TBコメントは、本家へm(__)m

2010年01月12日

まっすぐな男 第1話 曲がりくねった女

『曲がりくねった女』

内容
フロンティア建設の社員・松嶋健一郎(佐藤隆太)は、曲がったことが嫌い。
相手が誰であっても必死になる男だった。
ある日のこと、
同僚で親友の熊沢志郎(田中圭)と、取引先のパーティーに出席した健一郎。
招待状を無くしていた健一郎は受付で驚く。
赤い服を着た若い女が、健一郎の代理で来ているという。
会場を探すと、やはり、、、女。。。。栗田鳴海(深田恭子)がいた。
健一郎が問い詰めても、悪びれもせず、食事を続ける!?
まったく理解できない女だった。。。。
すると、突然、鳴海は腹を抱えだし。。。。慌てて病院に連れて行く健一郎。
ただの食べ過ぎで、ひと安心。
だが、所持金が300円しか無く、
“絶対あんなコトするんじゃない”と金を手渡し健一郎は立ち去っていく。

翌日、、、会社に健一郎を訪ねてくる鳴海。
借りた5000円ではキリが悪いので、あと5000円を貸してくれと言う!?
“貸す義理はない”と一度は断った健一郎だったが、
“義理はなくても人情はあるでしょ”という妙な説得に負けてしてしまう。
食事をおごっただけでなく、話の流れで、仕事を紹介することに。。。。。

数日後。
インテリアデザイナーの山口達彦(津田寛治)に
アシスタントにと、鳴海を紹介する健一郎。
だが、直後、会社の桑田佐智子(さくら)から連絡が入る。
鳴海が山口のところから金を盗もうとして逮捕されたという!!!
健一郎の紹介だったこともあり穏便に済ませてくれた山口。
上司の山崎芳樹(宇梶剛士)には、関わらない約束をする。

翌日。。。思いがけないことが起きる。。。
鳴海が金を持ってきて去っていったという。。。。。
すぐに追いかけた健一郎は、鳴海の起こした事件を叱りつけるのだが
“いつでも自分が正しいと思ってんの?”と言い残し立ち去ってしまう鳴海。
すると、、、鳴海の横にいた、友人の萱島ゆきえ(佐々木希)が。。。。。。


敬称略


公式HP
http://man.ktv.jp/index.html


第一印象として。。。脚本・尾崎将也作品。。。そんな感じである。

近いところでは、阿部寛さんの“結婚できない男”の脚本家さんだ。
他にもあるが、これが一番近い雰囲気でしょう。



曲がったことは大嫌い。まっすぐな、、、まっすぐすぎる男。

そんなキャラクターを佐藤隆太さんが演じているのだから、
ほとんど、“あて書き”に近い状態だ。

そこに、
明らかに正反対な女。。。。曲がりくねった、、ひねてしまった?女の登場だ。

言ってみれば、
正反対の男と女の出会い。というシチュエーション。

これもまた、定番ですね。

結構分かり易く、
多少のくどさはあるが、キャスティングの面白さもあり、
なかなか、、、思った以上のドラマになるかもしれませんね。

ちょっと驚いたのは、
最後に。。。。。“オチ”をつけてくるとは!!!


コメディタッチの恋バナ。。。いや、、、ちがうな。。。青春ドラマかな。。。

全体的に好感が持てる感じで、テンポも良く、
小ネタも、結構効いているし、
色々な意味で見どころ満載ですね。

そしてセリフのやりとりが抜群!!

“縁があって関わった以上、出来ることはしてやる義務がある”

バカですね(笑)

“紹介する気がないのに話題に出さないで”

目からウロコである。



ただ、注意点が1つあるとすれば、
あまりにも良い人過ぎて、あまりにもまっすぐ過ぎて、

それが“くどさ”に見えてしまっているところ


このあたり、、コミカルだし対比の女もいるから、ナントカなるだろうけど。
ここだけは好みの差が出る部分でしょうね。
posted by レベル999 at 23:30| 2010年ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ライアーゲーム シーズン2 第8話 見えない戦い

『天才と天才の秘密』

内容
かつて、犯罪心理学の丘辺(石橋蓮司)の下にいて競い合っていた2人。
秋山(松田翔太)と葛城(菊地凛子)

その因縁から6年。
ライアーゲーム・セミファイナル前半戦
天使と悪魔ゲームで競い合っていた。。。。
だが、時間制限一杯になり、安川(春海四方)の十字架が足りない!!
安川を見捨てる葛城であったが、直(戸田恵梨香)は助けて、全員が後半戦へ!

