TBコメントは、本家へm(__)m

2010年01月17日

特上カバチ!! 第1話 法テクバトルの嵐

『法テクバトルの嵐』

内容
大野勇(中村雅俊)の大野行政書士事務所で、
行政書士を目指しながら働く行政書士補助者の田村勝弘(櫻井翔)は、
今日も、金ももらわず、人助け!
大家さん柿崎晴子(田丸麻紀)が、夫・松郎(渡辺いっけい)と大げんかに介入。
話を聞くと、、、高価なツボを買ったらしい。。
すぐに、田村の教育係でもある通称パンチ・ゴリラ栄田千春(高橋克実)と
その教祖(前田美波里)のもとに向かい、、、クーリングオフ!!
でも、、金をもらわなかった。。。
そのため、事務所の一番の古株の行政書士・重森寛治(遠藤憲一)からは、
いつも通り、大目玉を食らってしまう。

そんななか、大家さんが仕事を持ってくる。
果物屋の中山正(吉田栄作)が、幼なじみの上杉哲夫(田口浩正)から
運転資金で400万を借り、その返済を求められているというのだ。
口約束ではあるが、返済を猶予してもらったという中山の話を聞き、
上杉宅へと栄田と向かう田村。
するとそこには、上杉と妻・衿子(平栗あつみ)と
そして、、ふたりが相談している行政書士の住吉美寿々(堀北真希)の姿!
上杉にはどうしても返済をして欲しい理由。
息子・賢が大学に合格し、入学金が必要で、
見た目以上に生活が苦しく、どうしても金が欲しいと言う事であった。
口約束でも法的には有効であることを田村が上杉に話をして、
一応、納得してもらった。
上杉家の状態を中山も理解したが、それでは店を潰しかねない。心痛む中山。

それから数日後。上杉から、約束をした覚えはないと言う連絡が入る。
美寿々の作戦であった。
口約束は水掛け論、、、と、証拠がないと言いきる美寿々。

“そんなカバチが通用するか!”
と、怒る田村であったが、約束の立証責任は田村側にある。。。。
痛いところを突く美寿々は、中山商店の経営状況開示を要求してくるのだった。
仕方なく、開示したがため、、、今度は、中山の経営方針に攻撃!
そのうえ、中山が商品を売っている店のママ(梅垣義明)らに対して、
金を支払うよう要求するような書類を送りつけ。。。。。

美寿々のやり方に、完全に追い込まれていく田村。
どうにもならない状況に陥ってしまう。
すると、、“大先生”の大野は、田村に言う。

“依頼人のために、全力を尽くせ!!”


敬称略


↑長くなりすぎてしまった。。。。
っていうか、、メイン以外の、ゲスト、、どんだけいるんだよ!!
あ。。もちろん、悪い意味ではありませんよ。


公式HP
http://www.tbs.co.jp/tokujyokabachi/



人情家の田村勝弘は、行政書士を目指し、補助者として働いている。
ある時、任せられた仕事に、苦悩する。
依頼人と相手は、、、親友。
が、その親友に“豪腕行政書士”が付いたために、大苦戦。

タダ、田村は考える。
依頼人を救おうとすれば、、相手の家はメチャクチャに。。。
両方救う方法はないのか??

大野“依頼人の利益を守るってことは、
  相手側を地獄に突き落とすってことなんだ
  それが、俺たち、法律家の仕事だ

というのだが、

“そんな心を失った法律家なんて、
 俺、なりたくありません!!”


ま。。。そういうことだ。


第一印象としては、悪くはない感じですね。

難しい言葉だって、ある程度分かるように説明がなされているし、
次々と展開するテンポも、かなり良い感じだ。
それに、無駄なネタと思われるような、細かい事案も
そのあとに利用し、主人公の心に訴えるネタに昇華するなど。

ドラマとしても、良く作られている感じだ。

この手の法律モノの作品って、
どうしても、専門用語が飛び交い、それが分かりにくさに繋がってしまいがちだ。

が、その部分を上手く演出することで、
それなりに理解しやすくしているのは、本当に良くできている。
そして、明るく、楽しい感じ、、イヤ、軽くかな。。
そういった演出も、“好み”はあるのだろうが、
取っ付きやすくしているのは確かであろう。

あとは、、ホント、演出も含めて“好み”だよね。

悪くはないとは思いますけど、イヤな人は、イヤだし!

初回にしては、良い感じだったと思います



ただ、少し気になってしまったのは、
小ネタで、細かく事案を色々入れてきたこと。
これはこれで、色々な意味での楽しさはあるし、
“仕事は、何?”というのを説明するには丁度いいとは思うのだが、

少し、、、多すぎた感じがします。
ギリギリだけどね!

posted by レベル999 at 22:26| 2010年ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

龍馬伝 第3回 偽手形の旅

『偽手形の旅』

内容
嘉永6年
江戸の千葉道場への修行名目で、龍馬(福山雅治)の江戸行きが決まった。
同じ頃、龍馬を目の仇にする弥太郎(香川照之)も江戸行きに必死になっていた。

やがて父・八平(児玉清)兄・権平(杉本哲太)から“心得”を手渡され、
姉・乙女(寺島しのぶ)、加尾(広末涼子)らに見送られ、
案内人の溝渕広之丞(ピエール瀧)とともに、龍馬は江戸へと旅立っていく。

旅をしてすぐ、謎の男が後をつけてくる。。。。弥太郎(香川照之)!?
許しを得たと言う事、、、、同行を快諾する龍馬、3人での旅となるのだった。
そして、、土佐の番所での取り調べで弥太郎が出した手形には、倉田安兵衛!?
偽の手形を作って、やってきたのだった。
バレたら溝渕に迷惑がかかると、連れて行けぬという龍馬。
それでも弥太郎は、龍馬の後を追いかけまわしはじめるのだった。。。。

同じ頃、加尾は、兄・収二郎(宮迫博之)に縁談を断ってくれるよう告げていた。

バレれば打ち首。。
はじめは、拒絶していたが、どうしても気になる龍馬は、弥太郎に心許す。
そんななか、弥太郎の父・弥次郎(蟹江敬三)が作った借金で大騒動に!!

