TBコメントは、本家へm(__)m

2009年11月01日

天地人 第44回 兼続の見つけた道

『哀しみの花嫁』

内容

慶長9年
本多正信(松山政路)の息子・政重(黄川田将也)が、直江家へ婿入り。
と同時に“直江勝吉”と、名を改めるのだった。
やがて開かれた、兼続(妻夫木聡)の娘・お松(逢沢りな)との祝いの席。
泉沢(東幹久)から、杯に酒を注がれる勝吉であったが、受け取らず。
兼続、お松が、毒が入っていないと。。。。。笑顔で。。
それでも心を開こうとしない勝吉。
そんな状態にもかかわらず、兼続は、勝吉を連れ城を案内。
上杉家を包み隠さず明かし、、、その行動に戸惑う上杉の家臣衆。

そして、家康(松方弘樹)が秀忠(中川晃教)に将軍職を譲ったという報を、
勝吉は兼続に伝え、上杉家の身の振り方を兼続に問うのだが。。。。

そんななか、米沢領内の猿尾堰が決壊。
兼続は、米沢の出である伊達政宗(松田龍平)に相談する事を決断する。
しかし、政宗からも、同じコトを問われる。
将軍職を譲った事で、天下に大乱が起きると。。。
それでも、天下より米沢の民の暮らしが大事であると応える兼続。
なにかを感じた政宗は、治水に明るい者を米沢に差し向けると約束するのだった。

その年の暮れ。米沢に病が流行りはじめ、兼続の娘・お梅が亡くなる。
お松もまた、勝吉に夫婦の絆を訴えるのだが、直後に病に倒れ、
兼続、お船(常盤貴子)らが見守る中、息を引き取る。
姉弟でひとり残されむせび泣く竹松(加藤清史郎)。。そして、父と母。

そんなとき、勝吉は、兼続に直江家に残る理由が無くなったと告げるが
お松が、勝吉のために遺した着物を手渡したあと、兼続は勝吉を連れ出す。
そこでは。、、兼続の命で、堺の鉄砲鍛冶を招き鉄砲が作られていた!

驚く勝吉に、応える兼続
“そなたが、我が身内であるからじゃ。
 我らは、どちらにも与しない、天下は、誰のモノでもないからじゃ
 守るべきは、天下というカタチではなく、ここに生きる民の暮らし
 そのために、今日まで国の力を蓄えてきた。
 どうお伝えするか、そなたに任す
 だからコレだけは言うておく。亡き娘の夫として、これからもここにおれ”

その後。。。政宗が、米沢を訪れる。

政宗“川の流れ、田畑の広がり、寺や屋敷の配置
  町のすべてが、米沢を守るか。ワシのふるさとを、こうも変えおるとは
  気に入らん。だが、悪くない。
  小さいながらも、この地は、1つの天下を成しておる。
兼続“ありがたき、お言葉。
  あまりに多くのものを失いましてございまする
  されど、何としても造り上げたかったのが。。。。
  この。。。
  今ようやく、我が目指す道が、見えましてございまする!”

敬称略




↑完全に、メンドーなんですモード。である。


えっと、、お話は。

本多政重が、婿入り。。。で、直江勝吉へ。
そんななか、お松、お梅が流行病で死ぬという悲劇の直江家。

で。。。なぜだか、伊達政宗が訪れ、ふと気付く兼続。


以上だ。


もう、、、何がしたかったのか、よく分かりませんが。


ホームドラマとしても、
家族を描いてこなかったから、、“やはりイマイチ”としか言いようがない。

お松はともかく、、お梅なんて。。。位牌だけ。。。って。。。おいおい!!


なんだか、

お松のところで、泣いていますが、
家族愛を、イマイチ感じにくい状態だ。

せめて、、、息を引き取るところや、お松の宴。。。
家族。。。特に、竹松は、参加させて欲しかったものだ。

あ!別にね、加藤清史郎くんが見たかったわけじゃない。

でも、、、それが、、家族なんじゃ?????

で、

そんな、ワケのわからない、娘ふたりの死のあとで、
政宗登場で、

“見えましてございまする!”

って、、、
ココまでくれば、あきれるを通り越して、、、唖然。。。呆然。である。


泣くなら大泣きして、政宗なんか削除しても
泣き虫与六を復活させたほうが、よかったんじゃ?

