TBコメントは、本家へm(__)m

2010年01月19日

まっすぐな男 第2話 ちょっと、迷走、、、、

『キレた男』

内容
奇妙な女・栗田鳴海(深田恭子)に出会った松嶋健一郎(佐藤隆太)は、
自分を貫き通したため、営業から、現場へと異動させられてしまう。
友人の熊沢(田中圭)日下英樹(遠藤雄弥)からは、バカにされ。。。。
救いは、町田佳乃(貫地谷しほり)の“良いと思う”の言葉だけ。

そこへ鳴海から連絡が入る。“助けて。。。”
放っておけという友人達の言葉を聞かず、どうしても気になった健一郎。
鳴海の部屋に行くと。。。。ゴキブリ!?
処理をしたあと、“2度と電話してくるな”と言い残し健一郎は去っていく。

そんななか
上司の山崎芳樹(宇梶剛士)から復帰のチャンスをもらう健一郎
周辺住民に反対されているマンション建設計画の説明係だった。

同じ頃、鳴海の元恋人・国枝(波岡一喜)が。。。鳴海を訪ねてきていた。
逃げる鳴海。。。。

その後、フロンティア建設に現れる国枝。狙いは健一郎のようだった。
話を熊沢から聞いた健一郎が鳴海に問いただすと、
どうやら、つきあっていた時に、鳴海が原因で大麻栽培で逮捕されていたよう。
最近出所してきた国枝に、健一郎に言われてやったと、伝えた!?と言う鳴海。

完全に、窮地に陥ってしまった健一郎であった。
やがて説明会に現れる国枝。。。。。。。


敬称略


気のせいか、、、迷走気味。。。ですね。


前回は、キャラ紹介を強調しすぎて、ウザサが出てしまった主人公。
それでコミカルな物語かと思っていたが、
どうも、、違う。シリアス、、、かな。
ま、これはこれで良いのですが。


気になるのは。今回のお話。

職場復帰のための仕事。。。説明会

鳴海による命の危機

という、、重ねようにも、重ねられない2つのネタを
無理矢理重ねてという印象が強いですね。

正直。。。
繋がりは、ほとんどない。

それでいて、致命的なのは。
最後の最後の説明会で、“悪いところを語る健一郎”という部分以外で、
主人公の“まっすぐな部分”が、ほとんど表現されていないことだ。


極論を言えば、国枝なんて、まったく必要ない。
たしかに、“転機”には、なっているんだけどね。

でも、主人公が、何をしたいのかが曖昧ななかで、
他のキャラ。。そしてゲストなどを描いても意味はない。

たとえば
逃げるなら逃げるで、まっすぐに逃げるんじゃ?
とか、
仕事なら仕事で、まっすぐにそれだけに突き進むんじゃ?
とか
かなり中途半端なキャラ表現ばかりだ。

それでいて、、もう1人の主人公、、鳴海も描こうとする。

こうなってくると、散漫すぎる感じになっている。
あ。。。ゲストも描いているしね!

悪くはないが、あまりにも主人公のキャラが弱すぎる感じがします。



これまでの感想

第1話
posted by レベル999 at 23:04| 2010年ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ライアーゲーム シーズン2 第9話(最終回)信じる心

『禁断の最終回』

内容
セミファイナル後半戦“ゴールドラッシュゲーム”
秋山(松田翔太)は、相手の炎の国から金塊を奪う必勝法を考え出すが、
同じ手を、相手チームの葛城(菊地凛子)がすでに実行し、
完全に、直(戸田恵梨香)秋山の光の国は追い込まれてしまった。
しかし秋山は言葉巧みに、炎の国のマリエ(MEGUMI)川井(姜暢雄)を
味方にすることに成功する。

一方、モモコ(片桐はいり)の密告で、裏切りに知った葛城は、
マリエ、川井を揺さぶり、川井が裏切り自白させることに成功していた。
葛城は、裏切りを知りながら、池沢(忍成修吾)を向かわせ秋山の作戦を再確認。
そしてマリエを使い、秋山の作戦に乗ったフリをさせて、
金塊の強奪作戦を葛城は、マリエに指示するのだった。

そんななか、清蘭(遊井亮子)から
通路の異常が谷村(渡辺いっけい)に報告されるのだが。。。

その後、秋山、葛城の見えない戦いで、
様々なやりとりが行われ、、、ついに、15ゲーム目終了。
フォリルにより、お互いの部屋の映像、スピーカーが繋げられ、
葛城は、秋山に勝利宣言をする。

“私の勝ちです”

だが発表された結果は、、光の国42。炎の国6。
残りゲームが5ゲームとなり、光の国が圧倒的なリードになっていた!?

秋山が、話し始める。。。裏切ったはずの川井が、裏切っておらず、
葛城が信用した池沢が、すでに裏切っていた。。。。。。。
そう!葛城の作戦に乗るフリをして、
秋山の指示により、マリエ、川井、池沢が動くという
葛城の裏をかいた作戦だった!!


敬称略



ヒトコトで言えば、、直の世界。。。でしょうか。


“俺たちは、直ちゃんに従ったんだ
 全員を救うと言っていた。
 いるんだよ、そういう人間も。

圧力をかけ、人を従わせていたつもりが、
直の人を信じる心は、葛城の作戦を狂わせた。

“わたしは、あなたにないモノを持っていたはずなのに。
 どうして。。。。
 神崎直さん、私はあなたのような人を認めません。
 終わらせましょう”


秋山と葛城。

丘辺“君にないモノを葛城君が持っていた

戦うあまり、失ってしまった葛城。
戦いの中で、直との接触で得た秋山

秋山“何だったんだろうな
  お前にあって俺にないモノって
  きっと、これが答えだ。


直の世界が、多くの人に影響を及ぼしていった“結末”ですね。

ま、ゲームの詳細自体は、分かりにくさは存在するが、
過去を絡め、変化する姿を描いた人間ドラマとしては、

悪くないお話だったと思います。


最終的な、直の決断も。。。。“らしい”というところか


ただまぁ、、、
本当の意味での結末が、映画ってのがねぇ。。。。。。


ドラマ全体を見て
ドラマとして、第2弾となった今作。
それなりに楽しめたドラマだったとは思いますが、
正直。“ライアーゲーム”=“ダマシあい”としては、どうかと思います。

ドラマの盛り上がりとして、ゲームの分かりにくさもあり、
極論を言えば、映画のために引き延ばしてドラマ化した印象しかない。

たしかに、秋山達が変化しているのを表現したと言えば、
そういうことだと言えますが、どうもねぇ。。。。

それを言い出せば、完全に、福永が足を引っ張っているしね!

面白くなかったとは言いませんが、
せめて、もう1歩、、直を前に出して欲しかった気がします。
ちょっと、、、シーンが少なすぎて、
秋山VS葛城ばかりという印象が。。。。。

とりあえず、映画ですね。
さてさて、、どうするかな。。。

それほど“見たい!!”という感じの結末でもなかったしなぁ。。。。



これまでの感想

第8話 第7話 第6話 
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話
posted by レベル999 at 22:08| 2010年ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。