TBコメントは、本家へm(__)m

2010年04月13日

チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋 第2話 集団過呼吸

『集団過呼吸』

内容
救命救急センターに、ダンスレッスン中に倒れた女性たちが10人運ばれてくる。
ミスコンで最終審査に残っている女性たち。
そのレッスン中、1人が倒れ、その後次々と倒れていったという。
集団過換気症候群。
すぐさま、救命センターで処置がなされ、各自、帰宅を許される。
だが、、、ただひとり、青木恵理(藤井美菜)だけが、手のしびれ、めまい。。
症状が重いことから、センター長の速水(西島秀俊)は検査入院を命じる。
その後精密検査が行われたが、原因が発見されず。
精神的なモノかもと考えられたが、田口(伊藤淳史)は軽症だという。
それでも、もう少し検査をするよう命じる速水。

そのころ、病院内で医療代理店メディカル・アソート社の佐々木英二(堀部圭亮)
を見かけた白鳥(仲村トオル)は、速水との関係を問うが、
関係ないと言う佐々木。
“収賄”の可能性を、速水にもぶつけるが、
“お前らに、何が分かる”と言われてしまうのだった。

そんななか、恵理を婚約者の菅原誠(金井勇太)が訪ねてくるが、
恵理は会うことを拒絶する。
と同時に、なにか秘密があるような恵理は、病室を抜け出し大けがをしてしまう。
院内で、恵理を発見した白鳥は、恵理の妙な言葉が気にかかるのだった。
“罰なら後で受ける”と、、、

やがて、恵理の骨折治療のデータから。。。。


敬称略



ミスコン出場者が、、、突然。..倒れてしまい。。。。


ってことである。


一応、、恋人も、ミスコンも、ダイエットも。。。そして秘密も。
細かくネタフリしてきたのは、全て混ぜているし。

キレイにまとまっていることは、まとまっている。

作り込み自体は、
本当に良くできた『医療モノ』だったと思います。

もちろん、、本題であろう業者との癒着を
アッサリと斬り捨てているように、、、少ししか表現しないというのも

ドラマとしては、かなり思い切った決断だし


どう考えても、医療を知っている人間にしか解けそうにない『謎』を
ここまで表現して作る必要があるのか???


と言う疑問さえ、無視することが出来れば、

良くできたお話だったと思います。

ドラマとして面白いことは面白いと認めますが

なんていうか、、、
シンプルさが無いため、謎解きとして、、面白いかどうかと問われれば、

ハッキリと、『面白くない!!』と断言できる状態である。


ドラマで提示される情報を吸収、そして消化できなければ、謎解きではないし、
それは、ドラマとして、すでにミステリーではありません



う〜〜〜んん。。。。。。

あくまでも『もしも』であるが。

もしも、主人公の速水が、序盤で気づいていて、部下達に指示し
部下達が感心するドラマになっているのならば

きっと、納得出来ると思うんですけどね。



現状だと。。
脚本家が書いた謎を、出演キャラが謎解き。
それを、ただただ見つめているという感じがします。

そう。。。。
本来の意味で、謎解きの面白さを視聴者が楽しめないドラマになっている。

ということである。



何を目指しているつもりなのか知りませんが、
困ったなぁ。。。。。。


これまでの感想
第1話
posted by レベル999 at 23:18| 2010年ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

絶対零度〜未解決事件特命捜査〜 第1話 悲しみを溶かす日

『未解決事件特命捜査〜悲しみを溶かす日』

内容
6万件の未解決事件が存在。
それに対応するため警視庁は捜査1課に特命捜査対策室を設置した。

1999年末。。。。。。事件が発生。

2010年、奥多摩スカイラインの建設予定地から白骨死体が発見された。

特命捜査対策室室長・長嶋秀夫(北大路欣也)は、
特命捜査第4係の倉田工係長(杉本哲太)を呼び出し、再捜査を命じるのだった。
“東都銀行3億円横領事件”
当時、容疑者と思われた主犯の大貫清美(宮下ともみ)とともに、
飯島友江(松岡恵望子)、迫田麻衣(小松彩夏)の3人が失踪。
白骨死体から迫田の社員証が見つかったのだ。
科捜研の大森紗英(北川弘美)、竹林工(木村了)らの分析の結果、DNA一致。
死体は、迫田麻衣であると断定される。
倉田係長は、桜木泉(上戸彩)と深沢ユウキ(丸山智己)に聞き込みを命じる。

