TBコメントは、本家へm(__)m

2010年04月18日

龍馬伝 第16回 勝麟太郎

『勝麟太郎』

内容
江戸・千葉道場に、突然現れた龍馬(福山雅治)。。。4年ぶりだった。
龍馬を待ち続けていた佐那(貫地谷しほり)は、大喜び。
が、、、脱藩したと知り佐那だけでなく、兄・重太郎(渡辺いっけい)も
開いた口がふさがらない。
なのに。龍馬。
定吉(里見浩太朗)に、勝麟太郎(武田鉄矢)に会う方法を尋ねたことで
開いた口がふさがらないどころか、衝撃を受ける佐那と重太郎。
そんななか重太郎が剣術指南役をしている越前藩を思い出し、
そのツテを頼りに、龍馬は越前藩の北村に会わせてもらう。
そして前藩主であり
幕府の政事総裁職・松平春嶽(夏八木勲)への面会を求めるのだった。。
これで、幕府要人である勝麟太郎にあうことが出来るかもしれない!と。

春嶽に面会した龍馬は、素直に攘夷派であることを告げ、
土佐勤王党に、所属していたことがあると語り、、土佐藩を脱藩したと告白する。
あまりにも痛快な、龍馬の言葉に、笑顔となる春嶽。
定吉の後押しもあり、紹介状を書いてもらうことに成功する。

その1週間前、江戸城には緊張が走っていた。
将軍・家茂(中村隼人)に勅命を持って訪れた三条実美(池内万作)
攘夷を実行しろという勅命であった。
条約が結ばれたばかりで、幕府は混乱したのだ。
一橋慶喜(田中哲司)を上洛させることで決着させたばかり。。。

そして、、、紹介状を携え勝麟太郎に会いに行った龍馬。
“会いたいわけを言え”と言われた龍馬は、ワケのわからないこと言い
“あんぽんたん”と言われてしまう。。。。
想像していた勝麟太郎と違う...そう感じてしまった龍馬。
“ガッカリ”。。。。勝の屋敷をあとにするのだった。
が、そこで、勝の屋敷で書生をしているまんじゅう屋の長次郎(大泉洋)と再会。
日本のために役立ちたいと考え、江戸に出てきたという。

ショックを受ける龍馬
こんなハズじゃなかった。。。。
勝麟太郎だって、、
“もっと気概のある、圧倒されるような大きい人”と思っていたのに。。。

それは、長次郎から聞いていた“坂本龍馬”とも違うと勝麟太郎も感じていた。
そんな勝の屋敷を半平太(大森南朋)収二郎(宮迫博之)以蔵(佐藤健)が
訪ねてくる。
場合によって、勝を斬るつもりでやって来たのだが、
のらりくらりとカワされてしまう。
会話の中、
半平太が、、ふと漏らした龍馬言葉“幕府も藩もいらない”に興味を抱く勝。

今度は、龍馬を呼び出す勝麟太郎。
異国、攘夷について、再び勝に問いはじめる龍馬。
その龍馬の目を見て、なにかを感じた勝は、頭にあることを素直に言えと告げる。
じっくり考えて、言えば良いと。

そこで龍馬は、、、自分の頭にあるものを話し始め。。。。


敬称略




“日本は島国ですろう。四方を海に囲まれちゅう。
 異人らは海から来るわけですき。やっぱり一番大事なのは軍艦ですろう
 強い海軍が必要ですろう。
 ワシは千葉道場で剣術を習ろうたがです。
 ほんで、北辰一刀流の目録をもらいましたき
 おこがまし言い方をすれば、ワシは強いがです
 けんどワシは、人を斬ろうとは思わんがです
 そもそも、ワシを強いと知っちゅう者は、ケンカをふっかけてはきませんき
 つまりワシが言いたいがは、
 今、日本が異国の言いなりになっちゅうがは、
 戦がしたち、負けることが分かってちゅうき
 けんど強い海軍があれば、誰っちゃあに負けん剣の腕があったら
 戦にはならんぜよ。
 そうじゃ。日本はもう、開国しちゅうき
 異国の技術を学んで、どんどん日本の軍艦を造ったらええがじゃ
 ほんで、他のモンも、どんどん取り入れて
 異国に張り合えるほどの文明を手に入れることが出来たら
 日本は、安泰となるがじゃ
 そうじゃ
 戦をせんでも、攘夷を成し遂げることが出来るがじゃ!”

