TBコメントは、本家へm(__)m

2009年10月27日

リアル・クローズ 第3話 弟子入り

『悪魔部長に弟子入志願』

内容
凌(加藤夏希)に洋服のことなどを教えてもらい、絹恵(香里奈)は良い感じに!
それとともに、徐々に売り上げも伸ばしていく絹恵。

そんななか、突然、田淵(西島秀俊)から声をかけられ、
高級サロン“ペシェ・ミニョン”の美姫(黒木瞳)のアシスタントを命じられる。
どうやら、、美姫がアシスタントをクビにしたため、欠員が出来たようだった。
チーフマネージャーの尾崎隆(田中哲司)が疑心暗鬼の中のサロンのオープン。
オープンと同時に、次々と、VIPが訪れるサロン。
美姫の命令で、様々な商品を取り寄せるため、百貨店を所狭しと絹恵は走り回る!

たった4時間で売り上げが1000万を超えているのに驚く絹恵。
その後、美姫に連れられ、取引先回り。。
とんでもない過密スケジュールで数千万の契約。。。。驚くしかない絹恵だった。

やがて、田淵からマネージャー試験を受けろと命じられる絹恵
それは出世を約束されたようなモノ。。。でも。。。。
陽子(真野裕子)からは、プライベートを捨ててまでは。。と言われるが、
凌は、、目指したくでも出来ない契約社員のため、羨ましがられる。
いったい、どうしたらいいのか???

そのころ、ペシェ・ミニョンでは、新作のストッキング選びが進められていた。
美姫とは20年来の付き合いだという。
ストッキングメーカー“ヴィオーラ”の専務取締役・水嶋知子(片平なぎさ)
社内対立を乗り越えようと、品質勝負の製品。
一方、ストッキングメーカー“大日本繊維”社長・本郷猛(西岡徳馬)が進める、
大量生産とバリエーションの多さの製品。

絹恵は、自分が試着したこともあり、“ヴィオーラ”の商品を気に入っていた。
そして、、、つい、、そのことを水嶋に伝えてしまったため、
美姫の逆鱗に触れ、アシスタントをクビに。。。
また。。水嶋は、一線から退いたと知る絹恵。

絹恵“神保部長のようにはなれないけど、なりたくもないです”
田淵“神保美姫の何を見たつもりだ”

そんなとき、美姫が、水嶋のためにドレスを用意したと知り。。。。。。


敬称略


突然、美姫のアシスタントになった絹恵
美姫の凄さを身をもって体験することに。。。

そんなとき、ふと、、私情を挟み、、、絹恵が不用意なヒトコト。
そのために、、アシスタントをクビになってしまう。。。。
どうしても美姫のことが理解できない。。。すると、、美姫が。。。。


って感じだ。

まあ。
マネージャー試験は、ともかくとして。。

ドラマの方は、美姫に対する理解を深めたお話。

ですね。
その理解から生まれてきた答えが、結果的に“試験”であっただけだ。


スゴイ生き方をする美姫を見て、自分の生き方を見つめ直す主人公。

ドラマとしては、定番のお話ですね。

美姫の仕事への態度も表現されているし、
美姫と絹恵のさもキッチリ表現されている。

もちろん、正解かどうかは別のお話ではあるが、
絹恵的に、
興味を抱いた瞬間に、答えを見いだせたというカタチになっているため

本当にベタ展開で、、、特に、いうことはない感じだ。
弱めだけど、、、恋人のことも含まれていましたし!
凌、陽子も上手く重ねていたしね!


ただまぁ
物語としての丁寧さは理解するのだが、
なんていうか、、、、

もう1歩のサプライズ感がないというか。
ちょっと、ベタベタすぎますよね。

そこそこドラマとしての展開の納得感もあるし、
楽しく見ることが出来ていても
物足りなさも感じる部分だ。

丁寧に作っているから、
雰囲気を壊すことは出来ないだろうが、
もう少し、友人となっている、凌や陽子を、上手く入れると
メリハリが生まれるカモね!

私生活の中の変化も、わずかだが、見えにくいしね!


