TBコメントは、本家へm(__)m

2010年02月07日

特上カバチ!! 第4話 偽造書類を見破れ!

『美寿々のコスプレ潜入調査!
 0.3秒で偽造書類が見破れるプロの(秘)テクニック!?
“保証人地獄に落ちた妻

内容
ある日の夜。
酔った栄田(高橋克実)を自分の部屋に連れ帰った田村(櫻井翔)は、
大家さん晴子(田丸麻紀)から相談される。
相談者は吉田香織(清水美沙)
銀行に行ったら、借金した覚えがないのに口座が、
サラ金のエンマ金融により差し押さえられ、当面の生活費にも困っているという。
翌日。正式に相談に訪れる香織。
どうやら、経営していた会社が倒産した夫・学(近藤芳正)
別居中の夫が借金をしているようで、香織は連帯保証人にされていたのだった。
その香織をひと目見て、、気合いの入り始める栄田。

大野(中村雅俊)は、美寿々(堀北真希)に命じ田村、栄田が助手になることに。
すぐにサラ金に向かった栄田と田村。
ちょっとしたテクニックにより、借用書が偽造であると判明する。
証拠を固めるため、筆跡鑑定をする元堀源吾郎(酒井敏也)のもとへ。
簡易鑑定ではあるが。。。香織が書いたモノではないとわかる。。
あとは、夫・学が認めるかどうかだけ。

学のいるアパートに向かい、話を聞くと。
自分の名前は書いたが妻の方は記憶にないと言う。
そこで、学に字を書いてもらい、もう一度鑑定するが、
香織の文字は、夫のモノでもなかった。。。。。。。
いったい、だれが???
だがこれ以上は、依頼人に経済的負担をかけるばかり、
重森(遠藤憲一)は、香織の案件から手を引くように命じるのだった。

何とかしたいと考える田村であったが、
銀行に掛け合おうとしても、、、顧問弁護士は検備沢(浅野ゆう子)
どうにもならなくなってしまう。

なんとかしたい!
そこで、元堀に掛け合い、筆跡での証拠探しをはじめる。
するとスナック“ジャッカル”のママ・猪俣蘭子(辺見えみり)にたどり着く。
証拠をつかもうと、美寿々がスナックに潜入し調査開始!!!
蘭子の男が、学であると判明する。
そのうえ、差し押さえのために蘭子のマンションを調べると、
登記簿に奇妙な記載を発見するのだった。
学が、ママのためにマンションを買った後、ママに転売し、
会社を倒産させたようだった。。。。

しかし、その事を学に問いただしても、言い掛かりであると言われてしまい、
何とか証拠を探そうと。。。。。。。

敬称略




身に覚えのない借金
妻は、夫がやったモノと確信するが、証拠がない。
田村と栄田は、、あの手この手で証拠探しをし。。。。。

夫の犯罪を見抜くのだった!!


って感じですね。


毎度のことながら、細かい内容などはともかく。

前回までに比べると、
1つの事件に対して、栄田も含め3人組が連携している印象が強い。

そのため、法律などは、、置いておくとして。。。

ドラマとして、結構分かり易い展開と流れになっている。

なんていうか。。。。。ドラマらしいドラマ。。。ということですね。
やはり、3人が1つの目的に動いているのが明確であるためでしょうね。

こうでなければ、キャラを目立たせすぎて散漫な印象となるだけだ。


必要のないキャラは、あまり前に出さずポイントだけ。
必要なキャラは、ひとりでやっても良いほど、まとまりがある。

そういうことだ。


ただまぁ、どうなんでしょうね。
ドラマは納得感はあるのだが、盛り上がりの面では、
もうちょっとキレがあるモノが必要なんじゃ???


今回のメインはあくまでも栄田。
ならば、田村、美寿々を押しのけてでも、前に出る必要性があります。
田村と美寿々が動いている“目的”と、メインの栄田も“目的”とは、
目的の意味合いが、まったく異なるためです。

だからこその“オチ”のはずなのにね。。。。。

そのため、ドラマが淡々と進んでいるだけの印象しかない。
もっとメリハリを入れなきゃ!!
たとえそれで、番組の主人公ふたりの影が薄くなったとしても!