敬称略


江戸へ旅立った龍馬。
弥太郎も、、、弥太郎なりの意地で、、偽手形を用意して追いかける。

打ち首。。。

龍馬なりに理解しようとするが、拒絶する弥太郎。

龍馬“わしは恵まれているかもしれん、
  でも、わしも覚悟を決め、出てきた。
  おまんと一緒じゃ
弥太郎“おまん、飢えたことがあるか?
  這い上がりたい  
  わしは、どんなに頑張っても、誰も助けてくれん
  江戸にやろう言うヤツもおらん。
  なのに、、、おまんは、、、、
  わしはのう、何もかも捨ててきたのじゃ。
  おまんと一緒にするな

弥太郎の覚悟。。。“差”を知らされた龍馬。

それでも龍馬は。
“一緒に行こう弥太郎
 おまんの覚悟分かった。おまんの力になっちゃるき”

が、、四国の最後の番所で事件が発生!!

(一部翻訳済み)



ま、、なかなかの青春物語である。

相手を理解したい。。わかり合える、でもわかり合えないふたり。

お互いの気持ちをぶつけ会う、龍馬と弥太郎。
厳しい身分差も、再び描かれ、

悪くない、、、青春モノだったと思います。

途中、、殺陣もあったし。

キッチリ気持ちが描かれているし、
イベントの緊張感もあり、時代劇の楽しさもある。

家族の違い、、いや、家格の違いかな。。違いも描かれていますしね!!


“嫌いじゃ”と言いながら龍馬を助けるなんて。。。
弥太郎の本心が見える部分ですね。


前回の状態なら、どうなるかと不安でしたが、
これくらいならば、、、

時代劇としては、ベタな展開ではありますが、
武市半平太でネタフリもしているし。。

分かり易いし良い感じだったと思います。



ちなみに、、少し気になっている部分もあるんですけどね。
たとえば、、、龍馬家族。
時間内に収めるならば、これくらいなのだろうが、
もうちょっと、龍馬との関わりを描いても良いくらい。
実際、トラブルにしても、あそこまで長い必要ないしね!

これまでの感想

第2回 第1回 
posted by レベル999 at 18:55| 2010年ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

仮面ライダーW 第18話 友は風と共に

『さらばNよ/友は風と共に』

内容
バーバー風のマスター江草(あご勇)から娘・茜(今野真菜)探しを依頼され、
その友人・統馬(木村遼希)が変身したバード・ドーパントを倒し、
メモリブレイクしたのだが、壊れない。それどころか、副作用が発生する。
そこへ、霧彦(君沢ユウキ)のナスカ・ドーパントが現れ、
フィリップ(菅田将暉)翔太郎(桐山漣)は、ファングジョーカーへ。
戦いはじめ、何とか、霧彦を惹かせることに成功する。

“言ったよな、お前も、この街を愛してるって
 もう子供達に、あんな涙を流させるな

だが、茜の様子がおかしいことに気付いたフィリップが、再検索したところ
ようやく、全てを話し出す茜。
元々、謎の女からガイアメモリを手渡されていたのは、茜だった!

一方、園咲家に疑問を感じた霧彦は、屋敷の中を探索はじめると、
妙な部屋を見つける。。
そこにいた琉兵衛(寺田農)から、知らされる目的。。。。。。

そのころ、バード・メモリに取り憑かれた茜の前に冴子(生井亜実)が。。。


敬称略


“地球の記憶”

園咲、、ならぬ、その先にある真の目的も気になりますが、

やはり、今回は、霧彦だろう。


『どういう風の吹き回しだ
『言っただろ、私も、この街を愛していると。

なんか、ほんと、どこに行くか分からない位置づけのキャラでしたが、
終わってみれば翔太郎と同じく、『風都を愛する人』

セリフ回しでも、息が合っているし!!

“フラグ”は、ともかく
ここに来て、カッコ良く、存在感を増してきていただけに

普通に残念な、退場劇でした。

最終的にやられちゃった姿も、なかなか、、魅力的だったのにね。



ただまぁ、解明されていないモノを、解明しようとしている部分があるのだから
“何か”があると、、勝手に期待しておきます。

無理かなぁ。。。復活。。。


最後にヒトコト。
目的の一端が明らかになったのだから、
今作は、丁寧にそして、ハッキリと描いて欲しいモノである
敵サイドの目的がシッカリしたモノでないと、
いつまで経っても、前作のようにモヤモヤしたモノが残るような気がします。

ここまで、良い感じできたのだから、、、、何とかして欲しいモノだ。

これまでの感想

第17話 
第16話 第15話 第14話 第13話 第12話 第11話 第10話 第9話 第8話 第7話 
第6話 第5話 第4話 第3話 第2話 第1話 
posted by レベル999 at 08:43| 2010年ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。