にホタルは圧倒されてしまう。

とりあえず、仕事を済ませ、、、高野部長に書類を提出したホタルは、“帰宅”
その姿を見て、二ツ木と先輩の山田早智子(板谷由夏)は、心配していた。
3年前は、、、ホタルと高野は、つき合っていたはず!
3年で変わったのか?それとも。。。。

高野家に“帰宅”したホタル。
3年間、社内メールで仕事の連絡だけ。。。あったのは、、たった1枚のハガキ。
“毎日メールする、手紙をする”と言っていたのにと、
ホタルに怒りをぶつける高野。
自分はこまめにメール、手紙を出していたのに。。。。。。。と愚痴る。
するとホタルは、、
“遠距離恋愛は、ハードルが高すぎた”と開き直り、高野を慰める始末。。。

次の瞬間、、ホタルの部屋は、荷物で散乱し、唖然とする高野。
“3年の間に、干物女っぷりが、パワーアップしている!”

そんなこんなで、高野にとって衝撃的な帰国初日は終了。


翌日。同僚の井崎豊作(高橋努)から、衝撃的なコトを知らされる。
昨夜、ホタルに唖然として出て行った高野。
あのあと、、、バーで、綺麗な女性・浅田小夏(木村多江)と会っていた!?
その日の夜。高野と話をしようとするホタルだったが、
“人は3年も経てば、変わる
 君は、この3年間、いったい、何やっていた?
 変わってないのは、君だけだ。”
と、、告げられ、高野は、再び夜の街へ。。。。。。

ショックを受けたホタルは、山田姐さんに話を聞いてもらおうとするが、
電話に出てもらえず。。。すると、、瀬乃からの電話が。。。。。。
桜木の相談に乗ったつもりが、いつの間にか泥酔。

翌朝、ホタルは目が覚めると、、、横には瀬乃!?


敬称略


公式HP
http://www.ntv.co.jp/himono2/



2007年07月期の連ドラの続編。。。

まさかの続編である。
3年も経てば、忘れ去られているだろうに。。。。

この英断は、驚くばかりである。


ドラマ自体は、

干物女の復活!
ま、、どたばたと、楽しい感じのドラマである。

良い感じの高野とのキャラのギャップもあるし、
そして、、新キャラ瀬乃の登場。

その立場の違いなどもあり、
前作と同じ雰囲気もあるのが、良い設定ですね。


既出の面白さの部分と、新ネタの面白さの部分
たとえ、同じようなネタで物語が作られても、新鮮さを感じるところだ。

なかなか良いアイデアですね。


全体として良い雰囲気なので、失敗はないだろうが、

あとは、謎の“ぶちょおの女”も含め、
どんなドラマになっていくのか???

小ネタの部分で、どれだけ魅せることができるか?

そう、
干物状態だけじゃなく、仕事が出来ることも魅せて欲しいモノ。

だって、、、入社5年ということで、3年前、、、の2年とは違いますし。
どれだけ“成長”が表現できるか?ですね。

ホタル“頼り無い先輩かもしんないけど、わたしのこと信じて
そして
高野“雨宮なら大丈夫だ”

この“意味”ですね。。。。。

これからも飽きないドラマ展開を期待したいところである。


それにしても、
“なんのために、頑張るか?”ですか。。。。

なるほどね。良いテーマのひとつですね。


最後は、まさかのプロポーズ!?
3年間の“差”が見えているのも良いところですね。

結婚と、仕事か。。。。なるほどね。
いや、結婚か仕事か?


初回としては、ツカミ、、、ほぼ完璧。。。かな。
オチもキッチリついていたし。




最後にヒトコト。
あまり、こういった事は書かないのですが。
向井理さん。。。“ゲゲゲ”の効果が現れているのか、
一皮剥けた感じですね。

posted by レベル999 at 23:14| 2010年ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新・警視庁捜査一課9係season2(5)第2話 殺人酵母

『殺人酵母』

内容
人気のパン工房“和久井ベーカリー”で、
作家兼、テレビ司会者の小杉薫(池田成志)の刺殺体が発見された。
ちかくに天然酵母が落ちていたことから、浅輪(井ノ原快彦)は、
酵母を盗みにやってきたと考える。酵母があれば、味を再現できる!!
第1発見者は、店主の和久井遥(さくら)
以前、小杉が“号泣劇場”という番組で、車いすのパン屋として取り上げた女性。
遥が、店にやってきたところ、
パーマ、サングラス、ボーダーのTシャツ、ジーンズ姿の不審者が出て行くのを
見たと言うことだった。