やって来て3ヶ月の新人の泉は、深沢の聞き込みのメモ係。
科捜研では、現場の遺留品に数字の羅列の報告を受け深沢は、銀行口座と推理。
調べてみると、迫田の恋人だった宮本弘史(徳秀樹)の口座であった。
事件後、口座には“ミレニアム”という人物から500万の入金があり、
その金を使い宮本は借金を返済。だが誰が振り込んだか知らないという。
疑問を感じながらも、その場を後にするふたり。

そのころ支店長の木村行信(渡辺憲吉)に聞き込む
高峰涼子(山口紗弥加)と塚本圭吾(宮迫博之)は、
以前、大貫の横領を木村がもみ消していたことが分かってくる。
当時。。。大貫は、母ひとり子ひとりで育ち、母・聡子(朝加真由美)に
その金を受け渡していた疑惑が存在していた。
雑誌記事などで読んだ泉は、聡子への聞き込みを志願するのだが、
上手く聞き出せずじまい。

一方で、白石晋太郎(中原丈雄)は、倉田に対し、
ネットで流れる映像について伝えていた。
それは大貫清美が殺されていると思われる映像だった。

生き残っているのは、飯島だけなのか?

やがて、ひとりの男が浮かび上がる・
大貫の恋人・田神慎二(塚原大助)。。。宮本に金を振り込んだ男だった。
色々と仕事を依頼し、その口止めのためだという田神。

そんなとき、白石が高林を使って分析させ、大貫の殺害現場を特定。
現場の捜索で、、、飯島の白骨死体が発見される。
大貫は、生きているのか???映像は偽装なのか??
疑惑が新しい疑惑を生み出し、遅々として進まない捜査。犯人はいったい?

メモを見つめていた泉は、疑問を感じていた。
なぜ、3億も横領したのか?
身寄りが母しかいないのに、母にも連絡がない?
映像を元に、、ふたたび、殺害現場と思われる場所へ向かう泉。。。。。


敬称略



公式HP
http://wwwz.fujitv.co.jp/C-273/index.html


簡単に言えば、

未解決事件を解決する!

ま、、、そういったお話のようだ。



なんていうか、、、
演出的に、2009年01月期の月9=『ヴォイス』のニオイが少ししますが、、

それに、未解決事件の解決という、この手の刑事モノの定番の物語。
科捜研だって、かなり都合よく色々分析!

と。色々な意味で既視感はあるのだが、

それは横に置いておくとして。。。。。


物語だけを見れば、

中盤から新人刑事を前に出しすぎているという、ヤリスギ感はありますが
そこは、主人公なので...無視。

登場人物を、かなり上手く使いながら、
事件にいたる映像を小出しにして、
主人公が自分と重ね合わせるなど、、、

魅せる部分は魅せ、作るところは丁寧に作る。
御都合主義の部分さえ気にならなければ、
テンポも、良すぎるほど良く


個人的には、面白いドラマだったと思います



ただし、、、あくまでも『それなり』
というのも、、、疑問が2つ。


先ほども書いたが、主人公を前に出し過ぎていること。
それも、、、過去を描かず過去を絡める。。。って。。。。う〜〜〜ん。

そして、演出としての映像の小出し。

細かい過去のことは別に良いとして、
この2つ。。。かなり『好み』が分かれる部分だ。

たとえば、前者は、上戸さんのファンならば喜ばしいが
そうでないと。。。都合が良すぎ、くどくうつる。
後者は、ひとによって、表現していることが前後しすぎ理解できない。

ということだ。


難しいよね.こういうドラマ。
悪くはないと思うのですが、

ここまで凝る必要あったのかな???

変な言い方ですが、
1時間のドラマを見ているのに、2時間以上見たような疲れ方をした私である。
“目”も、、“頭”も

個人的には、かなり高い評価を与えたいところなんですけどね!
こんなに疲れなければ。。。。

posted by レベル999 at 22:24| 2010年ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。