TBコメントは、本家へm(__)m

2009年11月22日

JIN−仁− 第7話 生きる道

『生きる遺言…』

内容
佐分利(桐谷健太)から始まった騒ぎは、
西洋医学所を仁(大沢たかお)が辞めることで収まることとなった。
だが、辞めるという行動で、よりいっそう仁自身を悩ませることになる。
本当にこの世界で生きていく覚悟があるのかどうか。。。。。
そんななか、茶屋の娘・茜(橋本真実)が、揚げ物の油をかぶり大やけど。
そこで、皮膚移植を考える仁は、洪庵(武田鉄矢)に話をし、
大量のペニシリンが必要であると申し出るのだった。
快諾する洪庵は、知人にも見せてやって欲しいという。
紹介された濱口儀兵衛(石丸謙二郎)と洪庵が見守る中、移植手術が始まる。

だが、そんなとき、
山田(田口浩正)佐分利らが作るペニシリンの製造所が猛火に包まれ、
ほとんどすべてのペニシリンを失ってしまうのだった。
その結果に、医学所内の対立が招いたものであると責任を感じる洪庵。

が、それでも、咲(綾瀬はるか)から、作ればいいと促され、
仁たちは新しくペニシリン作りを始めるのだった。
女郎の中にも苦しむ者もいる。。。。早く作らなければ。。。。
仁が決断をして向かったのは、医学館、、、、当然門前払い。

すると、なぜか、山田からペニシリンが届く。
いったい、どうやって??
佐分利が種を明かしてくれる。、、仁が連れられていったのは、醤油造りの蔵。
先日の濱口は、医学所などにも出資してくれている醤油造りのヤマサの当主。
ペニシリン作りのノウハウと似通っていた醤油職人の能力。
すべて、洪庵があとのことを見据えて行っていたことだった。
と同時に、洪庵が病にかかっていることも知らされる。。。。。。。


敬称略



迷いに迷ってきた仁。
今やっていることが良いのかどうかさえも分からない。
ただ、人を救うという、人としての道だけ。

そんなとき、大きな転機を迎える。
最も仁を理解してくれた緒方洪庵の死。

洪庵“医の道は、どこへ通じるとお思いですか
  わたくしは、平らな世に通じると思うています
  天の下に人皆等しくなり
  医学の目指す地平は、そこやと思うて精進しております
  “未来は、平らな世でございますか?
  先生は、未来から来た人でございましょう
  “先生の寂しさを洪庵におわけ下さい。
  冥土に持っていきます。
仁“私は孤独ではありませんでした。
  私のような得体の知れぬものを信じ支えてくれた人がありましたから。
  私は、このご恩にどう報いればよろしいのでしょうか
洪庵“より良き未来をお作り下さい。
  皆が楽しく笑う平らな世をお作り下さい。
  国のため、道のため。
(一部省略)

ついに仁は進むべき道を見つけた。
それは、西洋医学と漢方とが融合した治療が受けられる病院。。。。

“おれさ病院を作ってみるよ。”


ってことだ。


↑まぁ、、ほとんどすべて書いてしまっていますが。

手術をきっかけにして、
信頼が新しい、信頼を生んでいく姿を描いたと言って良いだろう。
そして、龍馬の考えに感化されたどり着いた“答え”

あくまでもドラマですので、細かいことは言う必要はない。

ただ、かなり丁寧に描かれているのは確かである。
すこし、、、龍馬からの手紙はやりすぎですけどね。

でも、何事にも
大きな決断をし、転機を迎えるには“きっかけ”が必要。

そう考えれば、
定番の手術を皮切りに、人間関係をキッチリ積み上げているので
ドラマとしてオモシロ味のある展開になっています。

気になる10円玉は、、、、無視しましょう(笑)


“人には、いかに生きてくべきか、天命を授かるときが来る。”

まさに、仁自身に何かが降りてきた。。。ですね。


少し気になっているのは、
西洋医学所はともかく、医学館の人間との関係がどこにあるのか?ですね。
次回からそのアタリの“融合”があるのかな???
でもなぁ。。。参加者が。。。。

とりあえず。
龍馬を含めて“歴史”だけでなく“ドラマ”も大きく動き始め、
それに伴い、
主人公の仁も歴史のうねりに巻き込まれていくのでしょうね。。。。。。




これまでの感想

第6話 
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話
posted by レベル999 at 22:08| 2009年ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第33話 ブリッグズの北壁

