TBコメントは、本家へm(__)m

2010年03月09日

泣かないと決めた日 第7話 踏み出す勇気

『最後の快進撃』

内容
新商品をクライアントに紹介するフェアが行われることになった。
企画は、誰でも参加でき、コンペで決めると桐野(藤木直人)が発表したことで、
美樹(榮倉奈々)も気合いが入り始めるのだった。
そして、考えついたのは、“イタリアンと中華料理のコラボレーション”

佐野(木村佳乃)の評価も高いだけでなく、
桐野は、不安要素はあっても新人ならではのユニークな発想であると、
今後のことも考え美樹の企画に決定。
責任者として美樹を指名、次点評価の西島(五十嵐隼士)をサポートにつける。

企画の詳細を絞り込みはじめようとしたところ、
西島は、シェフの選定を自分がすると言い始めるのだが、
美樹は、ヒントをもらった店があり、その店に頼みたいと言い始める。
だが該当の中華料理店“清龍”に連絡を入れた美樹であったが、
シェフの中村恭一郎(今井雅之)からは、話さえ聞いてもらえない状態。
それを西島がサポートしてくれたことで、なんとかアポを取ることに成功する。

翌日。美樹は“清龍”に向かったのだが、約束したはずの西島が来ない。。。
中村に企画について話を始める美樹。
美樹は、中村から企画の詳細や参加へのメリットを問われるのだが説明できず。
中村に追い返されてしまうのだった。
“商売なめてるでしょ。本気でやる気あんの?”
帰社すると、、、西島がいた。。。

“人のせいにするんじゃねえ”
その西島の言葉に言い返す言葉もない美樹であった。

同じ頃、梅沢部長(段田安則)に呼び出される佐野。
以前佐野の部下であり会社を辞めた山内静香(柳沢なな)に会ったという梅沢。
イジメが原因で辞めたのならばと、佐野は管理責任を問われてしまうのだった。

“君が辞めれば、気が済むそうだ”


自分なりに必死に頑張りはじめる美樹であったが、
美樹に対し、西島は、すでにシェフの選定を済ませたと言い放つのだった。
すると。。。美樹は。。。
“出来ないことを怒られたり、
 失敗して怒られたりするのは当たり前だと思っています。
 でも成功させるために一緒にやっているのに
 マイナスになるようなこと、しないで欲しいんです
 いい加減なことされたり、投げ出されたりするのはイヤなんです
 そんな気持ちでやって欲しくないんです。”

と自分ひとりですることを決める美樹。
だが、仕事量が多すぎて。。。。。。。。。徹夜がつづく。

美樹“チャンスだと思いました、
 でも邪魔されて上手くいかないくらいなら、
 私が担当じゃない方が良いのかも知れません

と、泣き言を言う美樹に、、、
桐野“逃げ出さないことが、チャンスを生かすってことじゃないのか
 ひとりで出来ないって分かっているなら
 どうすれば上手くいくか、何がプロジェクトのためになるのか
 シッカリ考えるんだな。

そんな美樹の様子を見ていた
千秋(片瀬那奈)早苗(町田マリー)琴美(紺野まひる)は。。。。。

敬称略


↑今回も、なんだか、てんこ盛りになってしまいました。


物語は、

美樹の企画が通り、西島がサポートしてくれると思っていたのだが
邪魔をされ、、、1人で進めるしか無くなってしまう。
追い込まれていく美樹。

そんなとき

響子“1人じゃ考えつかないようなことが生まれたりするんだよね
 仕事のやりがいって、本来、そういうところにあるモノなんだよね。

中村“どんな仕事でも成功させるためには、
 チームワークって言うのが必要なんだよ。
 1人じゃ何も出来ない。


ってところですね。

あとはまあ。..想像の範囲内という感じで

“私ひとりじゃ何も出来ません。
 このフェアを成功させたいんです。
 いまさらかもしれないですけど、手を貸して頂けませんか
 私には、皆さんの力が必要なんです。お願いします。”


明らかに一部“イジメ”に近い状態なのは、気になるところだが
いや、、正確には、、、まだやるの???ですが。

物語の手順としては、キレイな流れであるのは言うまでもない。

1人でやろうとして挫折
考え、考え、、、、みんなに願い出る。。ですね。

まぁ、同じ部署なのに、
ちょっとしたサポートもなしか?
なんていう、部分もあることはありますが、

最終的に、先輩達が、、、と、悪くはない。

いや、3人のスーツ姿。。。カッコイイ!!、、
って、一瞬見とれてしまいました。。。。


当たり前のことであるが、
失敗から成功まで。

これまでのお話で、あれこれとやりとりがあったのが、
効果を生んでいる印象になっているのも、良い感じの流れである。

変な言い方ですが、
“真っ当なサクセスモノ”を見たような印象ですね。

ちょっとした勇気で、、、
本当の意味で、職場での一歩を歩み始めた


そういうことですね。

少し不確定要素のようなモノもありますけどね。。。。。



とはいえ、このドラマ。
そんな不確定要素以外の“要素”が多すぎて。。。。。

会社を辞めた社員については、
“比較”として見れば、良いことでしょうが。

“アレ”ですよね。。。“アレ”
正直、、、いなくても事件が多くて、楽しいんですけどね!

必要なのかな。。。。


これまでの感想
第6話 
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話
posted by レベル999 at 21:57| 2010年ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。