“愛”を掲げているはずの主人公・兼続に、、、家族愛を感じにくいとは。。

もう、、ホームドラマは、良いとしても。。
こうも中途半端な描き方じゃ、
理解しようとしても、理解なんか出来るわけがない。

愛だの、義だの、道だの、、天下だの。。。
そんな事を語る以前に、、、

ホームドラマなのだから、ホームドラマらしく描けばいいのに!!!


部分部分は、悪くはないが、、、良いとも思えません。


ちなみにね。
今回を見て、私が一番感じた事を正直に書くと。
兼続の愛が感じられない、、、、だけでなく、

なんか、、、もしかしたら、兼続、、勝吉に、、愛を感じている?って。。。


だって、
生きている、子供達との接触しているシーンが、今までほとんどなくて、
突然、死ぬ。。。で
今回やった事と言えば、
ほとんどが、勝吉とのシーンだからだ!!


戦国時代だから、アリだろうけど。。。


これまでの感想
第43回 第42回 第41回 
第40回 第39回 第38回 第37回 第36回 
第35回 第34回 第33回 第32回 第31回 
第30回 第29回 第28回 第27回 第26回 
第25回 第24回 第23回 第22回 第21回+ 第21回 
第20回 第19回 第18回 第17回 第16回 
第15回 第14回 第13回 第12回 第11回 
第10回+ 第10回 第9回 第8回 第7回 第6回
第5回 第4回 第3回 第2回 第1回
posted by レベル999 at 21:31| 大河ドラマ 天地人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

侍戦隊シンケンジャー 第三十六幕 加哩侍

『加哩侍』

内容
源太(相馬圭祐)の店にやってきたことは(森田涼花)の注文は、
カレーライス!?
何とか作り上げたのだが、実は、食べた事も、作った事もない源太。
すると。。。。。。美味い!!!
評判は、評判を呼び、大繁盛の源太の“ゴールド寿司”
来る客、来る客、カレーばかり注文していく。。。
やがてカレーの名店としてテレビでも取り上げられはじめる。
ついにブローカーが現れ、店を出す話まで舞い込むのだった。
目指すは、カレー業界の頂点!?

が、、店を出すのは夢ではあっても、カレー!?

そんななか、シンケンマルさえ折ってしまうアヤカシ“ソギザライ”が現れる。


敬称略


ことはのヒトコト。。“カレーが食べたい”で、
源太の店は、大変な事に!!
寿司屋を辞めて、カレー店!?でいいのか・・・・


とまぁ、そんなお話だ。


ことはの天然ぶりと、最近ご無沙汰の源太の寿司屋ネタ。

関わりようがないネタを、かなり上手く組み合わせたお話だったと言えます。

っていうか、
こうでもしなければ、
ことはが、スーパーシンケンイエローになれない。。。。かな


“回転”に“開店”にかけているのかは、、、分かりませんが。
回転する攻撃が特徴的な、ことは、そして、源太だからこその攻撃で、

ちょっと良いお話だったと思います。

直前に、思い出させるために通常技を入れているのも、良いところ。


そのうえ、今回の秀逸さは、
“力勝負”では、どうにもならなくなってしまっているアヤカシに、
“技”という部分を強調させることで

6+ダイゴヨウの多勢に無勢、サムライハオー要塞

まさに、パワーのアンバランスさを、
“技”=アイデアでカバーしたということだ。

意外な、、というか、かなり強引な方法論ではありますが、
バランスの悪さがあるのは事実であり、

見ていて、アヤカシをいじめているとしか見えない状態になっていたので、
この方法は、これからも楽しむためには、
認めざるを得ない。。。感じでしょうね。


多少の強引さも気にならない、
いろいろな意味で、面白いお話だったと思います




まぁ、個人的には、
もっとアヤカシ、外道衆には、一般市民に被害を出して欲しかったけどね!

最近じゃ、
登場する度に、広場で戦ってばかりで。。。
なんか、アヤカシが悪い感じに見えないんですよね(苦笑)


これまでの感想

第三十五幕 第三十四幕 第三十三幕 第三十二幕 第三十一幕 
第三十幕 第二十九幕 第二十八幕 第二十七幕 第二十六幕 
第二十五幕 第二十四幕 第二十三幕 第二十二幕 第二十一幕 
第二十幕 第十九幕 第十八幕 第十七幕 第十六幕 
第十五幕 第十四幕 第十三幕 第十二幕 第十一幕 
第十幕 第九幕 第八幕 第七幕 第六幕 
第五幕 第四幕 第三幕 第二幕 第一幕
posted by レベル999 at 08:08| 仮面ライダー・戦隊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。