『ブリッグズの北壁』

内容
練丹術を使う少女メイを追い北へ向かったエドとアルは、
ノースシティーに到着していた。そしてブリッグズ要塞へと向かいはじめる。。

同じ頃、スカー捜索隊を指揮するキンブリーは、スカーが北へ向かったと推測。
そしてスカーの乗る貨物列車を発見、乗り込むのだった。
それは、、イシュヴァール殲滅戦以来の再会!
ゾルフ・J・キンブリー。。。兄を殺した紅蓮の錬金術師。。。
怒りを爆発させるスカー!




ついに、スカーvsキンブリー

そして、、、バッカニア大尉。。。
アームストロング少将!!!

ようやく、
物語の歯車が動き出したという印象である。


とりあえず。
キンブリー“常に死と隣り合わせ
   魂を賭ける仕事こそ美しさがある。
   何と、やりごたえのある、私の戦場!!

と、、、なかなか、良い感じだったし。


やはり、アームストロング少将!!
良い感じの怖さと、存在感を見ることは出来た感じである。

“私以外の他人がつけた評価なぞ、いらん。
 私は私の目で人を判断する!”


まだまだ、キーとなる両者の顔見せ段階ではあるが、
それぞれに小気味よい感じのテンポだし、
オリヴィエさま、、、は、ともかくとして、

キンブリーも本格始動で、悪くない感じだったと思います。

顔見せだし、こんなところだ。



個人的には師匠のエピソードを見たいですけどね。。
流さないだろうけど、何らかの形で作って欲しいものです。


それにしても
次回、、、もう、登場なんですね。。。
ってことは、いつ、エドとアルは、再会するんだろう??
かなり、いろいろと削除されている予感が。。。。。。


これまでの感想

第32話 第31話 
第30話 第29話 第28話 第27話 第26話 
第25話 第24話 第23話 第22話 第21話 
第20話 第19話 第18話 第17話 第16話 
第15話 第14話 第13話 第12話 第11話 
第10話 第9話 第8話 第7話 第6話 
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話 
posted by レベル999 at 17:41| アニメ&特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

仮面ライダーW 第11話 感染車

『復讐のV/感染車』

内容
風邪でくしゃみをしている亜樹子(山本ひかる)に突っかかる翔太郎(桐山漣)
亜樹子が、バカは風邪ひかない。。。つぶやいたため、
興味を覚えたフィリップ(菅田将暉)は検索へ。。。。いつもの鳴海探偵事務所。
そんなところに、妙な電話が入る。
“助けてくれ”
待ち合わせ場所に向かった翔太郎だったが、
依頼人の男(辻岡正人)が車にはねられた!?。。。。いや、、、すり抜けた!?
その後、警察で刃野(なだぎ武)から取り調べを受けるが、
男・青木幹男が、ウイルスに感染したと知り驚くのだった。

その後、情報屋のウォッチャマン(なすび)から、
青木が黒須(KOJI)という男をリーダーにしたギャングの一味と知り、
翔太郎は、黒須の元に向かうが、知らないとは言うが、、なにか、、、おかしい。
するとメンバーの赤田(近松仁)白井(谷川功)が、
次々と同じ黒い車にはねられそうになってるのだった!!
翔太郎は、、、変身!!
だが、ナスカ・ドーパントに邪魔をされてしまう。

ただ、戦いの最中にバットショットにより捉えた映像から、
乗っている男が山村康平(橋爪遼)だと判明する。
調査すると、
1週間前、姉・幸(松岡瑠奈子)が黒須たちの車にひき逃げされていた!!!

何とか説得を試みる翔太郎であったが、話を聞かず立ち去っていく山村。
そこへ、、、姉の婚約者だった湯島則之(坂田鉄平)から、
山村の苦しみを聞く翔太郎。。。。。。

そんななか、亜樹子から、黒須と山村の状態を聞き。。。。。

敬称略



今回は、究極の命題ですね。

フィリップ“黒須って言う男は、救う価値はあるのか?
  事情を思うと、むしろ復讐をさせてあげても構わない。
  それが自然じゃないの?
翔太郎“でもオレは黒須を守る。
  たとえ人間のクズでもこの街の人間だ、殺させるわけにはいかねえんだよ
フィリップ“ハーフボイルド。。
  とても不合理だけど、君らしい答えだ。

翔太郎“一番大切な人を奪われたその気持ちは、俺にも分かる。
  だからこそ、やらせるわけにはいかねえんだよ


明らかに、悪い奴はドーパントではない。
それこそドーパントは、復讐をしていただけ。。

それでも翔太郎は、ハーフボイルドを貫き通す!!

