TBコメントは、本家へm(__)m

2010年02月03日

曲げられない女 第4話 友情

『殴る女…一人ぼっち同士の友情』

内容
恋人・正登(塚本高史)と別れ、会社を辞め、母・光(朝加真由美)も亡くなり
何のために生きているのか分からなくなってしまった早紀(菅野美穂)は、
完全にやる気がなくなってしまう。

早紀のことが気になった璃子(永作博美)が、部屋に行くと。。。。
明らかに様子がおかしい。
璃子は、早紀をなんとか外に連れ出し、元気づけようとするが、ダメ。
そんななか、ちょっとしたトラブルで、光輝(谷原章介)のいる警察へ。

サスガに、早紀の様子を見て光輝も心配になり、
璃子と光輝は、なんとか、元気づけようとするが。。。やっぱりダメ。
とそんなとき、。。酒を飲んだ早紀は、愚痴りはじめ、、、酔いつぶれてしまう。
璃子のように幸せな家庭を持てないし、光輝のように地位もない。。。と。

璃子は、早紀の10年日記を読み、何かを感じ。。。。。

翌朝、正登、光輝を呼び寄せ、大混乱で、、、璃子は大喜び!
が、、そこへ、先日の弁護士・中島剛志(平泉成)が訪ねてくる。
引退し田舎に帰ることにしたという中島は、
色々とメモをしたノートを早紀に手渡し、“あなたなら良い弁護士になれる”と。

早紀の部屋を後にした璃子と光輝
光輝は、警察署で。。。璃子は、自宅で。
自分たちの“必要性”について、考えはじめるのだった。

自分は、本当に必要とされているのか??

そんなとき早紀は、正登に呼び出され、
2度目のプロポーズをされようとしていたが、何かを見て、駆け出していく早紀。
と、、そこには、建物の屋上にたたずむ中島の姿が!!

敬称略


全てを失い、目標も。。。。失った。
生きる意味もなくなった早紀。

そんなとき、、、、“友”は。。。。。

ってところかな。


ただ、そこに、“必要”というキーワードで、
友たちも、、色々とまとめたという感じだ。


なかなか、良いお話でしたね。

完全にどん底で、“らしくない状態”を演出しておきながら、
“友”というキーワードで、
かなりベタだけど、うま〜〜〜く、感動モノへ。

そして、、気づく。
“私はひとりじゃない”と。

そして、復活する早紀である。

感情表現の起伏から、親友ふたりとの距離感も含めて、
本当に良い感じですよね。

親友ふたりの物語も重ねているのも、良いところ。

あ。。。。老弁護士もね!!

まさに、ドラマという感じである。

中島“あなたのまっすぐな顔を見ていたら、
 自分を誤魔化して、ダラダラ弁護士を続けているのが恥ずかしくなったんです
 私はまだ人を信じたいんです
 裏切られ、傷つくのが怖くてね。
早紀“良いじゃねえか。人を信じたって
 傷つかないで生きていける人間なんているか!
 先生のように弁護士になれた人が、諦めるなんて言わないでください。
 先生を必要としている人が、この世に必ずいると信じて!

そして

光輝“お前、お母さんが死んでから
 もう誰も喜んでくれないみたいなこと言ってたけど
 冗談じゃない、ここに2人もいるじゃないか
璃子“心の中にたまった悲しさとか不安とか、寂しさとか、
 そういうの吐き出さないから、
 いつまでも、そうやって、ウジウジ惨めったらしい顔してるのよ。
 自分で泣けないんだったら、手伝ってあげる

見事な早紀の復活劇と、友情物語でした。


それにしても、キレがありますよね。
“曲げられない女”をキッチリ演出するかどうかだけで、
物語にテンポを呼ぶだけでなく、感情表現にも利用するんだから!

お見事と言って良いだろう。

しっかし、友2人との物語の重ね方が絶妙ですよね。
自分のコトがあるから、早紀を知る事が出来るし、
早紀を知る事が出来るから、自分も知る事が出来る。
かなり上手く回っています。




あ。。。展開が、ベタすぎるのは、気にしない、気にしない。。。



これまでの感想
第3話 第2話 第1話 
posted by レベル999 at 23:15| 2010年ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

