TBコメントは、本家へm(__)m

2009年11月15日

天地人 第46回 大坂城炎上

『大坂城炎上』

内容
深刻になる徳川と豊臣の対立。戦いは必至の情勢だった。
上杉景勝(北村一輝)は、徳川方につく決断をする。
そんななか、突如米沢を訪れる伊達政宗(松田龍平)

兼続(妻夫木聡)から大御所・家康(松方弘樹)に
戦いを辞めるよう諫言をして欲しいと言う将軍・秀忠(中川晃教)の頼みだった。
駿府の家康の元に向かい、
秀吉、利家との約束を破るつもりなのかと問いただす兼続。
すると、徳川の世を盤石にすることしか考えていないと切り返す家康。
秀頼(中村倫也)に嫁いだ娘・千姫(川島海荷)はどうするのかと秀忠は問うが、
家康の決意は揺るがなかった。
そして、、、大坂攻めの陣ぶれを出すのだった。

同じ頃、大坂城の秀頼、淀(深田恭子)らのもとに、集まりはじめる浪人たち。
そのなかには、真田幸村(城田優)もいた。

慶長19年11月。。ついに火蓋が切られる。
兼続ら上杉勢も徳川方として参戦。
やがて戦いは、幸村の獅子奮迅の働きにより、膠着状態へ
家康は、和議を決断する。条件は、、、外堀を埋めること。

そんななか、兼続の元を、幸村が訪ねてくる。
酒を酌み交わしながら、これ以上の勝ち目がないことを告げ、
感謝の言葉を述べる幸村に、千姫を助けて欲しいと秀頼、淀に伝えてくれと兼続。

やがて、家康は大坂城の明け渡しを求めてくるが、淀たちは拒否。
陣ぶれが出され、戦いがはじまり、、、まもなく、炎に包まれる大坂城。
一方、上杉勢は、京の警護を命じられ、兼続は京入りをする。
その兼続の元に幸村からの文が届き、急ぎ大坂へと向かった兼続は、
千姫の救助に成功するのだった。

喜びの再会を果たす父・秀忠と娘・千姫
兼続は、千姫を助けたのは豊臣の方々と幸村であると家康に言い放つ。
そして千姫も最後の別れの時を語り出し。。。淀の最期の言葉を伝える

淀“申し伝えよ。豊臣は、慈悲の心を持って真の天下人になる”

最後に千姫は家康に告げる。。。。
“千は、おじじ様を一生許しませぬ”


敬称略



あいかわらず、戦いの表現はほとんど無いが、
“天地人”だから、こんなところだろう。

一部、明らかな“??”はあったものの、

悪くはない、むしろ良い感じのホームドラマには仕上がっていたと思います。

特に、最後の千姫から伝え聞く、
秀頼、淀、、、そして、幸村。

これが、兼続から伝え聞いたなら、とんでもないことであったが、
千姫がみんなに語っているのだから、
それほどの違和感はない。川島海荷さんだし!


戦いを魅せてくれない不満はあっても、
ドラマは、ある程度魅せてくれたので、まぁ、、、満足である。

最終回前に、一定以上の盛り上がりはあったと思います。

細かいことは、気にしない、、、気にしない。。。。気にしない。。。。。


淀がカッコ良くて、幸村がカッコ良かったんだから
これで十分である。

“何かを残し、次の世に繋ぐことが出来た者こそが、真の勝者”




しっかし、淀、幸村にあれこれ言わせるなら
もう少し、兼続との関係などを描いていればねぇ。。。。。

全くなかったわけじゃないけどね!
やっぱり関係が薄く見えるからね。
ほとんどが頭の中で補足しちゃってるもん!!