これまでの感想
第3話 第2話 第1話 
posted by レベル999 at 22:17| 2010年ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

龍馬伝 第6回 剣の道

『松陰はどこだ?』

内容
黒船を前にして剣術修行の意味が分からなくなった坂本龍馬(福山雅治)
その思いを道場主・千葉定吉(里見浩太朗)にぶつけてしまい、
千葉道場を出て行くよう命じられてしまうのだった。

龍馬を心配する佐那(貫地谷しほり)は、道場に戻るようにと説得するが、
“黒船が頭から離れない”と答え、応じようとしない。
佐那は、兄・重太郎(渡辺いっけい)にも父・定吉の説得を依頼するが、
定吉の重太郎への答えは違った。
“嫌っているわけではない。
 剣で立ち向かっても勝ち目はない
 だからこそ、技を磨かねばならん。
 それに気付くかどうか。。。

そんななか、
桂小五郎(谷原章介)から、師匠の吉田松陰(生瀬勝久)の話を聞いた龍馬は、
答えが分かるかもと松陰に会わせてくれるようにと頼むのだが、
旅に出ていて居場所が分からないと言われてしまう。

そのころ、アメリカ艦隊が再び押し寄せ、幕府に開国を要求され、
老中・阿部正弘(升毅)は、幕府存続には開国やむなしと幕臣へ伝えていた。。。

同じ頃、土佐の岩崎弥太郎(香川照之)の身に、、思わぬ出来事が!
米問屋の多賀屋に呼ばれる。殿様に提出するはずだった意見書が、あった!
意見書を読み、感銘を受けたと。。。江戸行きを打診される。

一方、土佐藩参政・吉田東洋(田中泯)に呼び出される武市半平太(大森南朋)
藩主・山内豊信(近藤正臣)に提出した意見書の真意を問いただされ、
糾弾されてしまうのだった。。。。。。


そして龍馬のもとに松陰からの文を持ってやってくる小五郎。
アメリカへの密航を画策し黒船に乗り込もうとしているという文が届いたという。
明らかに重罪。。。。龍馬、小五郎は、松陰を引き留めようとするのだが、
松陰の海外への強い思いを知る事になり衝撃を受ける。
後を追っていこうとする龍馬に、松陰は言う。

“君がやるべきことは、何なんじゃ。
 考えるな、おのれの心を見よ

敬称略


↑、、もう、どこまで書いて良いか分からなくなりそうです。
勢い余って、すべて書いてしまいそう。。。。


それはさておき。

黒船を目撃し、
“黒船に剣で立ち向かえない”
と、考えた龍馬は、千葉定吉から道場を追い出される。

答えを見いだそうとして、吉田松陰という人物を知り。。。。。。
もう一度自分を見つめ直す龍馬。


龍馬“剣を道具だと考えてしまった
 おのれが何者か、おのれが進むべき道は
 それは、無の境地に達してこそ見えてくる。
 そのために剣術を行っていた。

定吉“剣で黒船に立ち向かえるのか?

龍馬“黒船に通用するかしないかは、剣ではなく
 この坂本龍馬という人間の問題です。
(翻訳済み、一部省略)

ま、、そんなところである。


なんだか、分かったような、分からないような
盛り上がっているのかどうか、悩んでしまうような内容でしたが、

悩む姿から、他人にすがり、1つの結論に達する。

という、、ある意味定番の物語は、
ドラマとしては、それなりに表現されていた感じだ



ただ、やはり、“それなり

別に吉田松陰がどうとかこうとか、そんなことよりも、
松陰の説明で、本当に納得出来たのかどうかの方が、、、、、、、、疑問だ。

“やるべきことは何?”

と言う言葉にしても、姉・乙女からの文で分かっていることであり、
実際、前回。。書かれていたわけである。
そう、本来ならばわざわざ、松陰を出す必要性はないことなのである。

どうも、色々な物事を繋げようとし過ぎて、
ポイントがビミョーにズレているような感じに見えています。

だって、、、“剣術修行”でしょ???
そういう問いかけを龍馬がしたわけでもない。。。

そら、言っているコト自体は分からなくはないが、
やる必要のないことをわざわざやって、
納得度が薄くなってしまっているような気がしてならない


サスガに、、無理が。。。。。。
もう少し真っ向勝負で、問答があって良かったんじゃ???

どうせ、ドラマって、“作り物”なんだし、
それを踏まえた上で、展開がなされなければ、意味がないと思います。
極論を言えば、松陰が小五郎を訪ねてきて、
龍馬と親友、師匠になっても良かったかもしれませんよね。。。。


結局、盛り上がったのかよく分からないまま、江戸編はひとまず終了ですか。。。


これまでの感想

第5回 第4回 第3回 第2回 第1回 
posted by レベル999 at 18:55| 2010年ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。