これまでの感想

第2話 第1話 
posted by レベル999 at 23:06| 2009年ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オトメン(乙男)〜秋〜 第3話(第11話)飛鳥のお見合い

『贈るほどでもない言葉(前編)』

内容
剣道大会連覇を狙う飛鳥(岡田将生)は、多くの取材を受けていた。
そんなことより、飛鳥とりょう(夏帆)との関係に進展のないことが、
どうしても気になる充太(佐野和真)。。。
恋人ではなく、友だちだと。飛鳥に告白するようにけしかける充太。
充太の言葉が気になる飛鳥

そのころ母・浄美(山本未來)は、飛鳥のことに疑いの目を向けていた。
まさか、、、“出ていったあの人と同じ、オトメンなのでは?”
そこで浄美は、飛鳥に剣道の稽古を休ませ、お見合いをさせるのだった。

学校では、担任の夢子(柳原可奈子)から、
アメリカの姉妹校との交換留学の話を聞かされる飛鳥たち。

放課後。突然、りょうから声をかけられる飛鳥。。。何か言いたそうだったが、
母に中断され、お見合いへと向かう飛鳥。
向かった咲山グループの会長・咲山源次郎(山本圭)は、
正宗インターナショナルと飛鳥の祖父の代から付き合いのある人物。
その源次郎から、孫娘・入香(菅野莉央)を紹介されるのだった。

稽古を休む飛鳥が、どうしても気になった充太は、
飛鳥の後をつけていると。。。。そこは、、大きな屋敷!
いったい、なんのために??
そんなとき、タイミング良く、
充太の元に尊敬する漫画家・城之内ミラ(鶴見辰吾)から、連絡が入る。。。

一方、入香に部屋に案内された飛鳥は、オトメチックな部屋に笑顔。
すると、クレープを飛鳥のために出そうとした入香が、失敗。
それを見て飛鳥は、一緒に作ろうと言い出すのだった。
入香の姿に、りょうのことを重ねながら。。。。。

その後、飛鳥と入香が話をしていると、、、物音が!!
妙な男(森下能幸)が、ぬいぐるみの“ジュリエット”を拉致しようとしていた!


同じ頃、夢子とオバマ先生(ノッチ)が、留学は飛鳥という話を、磯野が。。。。



敬称略



オトメン疑惑を飛鳥に向ける、母・浄美
そこで、フィアンセを決めちゃえ!!
その一方で、充太から言われたことで、りょうとのことに悩みはじめる飛鳥。

そんななか、りょうも飛鳥に伝えたいことが。。。。


って感じである。


良い感じで追い込まれる飛鳥は、キッチリを表現された感じだ。
ま。。。ミラ先生は、かなり強引だったけどね!

“我慢の上に成立する幸せはない”

その言葉を、飛鳥がどう考えるのか?
に繋がっていくのだから、“父”からの、良いメッセージだと言えるだろう。

物語としては、
飛鳥の悩みを丁寧に描き、オトメンらしさも発揮され、
このドラマが、、“オトメン”であると言う事を再認識されたお話だ。

とはいえ、
ここまで行ってきたのが、そういう方向では無かったため
この突然さに、面食らう感じになる視聴者もいたのも確かでしょうね。

ホントは、、これが“オトメン”なんだけどね!

くだらないオモシロを重ねて、
“オトメン”が消えてしまっている物語よりも、

たとえ、テンポが悪い感じであったとしても
“オトメンらしさ”は出ていたと思います。

本来のカタチに戻った。。。ということだ。



ただ展開上、これに関して気になったことがあるのは
充太が“らぶちっく”のために、利用しているという表現が弱かったこと
たしかに、ミラ先生が絡んだことで、
充太がマンガを展開させる為に、飛鳥をけしかけているのは、
なんとなく分かるのだが、、、、、、ねぇ。。。。


ま。。。いろいろと物語は、積み上げてきていますので、
次回。。。どのような展開になるのか?オトコマエのりょうはどうするのか?

期待するとしましょう。


これまでの感想
オトメン(乙男)〜秋〜
第2話(第10話) 第1話(第9話) 

オトメン(乙男)〜夏〜
第8話 第7話 
第6話 第5話 第4話 第3話 第2話 第1話
posted by レベル999 at 22:14| 2009年ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。