“気に入った、合格だ
 今日からオイラのために働いてもらう




勝麟太郎。。。ついに、龍馬が会ったお話である。

気のせいか、
武田鉄矢さん。。。目の前に“龍馬がいる”と思っているのか、

嬉しそうな、、、、そして、頼もしそうな顔。。。

サスガ、元祖“龍馬かぶれ”である。

誰か偉い人が決めたことを史実などと言いきって、それを信じ切り、
そんなバカなこと。。。などと。。。。
と思うような人もいるのだろうが、

細かいことを言い出せばキリがありません。
それ言い出したら、龍馬が福山さんほどのイケメンか?と言う疑問も出さなければ
意味ないと思いますしね!

私なら、そういう部分もツッコミます。


これは、ドラマですから!

歴史の主人公達も続々と登場し、

良い感じで、分かり易い流れで、物語が作られていたと思います。

そして、、一度は、緊張感からか失敗

でも、もう一度。..チャンスをもらい。。。

ま、、あとは、上のセリフである。

まさに、“ドラマ”という感じで、龍馬と勝麟太郎の対面は
面白かったと思います。

最終的に、軍艦、、イヤ黒船に乗っているのも
なかなかオモシロ味のある演出ですしね!




明らかに無駄だったのは、半平太たちですけどね。。。。
比較対象としては、悪くはないと思うのだが

無理に入れすぎたかな。
それこそ、千葉定吉で、十分成立した感じがします。

ま、、いいけどね。


これまでの感想

第15回 第14回 
第13回 第12回 第11回 
第10回 第9回 第8回 第7回 第6回
第5回 第4回 第3回 第2回 第1回 


posted by レベル999 at 21:11| 2010年ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

仮面ライダーW 第31話 野獣追うべし

『風が呼ぶB/野獣追うべし』

内容
10年ぶりに出所してきた男・尾藤勇(小沢和義)。
その尾藤が、鳴海荘吉を訪ね、鳴海探偵事務所にやってくる。
“調べ物”をしていると面会の時に言っていたという。
話を聞いたこともなかった翔太郎(桐山漣)と亜樹子(山本ひかる)
“半人前に用はない”と。。尾藤は立ち去っていくのだった。

なにか気になり、尾藤のあとを着いていく翔太郎
やがて、昔の仲間だった有馬鈴子(魏涼子)有馬丸男(勝矢)に会うが、
昔とは違う丸男に、戸惑いを感じながらも立ち去っていく尾藤と翔太郎。

一方、フィリップ(菅田将暉)は、尾藤のことを検索し、
10年前の“野獣人間”に絡む情報を見つけ出していた。。。。

そんななか、尾藤と翔太郎の前に現れるビースト・ドーパント!
翔太郎から“熊”を奪いに来たようだった。

“変身!サイクロン・ジョーカー!!”

だが、、、変身が不安定で苦戦する仮面ライダーW。
アクセルが現れたことで、窮地を脱するが、
ビースト。。。。丸男は、驚異的な再生能力で、どこかへと。。。。


フィリップは、シュラウドが残した“翔太郎が不吉”という言葉に
戸惑いながらも、自分の力が強すぎてしまっていることに気づくが、
どうして良いか分からない状態。
そのフィリップの前にシュラウドがふたたび現れ。。。。。

そのころ、翔太郎は“熊”というキーワードで、
尾藤を連れ風吹山へと向かいはじめていた。。。。。


敬称略



おやっさんへの昔の依頼人が現れ、
おやっさんの大きさを知り、自分の薄さを知る。

これが、、、、小沢和義さんだから、
ほんと、ハードボイルドを感じるだけでなく、

任侠モノの世界も、良い感じですよね。

と、、、

かなり、影の薄い主人公なのだが、
ま、

きっと、今回の事件のことで、なにかに気づき、
大きく進化するのでしょう。

そう考えれば、

たとえ、中途半端な前半であっても
たとえ、主人公の影が薄くったって

十分ネタフリとして成立しているお話である。

仮面ライダーWの。。。『味』も、損なっていませんし!



