TBコメントは、本家へm(__)m

2010年03月08日

コード・ブルードクターヘリ緊急救命THE SECOND SEASON 第9話 心の傷

『心の傷』

内容
緋山(戸田恵梨香)の証言により、提訴取り下げが決定。
ようやく、緋山は通常業務へと戻ったのだが、やはり様子がおかしい。
三井(りょう)橘(椎名桔平)らは、なんとかサポートしようとする。
ドクターヘリに気丈に乗り込む緋山に驚きながらも。。。。
だが、橘、冴島(比嘉愛未)らと現場に到着した緋山であったが、
手が震え、どうにもならない。。
なんとか病院に患者のスキー選手の田上信夫を搬送は出来たのだが、
緋山は、患者から距離を置き始めてしまうのだった。

同じ頃、田所(児玉清)が倒れているのが見つかり、西条(杉本哲太)らが処置。
動脈瘤だった。妻・麗子も駆けつけ、手術が決定される。
だが、かなり難しいオペ。。。。

一方、藍沢(山下智久)は、外来患者・青山美樹の足に異常を発見、
森本(勝村政信)とともに、すぐに処置をする。
しかし何か、様子がおかしい。。。。西条が診断に加わり、脳腫瘍が発見される。

病院に搬送してきた田上の処置に、白石(新垣結衣)も加わり成功するが、
検査の結果は。。。。競技続行不可能。白石は説明するが、納得出来ない田上
そこへ、田上の妻・和美と娘・楓が、やってきて。。。。。


数日後、西条たちからの説明を受けた後、美樹はオペを決断。
藍沢がひとり息子・一樹、や母・清美への電話を入れさせた後、、、、オペ開始。
そんなとき田上が部屋から失踪。。。白石は階段の踊り場で倒れているのを発見。
なんとか競技に復帰しようとリハビリをしていたらしい。

藍沢、西条によるオペは、、、
なんとか終わったのだが、美樹の体に麻痺が残り。。。。。

敬称略




『心の傷を癒やす簡単な方法はない
 ただ、こうも思う。心の傷は、きっと必要なモノだ
 なぜなら、心に傷を負うことで、他人の痛みに気づけるようになるから』



今回は、緋山、田所という、メインキャラを加えながら
全体として、、、『親と子』で、押した感じですね。

そこに、自分たちの『経験』=『心の傷』として、
白石と藍沢を重ねていく。

親として子供に対して、出来ることは、いったい?

そんな命題を、
病気や事故で『誇り』ともいえる、、『仕事』を失った時、
どうすればいいのか?

ま、そんなところでしょうね。

そして、、、『親』=田所、、、として、西条、三井、橘。


単純化すれば、『心の傷』だけで済むお話には見えるが
田所も含め、誇りと仕事を合わせたことで

医師やフェローたちが向き合っているのが患者と言うだけでなく、
患者の人生、家族であることを強調したのであろう。


かなり詰めこんだ状態ですが、
『2』において描いて来た“親への気持ち”を重ねたのは
絶妙だったと言えるでしょうね。

今回のために、あったネタフリだったのか!!

と、驚き、納得。。そんな印象を受けたのは言うまでもありません。


“人生は長いけど、子供と一緒に過ごせる時間はすごく短い

“ヒーローじゃなくて良い、元気でいて欲しい


最後の最後には、緋山も、、、キレイにまとまったし。

前回のような、若干あざとさが見えたお話よりも、
自然な流れの中で、ほんとに医療モノとしてだけでなく、
人情モノとしても良いお話だったと思います。



とはいえ、、、、藤川。.。。。あいかわらずなんですけどね!!
しっかし、彼だけ、扱い雑だよね。。。
そら、色々大人の事情も分かるが、なんかねぇ。。。
こういう人情が出てくるような時こそ、彼“も”必要なんじゃ?


