TBコメントは、本家へm(__)m

2010年04月23日

ヤンキー君とメガネちゃん 第1話 最強コンビ誕生

『噂の最強コンビ遂に登場!痛快学園ホームコメディ』

内容
品川大地(成宮寛貴)は、ヤンキー史上最強の不良と言われ、
伝説のヤンキー“ハリケーン・アダ”と噂されていた。
が、、なぜだか、、進学校・紋白高校2年A組にいた。

新学期が始まったその日。大地は、同じ学校の制服を着たメガネ女子とぶつかり、
なぜだか、、強引に、、、おんぶさせられ、学校へ行くのだった。
行くつもりも、特になかったのに。。。。
当然、女子を教室前に残した大地は、屋上でサボり。。。。

と、、、なぜだか、さっきの女子が目の前に!!!
大地と同じクラスの足立花(仲里依紗)だと名乗ったうえで、
学級委員長の選挙に投票して欲しいと言ってくるのだった。
大地が投票しないと“満場一致”ではない!!と。
“一点の曇りもなく、正々堂々と学級委員長になりたいんです!”

結局、強引に、投票させられることになった大地。
大地“ウゼエ。。。。”


とまぁ、、学校では、そんな大地であったが、実は、、家では違った。
開業医の父・宙太(古田新太)天然おっとり母・聖(堀ちえみ)
そして、、まさに、目の上のコブ。。。姉・海里(大和田美帆)
子供の頃から海里にいじめられ、父に鍛えられ、、強くなってきたのだ。

ある日のこと。担任の堺(皆川猿時)から創立記念祭について話がなされ、
大地のクラスでは、記念壁画を描くことに決まった。
学級委員長の花は、大地を参加させようとするのだが、拒否する大地。
だが、そんなことよりも、
みんなが嫌がる大地に、普通に声をかけてくる花にウザサを感じる。
そのうえ、、何か、ずれている。。。。ウゼエ。。。。

だが、花に土下座され、いつの間にか強引に参加させられてしまう大地だったが、
同じクラスの和泉岳(本郷奏多)とトラブってしまい。。。。。。。荒れる大地。
再び花から、記念壁画参加を促されるが拒絶。
そんなとき事件が起きる。川崎(浪岡一喜)たち不良が、学校へ殴り込み!
記念壁画の作業は無茶苦茶になってしまうのだった。。。。。停学。

クラスメートから白い目で見られ、学校をあとにする大地は
親友の練馬青雲(鈴木亮平)が手伝いをする実家のバイク修理工場へ。。。。
かつて、、“アダ”と誤解されたばっかりにと、青雲は大地を慰めるが。。。。

翌朝。停学だというのに、花が壁画を描くようにと大地の家にやってくる。
“し〜なが〜わく〜〜ん”
毎日のようにやってくる花に、自分の気持ちは分からないと大地は言うが、

“レッテルは自分ではがすんです!”とまったく退かない花。

そんなとき、姉・海里から、
花が責任を感じて不良とどこかへ行ったと知らされ。。。。。


敬称略


公式HP
http://www.tbs.co.jp/yanmega/


ヤンキーのレッテルが貼られ、学校に行くのもイヤだったヤンキー大地。
そのうえ、ウザイ女・花が学級委員長!!

どうしても、学校の行事に参加させようとする花に、ウザサを感じるが、
そんなとき事件が起き、、、、、、


そして、、、

花“あなた方みたいな人がいるから
 ヤンキーは誰にも相手にされないんです
 周りから白い目で見られるんです
 頑張っても、頑張っても
 ヤンキーだからってヒトコトで片付けられ
 私は変われる。私は、私自身が変える!

 私はもう、ヤンキーじゃありません!


ま、、、そういうことである。



主人公ふたりのキャラ設定。。
かなり上手く説明されましたね。

ヤンキーなのに、、実は。。。という品川
優等生ぶっているの、、、実は、、、と言う花

お互いに引きずっているモノがあるから、
ほぼ同じ立場であっても、主人公の対比がキッチリされていますね。

そしてやはり、、、秀逸と言って良いのは、
それぞれに成宮寛貴さん、仲里依紗さんをあてたことでしょうね。


こんな言い方は失礼なのは十分承知で書かせてもらうが、
2人とも、様々な作品に登場して経験を積んできていることもあるためか、
年齢以上に演技巧者。

キッチリと“役”をメリハリをつけて演じているのが良いですね。

正直。。。

私自身、、、原作は知りません。
そのうえ、この配役で、何をやるんだ???

