TBコメントは、本家へm(__)m

2010年07月04日

龍馬伝 第27回 ひきのばし〜〜〜〜〜

『龍馬の大芝居』

内容
海軍操練所が無くなり、各藩に戻る者もいる中、
脱藩している龍馬(福山雅治)たちは、どうして良いか分からなくなっていた。
だが、先日、、、出会った西郷(高橋克実)のコトが気になる龍馬は、
とりあえず、伏見の寺田屋へと向かう。
そして女将のお登勢(草刈民代)に、薩摩のことについて話する。
薩摩藩が操練所の訓練生を引き取るという話を考えてのことだった。
沢村惣之丞(要潤)陸奥陽之助(平岡祐太)らと、そのことについて議論。
薩摩に行くのも、1つの手であると。
だが、薩摩の動きを知る沢村たちも、どうしても素直になれずにいた。

そんななか、大坂の大和屋に身を寄せる近藤長次郎(大泉洋)とも話をする。
妻・お徳(酒井若菜)との間には子もおり、幸せな感じ。
それでも、長次郎は、夢を口にするのだった。
と、、、その大和屋に、なぜか溝渕広之丞(ピエール瀧)が現れる。
弥太郎(香川照之)から龍馬への文を携え、やって来たのだ。

そこには、、半平太(大森南朋)のこと、以蔵(佐藤健)のこと。。。
後藤象二郎(青木崇高)から、吉田東洋(田中泯)暗殺の嫌疑で
2人が拷問を受けているコト、、、そして、、毒饅頭のこと。
弥太郎たちの苦悩が綴られていた。。。。

龍馬は、土佐に帰る手引きをしてくれるよう溝渕に依頼。
そしてやっと、、、土佐の坂本家に帰り着く龍馬だった。
兄・権平(杉本哲太)姉・乙女(寺島しのぶ)らとの、、久々の再会。
喜びもそこそこに、そんな彼らに、、、縁を切ってくれと告げる龍馬

一方、拷問に加担していることに苦悩する弥太郎。
父・弥次郎(蟹江敬三)母・美和(倍賞美津子)妻・喜勢(マイコ)から
“おまんの好きにしいや。覚悟しちゅうき”
と言われても、、、それでも、どうして良いか分からない。

その弥太郎の前に、、、龍馬が現れる。
そして弥太郎から手渡された“資料を読んだあと、
龍馬は、後藤象二郎の前に現れるのだった!!


敬称略


ちゅーか。。。縁を切ってくれと言いに坂本家を訪れ、
そのあと、、、密かに?弥太郎を訪ねる。
弥太郎がアレコレしたあと、、龍馬は、再び坂本家

ってこれ、、、“隠れている”意味がないんじゃ???


なぜ、弥太郎に、、、、坂本家へやって来てもらわない?
あれだけ、“偶然”も含めれば、

バカみたいに、ここのところ、坂本家を訪ねていた弥太郎なのに??

意味が分からん!!

それとも、、、溝渕の後ろに隠れてコソコソと、
土佐を歩き回っていたのか?

溝渕だけでも、目立つ体格をしているのに?


大芝居が、、どうかとか、
そういうコトにツッコミを入れる以前に

“アドベンチャー”が過ぎるぞ!!!龍馬!!


フィクションか、ノンフィクションか、、、史実かどうかとか
そんな、以前の問題だと思います。

もう少し“動き”に違和感が見えないように、描きませんか??

ここのところ、無駄な“アドベンチャー”が多いよね。。。

先日も、神戸と京を行ったり来たり。。。。
今回も、神戸から、、、伏見、、、そして大坂の大和屋に行く
で、仲間たちと、、、“どっか”で議論。

こんなに動き回っていて、
よく溝渕が、龍馬を見つけることが出来たモノである

まさに、違和感。。。。

別に、動き回るのは良いけど、
もう少し、違和感を無くして、流れをスムーズにしません??

絶対に、龍馬の動き、、、リアルに考えていませんよね。。。
フィクションだから、なんでもokなら、

弥太郎が、操練所を訪れて、そのまま土佐に帰っても良かったくらいである。



ということで、
なんだか、無駄に引き延ばされた半平太と以蔵の命。。。。

そんなお話でした。

なんか、弥太郎が登場すると、色々と物語が見えるけど
龍馬が登場すると、ファンタジー色が強く、、、、困ってしまう今日この頃である。

別に、ファンタジーは、ファンタジーで良いんだけどね。

やるならやるで、もう少し、流れをスムーズにして欲しいモノである。
ファンタジーだから、細かいことにこだわらず
つなぎ合わせるだけってのは、、、、。もう、、辞めて欲しい。


そういや、、わざわざ伏見に行ったのは、
結局、女に会いたかっただけ?。。。そう考えて良いのかな?



これまでの感想

第26回 第25回 第24回 
第23回 第22回 第21回 第20回 第19回 
第18回 第17回 第16回 第15回 第14回 
第13回 第12回 第11回 
第10回 第9回 第8回 第7回 第6回
第5回 第4回 第3回 第2回 第1回 
posted by レベル999 at 21:19| 2010年ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。