あとは、次回。。。
いつものとおり、キレイにまとめながら
どのような決着になるか??

。。。もちろん、事件を中心とした物語の方ですけどね!

変身するのは、分かっていますし。。。。。



ちなみに今回見ていて、一番感じたのは
鳴海荘吉と、尾藤勇。。。2人の物語を見たかった。。。こと。

外伝で、作ってくれないかなぁ。。。鳴海荘吉が大活躍している物語を!


これまでの感想
第30話 第29話 第28話 第27話 第26話 第25話 
第24話 第23話 第22話 第21話 第20話 第19話 
第18話 第17話 第16話 第15話 第14話 第13話 
第12話 第11話 第10話 第9話 第8話 第7話 
第6話 第5話 第4話 第3話 第2話 第1話 
posted by レベル999 at 08:40| 仮面ライダー・戦隊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

天装戦隊ゴセイジャー epic.10 ハイドの相棒

『ハイドの相棒』

内容
望(中村咲哉)に親友が出来た話で盛り上がるアラタ(千葉雄大)たち
だが、ひとり、ハイド(小野健斗)は浮かない顔だった
“マジス”。。。。海辺で花を手向けようとした時、
目の前に、倒したはずのルビーウ星人・5000℃のクラスニーゴが現れる。
ほかのメンバーも駆けつけたが、“こいつを倒すのはオレだ”と
いつもの冷静なハイドらしくなく、熱くなりすぎているハイド。
マスターヘッドと通信が繋がり、“答え”を問われても
“クラスニーゴを倒す”と言い放つハイド。

かつて、ハイドには相棒のマジス(伊藤陽佑)がいたが、
強敵のクラスニーゴを倒そうと。。。。。。。
復讐に燃えるハイド。
冷静ではないが、ハイドなら気づくはずと考えるアラタ、アグリ(浜尾京介)

そんなとき、天知博士(山田ルイ53世)の親友だという
魚に詳しいさかなクン博士(さかなクン)が現れ、
アラタは、博士に協力するようハイドに伝え。。。。。


敬称略


兄妹ではあるが、パートナーがいるほかのメンバー。
だが、たったひとりの戦士だったハイド。

ハイドにも、相棒がいた!

その相棒は、敵を倒すために相討ちを狙い、倒したはずだったが。。。。

生きていた!
冷静なハイドが、復讐を考えはじめるが。。。。。


というお話ですね。


ハイドの相棒に対する疑問を解決するだけでなく、
物語も、冷静さを失うハイドという状態など

見どころは満載である。

そして、忘れがちだった、、、この作品の根幹。

“地球と全ての命を守ること”


そうなんですよね。
“戦”隊であっても“護星”であるということは、

守ることが最優先。

単純なお話ではあるが、ただ戦っているだけではないと言う事を
再び表現したお話でしたね。

どんなお話にするかと思っていましたが、
予想していた以上に、良くできていたと思います。


殺陣部分でも、ハイドの指示は、、
前回のことがあるから少しヤリスギにも見えてしまうが、
戦いの中で、さりげなく連携がなされているので、、、ま、いいでしょう。

物語がシッカリ作られていたので、問題ありません。




ただまぁ、冷静に考えてみれば、
“海”だから“海”の博士は、、分かるが、

年長者だからということで、天知博士がもっと絡んでも良かったかもね。
当然、、望もだけどね。

そこが少し、もったいない“使い方”を感じるところです。


これまでの感想
epic.9 epic.8 epic.7 epic.6 
epic.5 epic.4 epic.3 epic.2 epic.1 
posted by レベル999 at 08:34| 仮面ライダー・戦隊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。