って感じである。


まさに、ハードボイルド、、ならぬ、、ハーフボイルド

お話が、丁寧に作られている上に、
そこにまさか、、、序盤でネタフリされた

“バカは風邪をひかない”という、、、小ネタを使うとは!!


“翔太郎、君なら大丈夫
“なぜ。そういいきれる。
“バカは大丈夫
“なるほど!?

ヒートメタル

まさに、フィリップの見事な作戦と“知識”ですね。

小ネタを利用して解決。。。してないけど。。。導くとは、
ただの亜樹子のバカ騒ぎだと思っていたのに、
良い使い方である。


で。最後は、、ドーパントではなかった!!
なのだから、謎が深まり、事件を次回へ

良いネタフリだったと思います。

作りも良いし、ネタフリも万全。展開も抜群。
飽きさせないお話ですよね。ほんと。




これまでの感想

第10話 第9話 第8話 第7話 
第6話 第5話 第4話 第3話 第2話 第1話 
posted by レベル999 at 09:00| 仮面ライダー・戦隊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

侍戦隊シンケンジャー 第三十九幕 救急緊急大至急

『救急緊急大至急』

内容
彦馬(伊吹吾郎)は、丈瑠(松坂桃李)たちに報告を行っていた。
“旗上島”。。。の住人と連絡が取れなくなっているという。
外道衆の仕業と思われた。
島に向かったシンケンジャーの6人は、3班に別れ調査を開始する。
襲われるシンケンジャー。聞き込みから、黒い灰が原因だと分かってくる。
すると、、千明(鈴木勝吾)源太(相馬圭祐)の前にはアクマロ、
丈瑠、茉子(高梨臨)の前には、腑破十臓(唐橋充)
流ノ介(相葉弘樹)ことは(森田涼花)には薄皮太夫(朴王路美)
と外道衆の3人が現れ、苦戦を強いられるのだった。
やはり原因は、外道衆!!!

戦いの中、
“弱くなった。お前は自分を惜しむようになった”
と十臓に言われたことが気になりはじめる丈瑠。

敬称略



今回アタリから、“最終章”、、、最後のクール突入ってところか。

“みんなと一緒にいるのが普通になっている
“俺に許されるはずがなかった。もっと強く。

“約束でしょ
 命を預けるし、命を預かるって
 その約束が丈瑠を弱くするとは思わない
 一緒にいて、一緒に戦って、この世を守る。


とまぁ、
今まで聞いたようなセリフを連呼しているだけで、
内容があるような無いような感じではあるが

“最終決戦”のための、決意が固まった。。。。ってことかな。

ま、、、
戦いの中に、、十臓との間でなにかを感じていたことを
いまさら思い出させるという、
かなり強引なお話ではあるのですが、、、、仕方ない。。。

そういったお話も必要だろう。

ただあまりにも、唐突で。。。。
、、、、いいのかな。。。。

一人で、、とか、、殿様だから、、とか言いたいのかもしれないが
折神で合体しているだけで、、、一人じゃないような気がしますが。。。。
って、
そのツッコミは、しちゃいけないことかな。

次回は、薄皮太夫、、、再び実物登場ですね。

なんか、今回よりも次回予告の方にワクワクした私でした。


これまでの感想
第三十八幕 第三十七幕 第三十六幕 
第三十五幕 第三十四幕 第三十三幕 第三十二幕 第三十一幕 
第三十幕 第二十九幕 第二十八幕 第二十七幕 第二十六幕 
第二十五幕 第二十四幕 第二十三幕 第二十二幕 第二十一幕 
第二十幕 第十九幕 第十八幕 第十七幕 第十六幕 
第十五幕 第十四幕 第十三幕 第十二幕 第十一幕 
第十幕 第九幕 第八幕 第七幕 第六幕 
第五幕 第四幕 第三幕 第二幕 第一幕 
posted by レベル999 at 08:56| 仮面ライダー・戦隊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。