もったいなさが、きわまったお話でもあります


これまでの感想

第45回 第44回 第43回 第42回 第41回 
第40回 第39回 第38回 第37回 第36回 
第35回 第34回 第33回 第32回 第31回 
第30回 第29回 第28回 第27回 第26回 
第25回 第24回 第23回 第22回 第21回+ 第21回 
第20回 第19回 第18回 第17回 第16回 
第15回 第14回 第13回 第12回 第11回 
第10回+ 第10回 第9回 第8回 第7回 第6回
第5回 第4回 第3回 第2回 第1回 
posted by レベル999 at 19:01| 大河ドラマ 天地人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第32話 大総統の息子

『大総統の息子』

内容
エドとアルが、メイを捜しているそのころ。
ひとりのおばあさんが、イーストシティ駅に到着する。

同じ頃、スカーは、ドクター・マルコーを連れ逃走をしていた
追っ手をかわし、西へ、西へ。。。
その情報を得たキンブリーは、追跡のためセントラルを出発。

そして、ヒューズの墓前にいたマスタング大佐は、、、妙な貴婦人と出会う。
、、、、グラマン中将の変装だった!!
軍上層部の異変を知り、ショックが隠せないグラマン。
が、、東方軍という名を出し、マスタングにたきつけられたグラマンは。。。。

一方、練丹術の情報を得るために中央図書館にいたエドの元に、
メイが北に向かったという情報を持ち、アームストロング少佐がやってくる。
そして、、、紹介状を手渡されるのだった。。
相手は、、、
北方司令部より北。ドラクマとの国境を守る“ブリッグズの北壁”の異名をもつ
アームストロング少将!!!

そんななか、同じく中央図書館で調べ物をしていたアルに声をかけてくる少年。
そこにやってくる。。。エドワード。。。
何と少年は、大総統の息子セリム・ブラッドレイだった。




ついに本格的に登場のセリム・ブラッドレイである。

ま、、、そこに、
ようやく、主要登場人物が、北に向かうというネタフリ。

ブラッドレイ大総統の意外性も含め、
これからの戦いを考えれば、かなり面白いお話ですよね。


セリムなんて、、特に!

“私にも家族がいるんだよ、こんな私にもね。きみたちの家族とは少し違うが”


隠すことはキッチリ隠しているため、
エドたちの気持ちも含め、ちょっと良い感じでした。

キンブリーの怪しさも、全開だし!!

確かに、
戦いを魅せているのかどうか、これからの物語にとって重要なネタフリなのか
など、疑問点は少しあることはあるが、

ようやく動き出した物語ですので、これくらいがちょうどいいでしょう。

キンブリー、グラマン
ついでに、、、キング・ブラッドレイ、、、そして、、セリム
これからの主要人物のキャラ紹介にしては、良くできていたと思います

駆け足に見えなかったのが、一番だよね。



次回は、、、きっとラストだろうが、
ついに登場ですか。。。


これまでの感想

第31話 
第30話 第29話 第28話 第27話 第26話 
第25話 第24話 第23話 第22話 第21話 
第20話 第19話 第18話 第17話 第16話 
第15話 第14話 第13話 第12話 第11話 
第10話 第9話 第8話 第7話 第6話 
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話 


posted by レベル999 at 17:43| アニメ&特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

仮面ライダーW 第10話 名探偵の娘

『Sな戦慄/名探偵の娘』

内容
スイーツ・ドーパントと戦う仮面ライダーダブル
そこにナスカ・ドーパントが現れ大苦戦。
次の瞬間。。。。テラー・ドーパントまで出現し、妙な空間が!!!
危険を察し逃げるダブル。
フィリップ(菅田将暉)は、“敵の根源”である可能性を
翔太郎(桐山漣)に伝えるのだった。。。

一方、スイーツ・ドーパントにさらわれそうになった浅川麻衣(乙黒えり)
であったが、それでも消えた父のためにと決意を亜樹子(山本ひかる)に伝える。

しかし、危険を冒そうとする亜樹子を一喝する翔太郎。
何とか説得に成功。。。と思われたが、、、いない。。。。まだ続けるよう。

そんななか、園咲家の博物館に違和感を感じる翔太郎。
まさか。。。。。ドーパント?
すると、琉兵衛(寺田農)が背後に迫る!


やがて。。。。暴走する亜樹子は、園咲のみんなを集め。。。。。

敬称略



ナスカ。。。。情けないなぁ(笑)

ってことで、


今回は、事件の解決編
名探偵の娘・亜樹子が、華麗に解決!?

じゃ、無いのに。。。。
翔太郎は、その後ろ姿に“オヤッさん”をみる!?


というところである。


事件自体は、あの人しかいないので、あとは動機。
簡単に言えば、評論家は名パティシエになれず
怨み、、って言うだけはなく、すべてのスイーツを自分のモノに!