相棒season8 第14話 堕ちた偶像

『堕ちた偶像』

内容
盲腸で入院したたまき(益戸育江)を見舞う右京(水谷豊)尊(及川光博)は、
同じ部屋に入院している少女・山口七海(石井萌々果)と知り合う。
知らない人に声をかけられ全速力で逃げたという。。。七海
母・順子(八木小緒里)の話では、先週の土曜、仕事場に連れて行ったところ、
待っているように言ったが、待ちきれず駐車場へ。
その途中で、声をかけられ、自転車とぶつかり腕を骨折をしたらしかった。
そんなとき、TVに映る男を見て。。。七海は“この人”と。。
公民党のホープと言われる国会議員・江嶋充(田中哲司)だった。
子供が言っていると言うこともあり、証言はあいまいだと思われたが
どうしても気になる右京は、現場へと向かう。
すると、、、米沢(六角精児)の姿。。。。。

近くの多摩川の河川敷で、ビニールシートにくるまれた絞殺死体が発見された。
政治スキャンダルなどをスクープする有名なジャーナリスト安田紘一(竹本孝之)
その安田の事務所が、順子仕事場の会社が入るビルと同じビルに入っていた。

右京は、近くにあったフロンティアという雑誌に安田が書いた江嶋記事に気付く。
出版社に向かい担当の編集者・中原(塩野谷正幸)から話を聞くと、
何らかのスクープを持ってくると言う話があったと分かる。
そして、震災の被災地支援活動などで、安田、江嶋は長年の盟友だという。

実は、警察庁時代の尊は、福祉衛生省の江嶋と顔見知りであったため
そのツテを利用して、江嶋に直接事情を聞きに行くと、
フィガロというクラブに行っていたと証言する江嶋。

そのころ、右京の指摘もあり、安田のコートに入っていた
“ヨハン・コルピ カワラ8レンガ5ブロック1”というメモ書きを調べた捜一。
すると、裏社会にも繋がりの噂のある大手派遣会社グループの経営者・石堂道隆
が浮かび上がってくるのだった。

それは安田が、石堂の金の流れを追っていた可能性を意味した。。。
だが、江嶋のアリバイを証言するママ。
そして、同時刻安田は、とあるトンネルにいるという完璧なアリバイ。

一方、管轄省庁に江嶋が進めている美戸川病患者救済特措法案について、
話を聞きに行った尊は、奇妙な事実をつかむことになる。
官僚トップの邪魔で、長年動かなかった法案が、
先日、、、突如、成立に向け動き出したと!

そんななか、たまきから、、七海の見舞いに江嶋がやってきたと聞き。。。。。。


敬称略



とある少女と知り合った右京と尊。
その少女が奇妙な証言をする。

男に追いかけられて、怪我をしてしまったと。
その男は、、、、、国会議員!
そんななか、その議員の盟友と言われるジャーナリストの遺体が見つかり。。。


ってところだ。



尊『あなたは、自分のために金を受け取る人間ではありません。
  ですが。。。。。

どうしても、苦しんでいる人を助けたい。
その気持ちを突いてくる、、、悪意。

そして堕ちてしまった男のお話だ。

偶然が事件の詳細を明らかにするネタとしては、
悪くはないサスペンスだったと思います。

そこに、『相棒』としての定番と言って良い、、、堕ちてしまった犯人。

いつだったかのように、暴走しているような感じではないのだけが、
わずかに救いのようではあるが、

やはり、それはそれ。。。ホープの瀬戸際。

キッチリと、対比させているところが、らしい部分でしょうね。

最後の最後、不逮捕特権を捨て、
自分の信念を魅せたのが、見どころ。。。。でしたね。

間違いを自分で明らかにする。

相棒らしい。なるほどの結末である。
この手の雰囲気って、序盤では良くありましたよね。。。




今回、悪いことではないが、少し気になったことがある。
この手の物語では、右京の記憶や、小野田からネタ、証言を引き出すことが多い。
が、今回、、尊の人脈を利用した!

これ、本当の意味で、『相棒』として動きだした感じがしますよね。

だって、右京人脈を使うことはレアで、たいていは小野田。
以前の亀山君では、かなり無理がある。
完全に、尊の特権であると言えるだろう。
もちろん、都合が良過ぎと言えば、それまでになってしまうのだが

が、、、このままでは、尊の存在の意味がなくなってしまう。

なら、こういった使用方法は、あってしかるべきだろう。
多少、強引ではあるが、良いアイデアだったと思います。


これまでの感想
第13話 第12話 第11話 
第10話元日スペシャル 
第9話 第8話 第7話 第6話 
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話2hsp 
posted by レベル999 at 22:10| 2010年ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。