TBコメントは、本家へm(__)m

2009年11月05日

不毛地帯 第四話 勝利の代償

『俺が殺した』

内容
2次防FXを巡る、防衛庁の機密書類漏洩事件で
壹岐正(唐沢寿明)は警視庁から任意出頭を求められ、
警視庁捜査2課長の井上(藤木孝)による聴取が始まる。
小出(松重豊)が、トカゲの尻尾切りにあったとすべて告白。
隠していた複写機も発見したという。。
そのうえ小出が入手したグラント社の見積表の出所が、
芦田(古田新太)の上司である川又(柳葉敏郎)の書類であると知るのだった。
そして、すべて壹岐正によるモノだと警察は見ているよう。

なんとか聴取を切り抜けた壹岐であったが、近畿商事では別の事態が起きていた。
大門社長(原田芳雄)里井常務(岸部一徳)らが、
機密書類などをすべて警察へ提出するのだと書類をまとめていた。
どうやら、久松清蔵(伊東四朗)を通じて、三島幹事長(神山繁)が、
貝塚防衛庁官房長(段田安則)に圧力をかけ、政治決着を図ったようだった。
すべては、会社の存続のためだという。

同じ頃、貝塚は、川又を呼び出していた。
芦田が漏洩した書類が川又のモノであり、川又の命令で行われた事になっていた。
そのため、川又は、贈収賄容疑で取り調べられる事になっている。。。と。

その後、川又は、防衛庁を辞める事を壹岐に告げ。。。。。。。

数時間後。。。川又の妻・久代(長野里美)から、連絡を受ける壹岐。


敬称略



えっと、、、
2次防FXを巡る戦いの終結。

勝利した壹岐正であったが、その代償は、あまりにも大きかった。。。


っていうところだ。


一応、最後は、大門に告げていますが、次回予告が。。。。。困ったモノだ。


とりあえず、
雰囲気としては、1つのお話のエピローグという雰囲気であり、

前回までのような、“壹岐正”というキャラが前に出された“戦い”はない。
そのため、、、
事後処理的な印象が強く、、実際、そんな感じだ。

“親友の死”という大きな代償を払ったというわけであるが、
なんかねぇ。。。

一定の切なさはあるが、
結果的に、細かい部分で大門らに振り回されているという印象が強く。
キャラが動いている、、、ではなく、動かされているという。。。。状態。

受動的であった瞬間、物語に盛り上がりを求めるのは難しいですよね。。。


でも、何か、物足りなさがあるのも事実。
なんだろうねぇ。。。。すべてが想像の範囲内。。ってことかな。

それこそ、もっといろいろな人から、文句を言われたり、責められたりした方が
他に感情が表れて、面白かったんじゃないのかな???

壹岐が苦しんでいるのも分かるし!
結構、アッサリ気味だったもんなぁ。。。。。


次回からは、新しい物語が始まるようなので、
また期待したいと思いますけどね。

これまでの感想
第三話 第二話 第一話 


posted by レベル999 at 23:07| 2009年ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

交渉人〜THE NEGOTIATOR〜(2)第3話 ふつうの誘拐事件

『二重誘拐!?身代金を運ぶ女』

内容
甘利(高岡蒼甫)の殉職。そして、“サマー・クロース”の逮捕。
弓坂捜査一課長(浅野ゆう子)の命令で、事件は“線引き”
撃ったショックを引きずる玲子(米倉涼子)。。。。
本当の“サマー・クロース”は、、まだ、いるかもしれない不安を抱えながら。。

そんな中、小学生の男のコ・里吉春樹(吉岡澪皇)が誘拐される事件が発生する。
1億円の身代金を要求されたのだった。
父・里吉文雄(春田純一)母・加奈子(渡辺典子)のいる里中邸へ向かうSIT
流通グループの会長でもある文雄は、強引な手法で多くの怨みを買っているよう。
子供を誘拐している事もあり、本当に金が目当てなのかどうかも分からない。
そのうえ、加奈子は、夫と秘書の滝沢千尋(華城季帆)の関係を疑い、
夫婦関係は、それほど良くないようだった。

そこへ
春樹の友だちの母という本庄康子(筒井真理子)と砂山こずえ(中島ひろ子)が
玲子たちのいる里吉邸を訪ねてくる。
春樹の事が心配でやってきたという。。。。加奈子が、声を上げはじめたため
仕方がなく、2人を屋敷の中へ招き入れる事に。。。

時間が過ぎていき。。。。。ついに、犯人から連絡が入る。
身代金1億を受け渡し場所まで、歩いて持って来いという。。。。
時間も指定され、ギリギリ。電話に出た玲子が、探りを入れていくのだが。。。。
犯人に切られてしまうのだった。
桐沢(陣内孝則)は蓮見刑事(高知東生)に先回りさせるが、
再び次の場所へ誘導命令。。。。走り出す玲子。
次々と場所を変更していく犯人。。。。。
やがて、犯人が告げる

“他人の子供のために、そこまで必死にならなくて良いだろう
 警察は全面的に手を引け”

取引が中止されれば、まったく意味が無くなってしまうため、
玲子たちは撤収を余儀なくされてしまう。
あきらかに、警察内部、または被害者の関係者に犯人がいる!?

玲子は、、妙な状況からある事に気付き、本庄の家に向かうと。。。春樹がいた。
春樹の話では、模試会場で康子の息子・正之(三俣凱)と入れ替わり受験。
が、、、正之が姿を消したのだという。その後、康子のもとに連絡も入り
犯人から協力を命じられたという康子。
そして、、、容疑者が浮かび上がる。。。砂山卓司(長谷川朝晴)

敬称略





誘拐事件で大失態の宇佐木玲子

が、その失態により、違和感を感じ始め、、、、、、

っていう感じですね。


まぁ、走り回るなど、普通の刑事モノの誘拐事件であり、
それ自体は面白く見る事が出来ているし、
そのうえ、事件が一転二転する感じで、

そこに、、、裕福な家庭、貧乏な家庭を重ねるなど。。。
“今”なら、、、を感じさせ、オモシロ味のあるドラマだったとは思います。


ただね。。。
正直。。。。“交渉人”としての役割が、ほとんどなされていないような。。。。

走り回っている印象しかないし!
あとは、、、電話の引き延ばしと、推理。。って、
もう、普通の刑事モノドラマである。


あの=====
犯人が素直に応じるとしても、
せめて、もっと説得するシーンを入れません?????

これじゃ、誰がやっても同じだよね!!!

その他大勢のキャラクターについても、ほとんど活用されていないし!
たしかに、、、
主人公の宇佐木玲子、、、米倉涼子さんの格好良さは出ていますが、
物語に、他の刑事モノとの“差”が無くなった瞬間、

オモシロ味も半減だと思いますけどね!
これじゃ、、タダの米倉さんのPRビデオです。


事件自体の単純化に不安を感じ複雑化するくらいならば、
事件は単純で良いから、宇佐木玲子が、本当の意味で“能力”を出し、
活躍させなきゃ、、まったく意味が無いと思います。



オシイのになぁ。。。。
極論を言えば、事件がどうだろうが、動機なんて、どうだって良いのにね!

“交渉”を魅せてほしいものである。


これまでの感想
第2話 第1話


posted by レベル999 at 22:11| 2009年ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。