そんなところだ。


しっかし。
“なぜ、幹部ばかり!?”

お決まりごとですが、翔太郎が気付かなくても
フィリップが気付いても良いのに???

とか、そんなことも思ったりもしましたが、
亜樹子がドタバタしながら、敵の謎を小出しにしたお話としては

なかなか、オモシロ味のある事件であり、ネタフリだったと思います。
博物館にしても、

もしかしたら、そこにこそメモリの“何か”があるのでしょうし。


気になるのは。
敵サイドに、ダブルの正体をバラしてしまったこと。

ナスカ、タブー、テラー。。。。って
敵幹部がどうかよりも、
ライダーに“ビギンズナイト”で因縁があるんですよね???

直接的に狙わっても良いのに、狙わないんでしょう。。。。
ナスカはともかく、タブーがこの事実を利用して、
何かをやらかしてくれることを、期待したいと思います。


それにしても、
散々な亜樹子だなぁ。。。足を引っ張っているように見えて
何とか、最後には助け出しているので面目躍如ですね。
後ろ姿とセリフで翔太郎になにかを感じさせるなんてのも

結構いい感じだったし。。。もちろん、バカやっているのは気にしていません




これまでの感想

第9話 第8話 第7話 
第6話 第5話 第4話 第3話 第2話 第1話 
posted by レベル999 at 08:52| 仮面ライダー・戦隊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

侍戦隊シンケンジャー 第三十八幕 対決鉄砲隊

『対決鉄砲隊』

内容
年に一度、休みを取る彦馬(伊吹吾郎)亡き妻(河村舞子)の墓参りだという。
実は娘や孫。。家族沢田香(河村舞子)晃一(横江泰宣)陽菜(春日香音)
もいるのだが、闘いが激しく、この日しか会うことが出来ない
丈瑠(松坂桃李)は、みんなに、提案する。
外道衆が現れても、彦馬に気付かせないように、、隙間センサーをニセモノへ

そんななか、外道衆が現れる。
アヤカシ“イクサズレ”が、ナナシ鉄砲隊を組織し人々に襲いかかってきた!
何とか彦馬に気付かれず、対処に成功したシンケンジャー

彦馬を送り出したあと、ふたたび現れる鉄砲隊。
が。。。人数が多く、そのうえ、遠距離攻撃!!
手も足も出ないシンケンジャー。。。
そこに爆音を響かせたバイクに乗り現れる彦馬!!!!

敬称略





モウギュウバズーカ

ここに来て、、、、新アイテムである。


別に、新アイテムとか、ただの“大人の事情”だし、
そんなのはどうだって良いのだが。。。。。


せめてブルーの“ウォーターアロー”と、キッチリ比較しません?
ダイゴヨウのディスクでも良いわけだし。。。。。

バズーカという動きが悪いアイテムが加わり、
いくらスーパー化しているレッドとはいえ、
なんか、、、動きが良くなりすぎですよね。。。。

火力が大きくなっているというのもあるんですよね???

何か、あまりにも大人の事情過ぎて。。。。


で。
彦馬に家族ってことで、なんとか雰囲気でまとめようとする。
彦馬バイクも、その1つ。

確かに、良い雰囲気だけど。
どう見ても、新アイテム同士の戦いだとしか見えなくて
アイテムの差も表現できていない。

本来、自分たちの攻撃、武器が効かない。。。

そこを表現しなきゃ、まったく意味がありません。
剣を振り回しているだけだし。。。



なにか
おかしな“焦り”のようなモノを感じた今回でした

もっと丁寧に作って欲しかったモノだ。



これまでの感想

第三十七幕 第三十六幕 
第三十五幕 第三十四幕 第三十三幕 第三十二幕 第三十一幕 
第三十幕 第二十九幕 第二十八幕 第二十七幕 第二十六幕 
第二十五幕 第二十四幕 第二十三幕 第二十二幕 第二十一幕 
第二十幕 第十九幕 第十八幕 第十七幕 第十六幕 
第十五幕 第十四幕 第十三幕 第十二幕 第十一幕 
第十幕 第九幕 第八幕 第七幕 第六幕 
第五幕 第四幕 第三幕 第二幕 第一幕 
posted by レベル999 at 08:49| 仮面ライダー・戦隊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。