これまでの感想

第8話 第7話 第6話 
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話
posted by レベル999 at 22:39| 2010年ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハンチョウ〜神南署安積班〜シリーズ2 第9話 7年前の悲劇

『安積が殺した女刑事…7年前伊豆で何が!?』

内容
マンションの自室でフリーライターの北見玲菜(山口あゆみ)の遺体が発見。
同じ部屋には、首をつって死んでいる西川英治の遺体もあった。
西川が玲菜を殺した後自殺をしたと思われた。
すぐに西川はネットカフェ難民と判明するが、玲菜との関係が掴めず。
そんななか、安積(佐々木蔵之介)は東報新聞の山口友紀子(安めぐみ)から、
玲菜は先輩の記者であり、カジノバーに潜入取材していたことが分かる。
芸能人や有名人が入り込んでいるらしい。。。
しかし、部屋からは資料がまったく見つかっていなかった。
だが玲菜が記事を出していた雑誌“実話ハンター”の副編集長・門田伸人からは、
ハッキリとした証言は得られず。誤魔化すばかりであった。

ようやくカジノバーの場所だけはわかり、、
安積と水野(黒谷友香)が向かったのだが、出てきた店長は柴崎幸司(松尾正寿)
7年前、ある事件で安積が迫ったが、逮捕できなかった男。
事情を聞くが、柴崎は従業員として所属していたはずの玲菜を知らないという。
そのうえ、柴崎のアリバイを他の従業員が証言し、手が出せない。
柴崎は、国会議員・権藤英一郎(上田耕一)の息子であり、
権藤に都合の悪いことを柴崎が始末し、その一方で権藤の威光で悪事を。。。
そんな悪だくみばかりをする親子であった。
そして直後、、カジノバーを教えてくれた副編集長の門田が、始末されてしまう。

権藤へ接触を試みるが、秘書の丸山康之(北見敏之)に追い返される安積。
やがて玲菜のツメに付いていた皮膚片のDNAは、西川と一致しないことが判明

だが金子課長(田山涼成)から、高城管理官(佐野史郎)の命令が伝えられる
玲菜は西川が殺し、その後、自殺したと結論づけられるのだった

7年前、安積、高城、そして深町美鈴(鶴田真由)とともに、
ヤミ献金事件で権藤に迫っていた。
そんななか、権藤の秘書をしていた美鈴の妹・景子(澤木柚季江)が、
ホテルで罪をかぶり自殺。
明らかに疑惑の事件であり、安積達は殺人として捜査を続け、
柴崎らに迫っていたのだが上層部からの圧力で、強制的に捜査は終了。
絶望の中、美鈴は自殺をしたのだった。
その事もあり、どうしても納得出来ない安積は、高城に訴えるが聞いてもらえず、
捜査は終了を余儀なくされてしまう。

意気消沈で署に戻ろうとする安積の目の前に、、、美鈴が!!
まさか!?
追いかけてみたが、姿を消し、、、、、だが、名前だけ宮部景子と判明する。
景子・・・・美鈴の妹の名だった。
すぐに、景子が住んでいる伊豆へと向かう安積。
景子、いや美鈴は、宮部診療所の宮部武司(高橋長英)の娘として暮らしていた。
仮死状態で浜に打ち上げられ、記憶喪失だったという。。。。。。


敬称略



ようやく、『2』始まって以来
ネタフリされてきた安積の過去のお話である。

7年前、国会議員とその息子の悪事に迫っていた安積、高城たち。
その事件の中、同僚の女刑事の妹が殺され、
あきらかに殺人事件が発生したにもかかわらず、圧力により捜査は強制終了。
ショックのあまり、女刑事も自殺をした。。。

そのときの議員と息子に、再び迫りはじめた安積。


そういうお話ですね。


明らかに、意味深な
高城の安積への『殺した』発言でしたから、
どうやって、その意味を納得させるのか?

が重要でしたが、結構分かり易くまとまった感じですね。

それも、、相手は、巨悪。.と言って良い存在である。

次回へのネタフリと、事件編であるため、
解決していないためのモヤモヤ感はあるのですが、

盛り上げとしては、過去を絡めたりと。。。

なかなか、魅せる感じだったと思います

一番良かったのは、捜査を強制終了させていることでしょうね。


そのおかげで、圧力を表現できるだけでなく、
事件以外のこと、、、安積、、伊豆へひとり旅。。。も、
無理なく表現できましたしね!

いつもなら強引に進んでいるのに。。。なんて言うのは、野暮というモノです。

良くできたネタフリだったと思います。


それにしても、容疑者が多数いますよね。。。
誰が、犯人でも、説明できそうな感じですね。



これまでの感想

第8話 第7話 第6話 
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話
posted by レベル999 at 21:21| 2010年ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。