必ず後悔するという葛城に対して、助け合えるという直。

そんななか、セミファイナル後半戦のゲームが発表される。
“ゴールドラッシュゲーム”

それは、3回戦で行った“密輸ゲーム”とほぼ同じ。
それぞれに1億円を貸し出し、終了後に換金
相手の陣地にある3億の金塊を持ち帰るゲーム。
合計20ゲーム行い、相手チームの保安官の目をすり抜ければ勝ち。
ただ、ファイナルステージの辞退、、、勝ち抜けも認められるという。
そんななか、“光の国”として
直、土田(森下能幸)牧園(夕輝壽太)福永(鈴木浩介)秋山、安川
“炎の国”として池沢(忍成修吾)佐伯(武井咲)大塚(MEGUMI)
葛城、川井(姜暢雄)谷中(片桐はいり)
半分にチーム分けが行われ、直、葛城がリーダーとなりゲームが開始される。

福永の活躍で、序盤は優勢に進んだ光の国
そんなとき秋山が、葛城が炎の国を支配している限り、勝機はあると言い始める。
そして、必勝法があると!!!
それは相手チームに内通者を作り、金塊を運ぶという手段。
が、、、その説明を秋山から聞いていた、土田が予想外のことを言う。。。。
すでに、土田、牧園、安川の3人で、自陣地内にあったはずの相手の金塊すべて、
炎の国の金庫に運んでしまい、
残りゲーム数から考えて、逆転は不可能な状態に追い込まれてしまっていた!!
話を聞いていた秋山は、可能性はあると。。。。。。。。


敬称略


最後は、、、、ようやく、ライアーゲームという感じですね。


恐怖政治。。というか、、
金とプレッシャーにより、チームのメンバーを支配する葛城。

それにより、秋山が考えていた必勝法を、葛城チームは完了。
完全に負けが確定した状態に陥った直チーム。

逆に、秋山は、、、、
“こっちには神崎直がいるからな
 このゲームに勝ったら全員救う。そういうやつだ”

直の名前を出して、逆転を狙いはじめる!!。。。が。


ってことである。


ゲーム自体が、
思った以上に淡々と進み、ダマシあいの面白さがほとんどないため、
“分かり難い策略”=“必勝法”が前面に押し出されてしまうことになり、

ドラマとして、人間どおしのやりとりもなくなってしまい、
オモシロ味が、少し失われてしまっている。


ただ、最終的に、
そういったモヤモヤした部分を、別の場所に置くカタチにして、
秋山が“相手を騙そう”という表現になっているため、

なんとか、、“ライアーゲーム”は成立している印象だ。



ゲームシステムはともかく。
わたし的には、もう少し、直接的なやりとりが見たかったのだが、

結局のところ、
ゲームの大きなところで、見えないところで、
プレイヤーを支配しているのが、知能を押し出している秋山と葛城だから、
こう言ったことになると言う事なのでしょうけどね。

その意味での、“見えない戦い”の面白さはあります


ま。。。ドラマとしてみれば、
見えなさすぎているため、
正直なところ、苦痛であるというのも事実であろう。


う〜〜〜ん。。。困ったなぁ。。。
面白さはあるけど、想定内に近いかな。

だって、映画館に行けば、誰が決勝戦に進んでいるか分かるお話だし。。。


見えない戦いが、見える戦いになり
納得出来る“最終回”であることを、願います。



これまでの感想


第7話 第6話 
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話 
posted by レベル999 at 22:22| 2010年ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。