浅輪、村瀬(津田寛治)は、不審者情報を調べようとするが、
青柳(吹越満)と矢沢(田口浩正)は、本当にいたのかと疑問を呈する。

小杉の事務所を調べ、1年前番組で取り上げた直後、ブームが起きたと判明。
そこで和久井ベーカリーの経営に参加、関西のデパートの出店する計画があった。
だが、大量生産の遥に拒絶され、計画は頓挫。
そこで、天然酵母を盗みにやってきた小杉を、遥が。。。。。
と、青柳は推理するのだが、
監察医の真澄(原沙知絵)は、遺体の状況から遥に犯行は無理と断定する。

話を聞いていた加納倫太郎(渡瀬恒彦)は、和久井ベーカリーへ。
自家製だという天然酵母の説明を、遥から聞きながら
“パンの味だけは、落とすわけにはいかない”という、、想いを知ることに。
だから、、、従業員の村越保子(重田千穂子)にパンを作らせていなかった。。。

一方、テレビ局を訪ねる村瀬と小宮山(羽田美智子)
号泣劇場のスタッフ、立川秀平(青山勝)や、花井昌代(小林綾子)から、
小杉と取材対象者の弟・大野順二(草野とおる)との間で、
トラブルがあったと分かる。
“余命”を知った兄が、、絶望のなか死んでしまったと。

すぐに、大野が勤める病院へと向かう村瀬、小宮山だったが、
犯行時間は、早朝出勤で病院にいたと証言する。
が、そんなとき、理学療法士をしている大野が、
半身不随の遥のリハビリを担当だと分かり。。。。。。。

同じ頃、周辺の聞き込みをしていた浅輪は、奇妙なポスターを見つける。
“痴漢に注意”。。。。遥が証言した不審者そのものだった。
浅輪は、そのことを遥に問いただそうとしていたところ、
青柳、矢沢が現れ、遥でも犯行が可能であると告げる。

すると、、、、突如、遥は、殺害を自供。
が、いざ、取り調べが始まると、黙秘。。。。。。。

やがて倫子(中越典子)との会話で、犯行の日の朝のパンが失敗と知る浅輪。
加納と浅輪が、再度、真澄から話を聞いたところ、
パンの異常が、、、、死亡推定時刻の間違いを指摘していた!
全ての関係者のアリバイが崩れた瞬間だった。

遥は、大野を庇っているのか?
状況証拠は、大野だが、何かオカシイ。。。。。

敬称略


↑今回は、、描き込みすぎと言う事じゃなくて、
メンドーなんですモードである。


たしかに、パンの味から、発行時間を推測し、
室内温度などから、犯行時刻がずれたり。。。。と

サスペンスとしては、オモシロ味はあるし、
ミスリードも、動機を提示するなどをして、良い感じで効いていたとは思います。

これらの展開を見れば、
ほぼストレートな物語であるにもかかわらず、

ただ、、なんていうか、ドラマとしてひねりすぎ?

だって『結末』というか、真犯人。。。

細かい動機なども含めて、
最後の10分ほどで、全てを詰めこみ、真犯人を仕立てている感じ。

ま、、真犯人は、ミエミエなのだが、

だったら、もっと『このドラマ』=『9係』的には、
真犯人のことを、描く必要があったんじゃ??


変な言い方だが、
色々と無駄にストーリーを盛り込みながら、
最後の1割くらいになって、
いきなり犯人を仕立てるオモシロ味もホントの捻りもない推理小説のようだ。

2時間サスペンスなら、それでも真犯人を描くし、
昨今の、この手のドラマならば、それなりに描く。

まして、、、『9係』。。。。

事件は解決しているが、加納倫太郎の意味がないんじゃ?

一応、補足はしてるけど。。。。『9係』らしくない感じのお話でした。


細かいツッコミを入れるなら、指紋なんかも、、、それだし、
酵母のことに、こだわりを見せるような見せないような部分にしてもそうだし
なんか、、変。

これまでの感想

第1話 
posted by レベル999 at 21:57| 2010年ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。