TBコメントは、本家へm(__)m

2010年01月18日

コード・ブルードクターヘリ緊急救命THE SECOND SEASON 第2話 自らの道

『自らの道』

内容
藍沢(山下智久)は、入院している祖母・絹江(島かおり)のもとに、
“山田一郎”という人物が度々見舞いに訪れていることに気付く。
絹江は、知らないという。。。
病室によく行く藤川(浅利陽介)に聞いてみても、知らないと。

同じ頃、冴島(比嘉愛未)の恋人、悟史(平山浩行)の容体が急変していた。
延命を望まないという悟史。
橘(椎名桔平)らは、転院でいる状態ではないと判断。
わずかな治療しかできない。。。。

一方、緋山(戸田恵梨香)は、焦っていた。
心臓の手術を受け、白石(新垣結衣)と比較してもフライトをしていない。。
白石は、治療をするよう勧めるのだが、緋山は拒否。

そんな病院に、次々と、患者が運ばれてくる。
夫婦ゲンカで、妻・北山弓子に灰皿を当てられた夫・治。
整形手術の失敗で、顔が腫れた女・大森奈津。

そのころ、入院している脳腫瘍の患者・小宮山は、、大暴れ!
藤川が骨折を発見し、橘が治療。
初めて藤川は、ほめられるのだった。。

やがて脳腫瘍が発見された北山治。
北山夫妻は、記憶を無くすリスクのあるオペによる延命を選択する。、
そして、大森の容体が急変。。。意識不明。。。。

そんな状態の中、工事現場の事故でドクターヘリ乗る藤川、橘、冴島。
現場には、血まみれの男と、、少し元気そうな男。。ふたり。
血まみれの男の治療を開始し橘は、もう1人の男の治療を藤川に任せる。

が、藤川が治療を開始した男・井上正俊が、突然倒れ。。。。。
戸惑う藤川。。。すると、橘は、藍沢に連絡を入れさせ。。。。



敬称略




若干、ヤリスギ感は漂ってはいますが。。。。。


ほめられ、必死になる藤川。
が、、、命を救うことが出来なかった。。。

緋山が検査をして大丈夫だった女性。
が、、、急変。。。そして、、、死。。。

白石が担当の患者は、
延命のため、記憶を失うリスクを。。。。が、、記憶が。。。。


藍沢“外科医は、死を避けて通れない”


ま、、ある意味挫折。でも、ある意味成長。
そんなお話である。


実際、“1”から繋がっているため、
いまさら。。。と言う気もしないでもないが、

成長し、努力し、それでも、ダメなモノがある。
それは、、藍沢も同じ。

いわば、“1”では、力不足の3人だったが、
“2”では、それなりの力を得てもダメ。

力の限界、、、、いや、医療、治療の限界と言った方が良いでしょうね



だから、たしかに、既視感はあるんだよね。
それをどう捉えるかですよね。

“成長”していない状態で、知る事と、
“成長”してから知るのには、意味が違うと思いますし。

“卒業”というモノが、最終的な部分なのだから、
その意味では、成長と挫折を両面見せた方が、

成長が際だつとも言えます。

そう考えれば、
初回では表現しきれなかった“1からの成長”を見せたと言うことなのだろう。

奇跡だけでは、リアリティは表現できません。そういうことだ。



ま、、考え方ひとつですけどね。。
だって、
どれだけ評価しようにも、既視感は拭えませんから!!

それにしても、
成長して分かったこと。

みんなが、『1』以上に別々に行動しているため
ネタが盛りだくさんすぎます!!!



これまでの感想

第1話
posted by レベル999 at 22:04| 2010年ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハンチョウ〜神南署安積班〜シリーズ2 第2話 奪われた拳銃

『奪われた拳銃…要求は安積の生命と5000万』

内容
安積班は、運び屋の情報から張り込みをしていた。
やがて現れた拳銃の密売人・片山(後藤健)の確保に成功するのだが、
その捕り物の最中、一丁の拳銃が消えてしまった。装填されていた実弾は5発。
そんななか、神南署に、拳銃を拾ったという人物から脅迫電話が入る。
“現金で五千万用意しろ”

金子課長(田山涼成)に、なんとか用意してもらい、ナンバーも控えた。
すると、そこに犯人から電話が入り、指示が飛ぶ。
北谷公園に安積1人で持ってくるようにということだった。
走る安積を追うように、公園を囲む安積班。
と、再びケータイが鳴る。安積班の行動を見ていたようで、“取引は中止だ”
次の瞬間、安積の近くを歩いていた女性・樋口梨果(森田彩華)が、
拳銃で撃たれてしまうのだった!!
大失態。。。。ニュースにも流れる。。。。失態。

命に別状はなかったが、病院に向かい梨果に謝罪する安積
するとそこに、梨果の父の友だちという小田島誠(神田正輝)が見舞いに訪れる。
“市民を命がけで守るのが、警察官の仕事じゃないですか!!”
ショックでしかなかった。

その病院の帰り、
“もう一度、取引だ。明日、連絡をする”という犯人からの電話が安積に入る。

翌日、防弾チョッキを着た安積は、犯人の指示の交差点へと1人走り始める!
付いた途端、犯人は、宮下公園に移動を命じる。
が、走っている途中、、犯人から“取引中止”の連絡が!!
次の瞬間、銃声が鳴り響き、
近くにいた通行人・山岸竜也が再び狙撃されてしまうのだった。

犯人の意図がまったく分からない。
狙いは、金でなく、、、通行人を撃ち、安積を困らせているのでは?
そんななか安積班の会議で、村雨(中村俊介)がある可能性を指摘する。
犯人は、通行人を狙っていたのでは??
調べたところ、山岸には前科があり、
現在21の山岸が、6年前、川村早紀という女子高生を殺していた。
その山岸の仲間のひとりが、安積が病院で会った鹿沼隼人であり、そして梨果。

やがて、鹿沼を調べている男が浮かび上がる。。。。元刑事・小田島だった。。。


敬称略



捜査中に奪われてしまった拳銃
その拳銃をもとに身代金を要求する犯人

だが、安積達の捜査中に、通行人が狙撃!
そして、、、ふたたびの狙撃!!

調べていくウチに浮かび上がる6年前の事件。
撃たれた2人は、6年前の殺人事件の加害者だった!!


ま、、、そういうことだ。

犯人自体は、バレバレなので、それはどうでもいいこと。

今回のお話は、復讐劇である。

その復讐劇に、安積班の失態を描き込むという、意外性!
そして、、、思っていた以上の知能犯!


なかなか、良い出来のネタである。


はじめの時点で、偶然性はありますが、
受け取る予定だったので、これはこれでokだろう。

最終的には、
狙撃し、仕留めることをしなかったことを指摘する安積。

『あなたが刑事だからだ!』

そして、殺された娘を出して説得。。。と
丁寧な人情オチである。

『娘さんも、願っているはずです』


分かり易くて、良いですよね。安積の娘のことも、わずかに入れましたし。


ベタ展開ではあっても、良く描けていたと思います

やっぱり、今回は、神田正輝さん。。。かな。。
存在感がネタバレに繋がっていますが、
それがまた、オモシロ味になっていますよね



難点があるとすれば、ベタすぎると言う事だけか。。。

もう少し、前作のような小料理屋シーンがあっても良いかもね!
雰囲気が足りない感じがします。

これまでの感想

第1話
posted by レベル999 at 21:19| 2010年ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。