TBコメントは、本家へm(__)m

2010年01月14日

エンゼルバンク〜転職代理人 第1話 価値ゼロ円の女

『主婦の再就職!価値0円と言われた女』
“価値0円の女!!離婚主婦の再就職

内容
栄琳高校に勤務する井野真々子(長谷川京子)は、
校長に抗議し勢いで退職届を出したところ。。。受理されてしまう。
親友の野々村南(村上知子)から“転職セミナー”の話を聞く。

会場に向かったところ、先日、スイーツ店で言い合いをした男!?
その男こそが、“転職のカリスマ”と呼ばれる海老沢康生(生瀬勝久)だった!!
そして海老沢から告げられる。。。
“あなた。転職の相場で、価値ゼロです”

友人の藤川花凛(新垣結衣)が、就活するという話を聞いているウチに、
真々子は、価値を上げる方法を思いつき、海老沢に話しにいくのだが、
ふと気付いてしまう。。。。辞めないのが最善だった?
すると、海老沢は、自分の下でアルバイトをしないかと誘うのだった。
なんとなく了承する真々子。

そんなとき、海老沢のもとに、依頼人が訪ねてくる。
主婦の長野弥生(奥貫薫)35歳。
9時5時の仕事で、年収500万を希望しているという。
が。希望する仕事はないことを告げた海老沢は、希望年収を下げるように勧める。
その海老沢の冷たい態度に怒った真々子は、入構証などを手渡された上で、
弥生を転職させるよう命じるのだった。
成功させれば、素晴らしい転職先を紹介するという海老沢。

その後、弥生に話を聞くと真々子。
弥生の話では、4歳の娘・美菜がいて、夫・秀彦と別居状態。
離婚するのに子供を要求したところ、
今月中に500万以上の職を見つけることが出来ればと条件をつけられたという。

同僚となった小笠原マナミ(大島優子)にデータベースで探してもらってもダメ。
それならばと、営業をする田口僚太(ウエンツ瑛士)と一緒に職探し。
すると、、、英語が出来れば、、、と言う条件の仕事を見つける。
弥生に英語の指導をしながら、家事手伝いまでお節介をやく真々子。
必死になって真々子のために働くが、、、結局、ダメだった。

そこに、想定内だという海老沢が現れ、現実的な選択を勧める。
ユニバーサルマインドという会社を田口が勧めるのだが、
担当者の態度に激怒する真々子。
大失敗だった。
力になれなかったことにショックを受け、海老沢の元を辞めようとしたところ、
以前、海老沢に連れられ向かった畑のおじさん・・・中森勘一(小野武彦)が!
なんと、、、ユニバーサルマインドの会長で、、担当者に謝罪させた上で、、、、

敬称略


公式HP
http://www.tv-asahi.co.jp/angelbank/



転職というモノをテーマにしたドラマ。

仕事を辞めてしまった女教師。
ちょっとした縁で出会った“転職代理人”に勧められ。。。。

親身になって、、相談相手となり。。。解決していこうと奮闘!!


ま、、、熱い女。。。そんなことのようだ



原作は、当然未読である。


あまり期待はしていなかったが、
それなりに楽しめそうな感じ。

もちろん、完全に、、ガチガチに固まっているお話の流れはありますので、
都合が良過ぎと言えば、それまでだし
実際、そんな印象が強いため、妙なモヤモヤ感はあります


ただ、
主人公の行動が分かり易いため、
単純に、楽しめるようなカタチにはなっているので、
俳優さんが気にならなければ、それなりに楽しめる感じではある。

それなりに小ネタも入れられ、テンポも良いしね!

思っていた以上に良かったのは、
いい加減な感じに見えていて、実は論理的な海老沢なのは言うまでもない。

主人公とのやりとりだけでなく、
ま、、、一定のオモシロ味は存在します




あとは、御都合主義的なお話を
どれだけ、、、その方向で見せないか?でしょうね。。。。

やはり、そういう物語って、ワンパターンになっちゃいますし。
それこそ、、“会社”のキャラを、もっともっと使って欲しいところ。

ちょっと、使い方は甘かったかな。。。。
何のためにいるのか分からないキャラもいるし!


とりあえず、
頭をフル回転させずとも、気楽に見ることが出来そうである。

posted by レベル999 at 22:38| 2010年ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NHKドラマ8 とめはねっ!鈴里高校書道部 第二回 ダンシング書道

『ダンシング書道』

内容
ある日のこと、砂浜で妙なおじさん(ダンカン)に出会う結希(朝倉あき)。
話していて、、書道部の集まりに遅れてしまうのだが、
そこは、ライバルの鵠沼(くげぬま)学園書道部の日野よしみ(奈津子)たちが、
音楽をかけ、書道パフォーマンスをしている場所だった。
鵠沼から招待状を送られた鈴里高校書道部。
部長のひろみ(亜希子)杏子(赤井沙希)詩織(浅野かや)は、
その鵠沼のあざとさに不愉快になるのだが、結希は、パフォーマンスに感動。
そしてライバル心むき出しで挑発するよしみに、結希が乗ってしまい、
鈴里書道部もパフォーマンスをすることになってしまうのだった。

だが、大江縁(池松壮亮)は、不安に感じる。。。
いまのままでは、縁と結希が、みんなの足を引っ張ってしまう!!
そこで顧問の影山(八嶋智人)から、書道を一から教えてもらう2人。
でも、どうしても、字が上手くならない結希。
書道部のみんなは、曲を選択し、衣装造りにも励んでいるのに。。。。

そんななか、三浦清風(高橋英樹)から、
箸にも棒にもかからないと、、鈴里の恥になると酷評される結希と縁。
悩んでいた結希は、書かない、、出ないと。。。みんなに言ってしまう。
砂浜で落ち込む結希をみて、、、おじさんが慰めるのだが。。。。。

一方、結希を気遣う縁は、家に帰り祖母・英子(山本陽子)に相談。
すると、、、一冊の本を縁に手渡してくれるのだった。

数日後。。。パフォーマンス当日。

敬称略



ライバルの挑発に乗り、パフォーマンスをすることになった鈴里高校書道部。
だが、、
練習しても、上達しない結希。。。。そして、縁。
そんなとき縁の祖母が。。。。。。

そんな感じですね。


まずはヒトコト。


面白いじゃないか!!

この言葉に尽きます。


全体として結構、良いですね。

若いってコトで、初々しさが前面に出ているのが
明るさに繋がり、楽しさに繋がっている感じだ。

選曲も、。。。。なかなか。


様々な、イベントもあり、
楽しく、ほんとうに面白いお話だったと思います。

もちろん、今回も、高橋英樹さんが、締めているのは言うまでもない。

演出上の緩急の付け方が、素晴らしいですね。


そして、それぞれに悩みを描いているのも
ドラマの盛り上げています。
あたりまえのことを、あたりまえである。




ただまぁ、少し窮屈ではありますが、
人物紹介と、ちょとしたネタフリも混ぜているのが、

思った以上に無理がない感じで、良いですね。

わたし的には、ネタフリ部分が一番満足度が高かったかな。

気のせいか、、、
このドラマ、、かなり良い感じで回り始めている雰囲気を感じ始めました




これまでの感想

第一回 
posted by レベル999 at 20:40| 2010年ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。