と言う不安があった今作ですが。

ベタな感じの物語だけでなく、俳優さんの演技なども含め、
思った以上に、面白いドラマだったと思います。


ま、細かいこと言い出せば、
同種のヤンキーモノと、何が違う??
そんな印象もあるわけなのですが、、、別にケンカがメインというわけでもなく、

ポイントでベテランの古田新太さん、伊東四朗さんを盛り込むことで、
ドラマが引き締まるだけでなく、

ドラマとして、良い盛り上がりになっていますね。

コメディ、、、要素はあるが、ホームドラマとしても悪くないし、
本質的には、ヒューマンドラマなのかもね。



1つだけ気になっているのは、
今回のような終わり方をして、、、大地。、、今回以降あばれるの?
posted by レベル999 at 23:21| 2010年ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

警視庁失踪人捜査課 第2話 消えた息子の謎

『消えた息子が堕ちた白い罠!』

内容
カラオケボックスで働きながら、定時制高校に通う・南田春樹(日和佑貴)が、
若者達の乱闘に加わり....その後、、、失踪した。
卒業後、デザイン系の専門学校への入学が決まっていたという。
父・義信(小木茂光)母・美奈子(野村真美)は、心配し、
マスコミが騒ぎはじめたため、失踪人捜査課が、捜査を開始する。
報道であるような“マジメ”ではなく、不良との付き合いもあったよう。
そのうえ、失踪直後、ATMで250万下ろされていた!
ただ預金の全てが引き出されていたわけではなかった。

三浦室長(遠藤憲一)によれば、事件性があると考え、捜査1課も動いていた。
両親への聞き込みに向かった高城(沢村一樹)と愛美(森カンナ)
だが、失踪の理由の見当が付かないという両親。
進路などについて話し合ったことはあるが、トラブルはないと言いきるのだった。
話を聞いていて、違和感を感じる高城と愛美。
何か隠している。。。。

同じ頃。春樹が所属していたグループのリーダー、ケン(福山一樹)に対し、
事情を聞きに向かった法月(小日向文世)と醍醐(北村有起哉)
中学の時の友人だというケン。
グループに誘ったわけではなく、春樹が自分で入りたいと言ってきたという。
預金のことも知らないようで、失踪の心当たりはないらしい。
敵対するグループのリーダー(山根和馬)も、心当たりはないよう。

失踪人捜査課では、誰か知り合いがいるのではと考え、
カラオケボックスの店長から、防犯カメラ映像を受け取り、
その分析を小杉(高畑淳子)に依頼する高城。

そんなとき、母宛に、春樹からメールが送られてくる。
事件ではなく蒸発ではないのかと高城は疑いを深めていくのだが、
同時に、、、森田(黄川田将也)が、
春樹が偽造パスポートを利用していた可能性を見つけて出してくるのだった。
成田からロスに行き、その後、関西で入国していた。。。

やがて、、小杉が、映像に“あるモノ”を見つけ出し。。。。。。。


敬称略



前回、
明らかに、キャラを描けず中途半端
だった今作。

なんだか、それが嘘のような今回。


失踪人捜査課の7人が、それぞれにキャラが描かれ、
チームワーク、連携が、ハッキリと描かれている。

そう、、、まるで、刑事モノドラマのようだ。

そして、重要だったもう一つのこと。

失踪人を捜査しているのか?
それとも、事件解決のために動いているのか?

である。

途中、高城が取り調べなどで、見逃し行為などを行っているように、
“失踪人の捜索”を描いていますよね。


たしかに、前回は、登場人物の紹介もあったろうが
事件を描き切れていなかったのもまた事実であり


ようやく“カタチ”が見えた感じですね。


あ。。。もちろん、、序盤の両親への聞き込みでも
想像以上に、父から“男”という強調がありましたので

わかりやすく。。。ではないが、
それ以外の部分も含めて、丁寧なネタフリは見えた感じですね。


、、ここまで来て、、それはさておき。

物語のほうは。。
突然失踪した息子。。。失踪課が捜査をはじめたのだが、、、わからない。
事情なども分からず、、、このまま迷宮入り状態になりかけた時、
空港の防犯カメラの映像から.....衝撃の事実が!

そんな感じですね。

先ほども書いたが、序盤で、わずかだがネタバレしているので、
こういう作品が好きな人にとっては、

それほど難しくない“事件”なのであるが、

そんなコトよりも今回。
先ほども書いたように、失踪人捜査課が、機能していたことの方が重要だろう。

そして物語でも、感情を丁寧に描きながら、親子愛を描くという、
思った以上に良い物語へ。
かなり良くできています。

最後には、、、キッチリ“オチ”を持ってくるなど、
事件としてもオモシロ味を持ってくるとは!!


前回が、嘘のよう”に、今回は楽しめたお話だったと思います。


だから、、、書いたんだよね。。
はじめから、高城がいても良かったんじゃ??って

今回くらいののお話を積み上げてくるなら、
これからも、少しは期待できるかもしれません


もう少し、、って言う部分もあるが、、ま、、いいだろう。


これまでの感想

第1話
posted by レベル999 at 22:15| 2010年ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。