TBコメントは、本家へm(__)m

2009年10月25日

JIN−仁− 第3話 今を生きる

『未来との決別…』

内容
手製の“おーあーるえす”を作り、
喜市(伊澤柾樹)のコロリの治療をはじめた仁(大沢たかお)
そんななか、緒方洪庵(武田鉄矢)についてきた山田純庵(田口浩正)まで、
コロリにかかってしまう。
本格的に治療をはじめるために、“点滴”を考えはじめる仁。
洪庵、佐分利(桐谷健太)らに機器の説明し、道具作りを依頼する。

やがて、汚物を捨てる穴を作ったと、龍馬(内野聖陽)がやってくる。
その気持ち、“龍馬の姿”に感動する仁。

翌日。完成した点滴を利用し、洪庵らに説明。。。治療が開始される。
その方法に感心した洪庵は、治療法を広めるべきと医学所に訴え出るのだった。
同じ頃、恭太郎(小出恵介)が勝海舟(小日向文世)に訴えたことで、
勝海舟も働きかけ、ようやく幕府も本格的な治療に乗り出すのだった。

数日後。喜市、山田も回復。。。あと少し。。。

が、、そんなとき、仁がコロリにかかってしまう。
“なすべき事をなさって下さい、国のため、道のために”
仁は、龍馬、恭太郎に、伝え、、、そして、咲(綾瀬はるか)にも診療所を依頼。
そのまま、倒れてしまう。。。。

“咲がお助けしたいのです”
献身的な看護を続ける咲。
そこに、母・栄(麻生祐未)も協力してくれ頑張りはじめる咲であったが、
ついに、仁が意識を失い、危篤状態になるのだった。
どうにもならない。。。もしも、大量に点滴することが出来れば。。。
咲は、仁に教えてもらった方法を実践する!!


敬称略


仁“俺さえ来なければ。。。。。”



内容も、あいかわらず、面白かったのだが。
実のところ、そんなことよりも、、、

点滴の器具を作り上げることの出来る江戸の職人さん達が、スゴイ!

一番感じたのは、その事である。
いろいろな職人さん達が協力したのでしょう。。。
個人的には、もっと魅せてもらいたかったところですけどね!

ホントは、ドラマには関係ないことだし、
“そんなの出来るはずがない!”なんて言う、野暮なことを言うつもりはない。

だって、“救えなかった人”もたくさん出たのだから!!



ってことで、お話。

コロリの治療をはじめた仁。
多くの人の協力もあって、多くの人の命は救えた。
が、、それでも、救えない人もたくさんいた。。

そんななか、仁にとって衝撃的な事件が発生する。
タエが。。。。。。

って感じですね。


未来から来たと言うことで、葛藤した前回。
今回は、本当にそれで良かったのか?

と言う部分から、今を生きることを決める。と言う流れだ。

なかなか面白いお話ですよね。
自分が来たから、救われた人がいる一方で
逆に、死んだ人もいるかもしれない。

バタフライエフェクト。。。を出さなくても、
未来のことを考えなくても、
前回の行動の、1つの結末が表現された感じだ。

面白いですね。
“時代”も感じることが出来るし!

ま、結局、、ちっぽけなことであっても、
変わることもあれば、変わらないこともある。。。そんなところなのでしょう。

きっと、ここが“結末”なのでしょうね。


ホント、キャラの気持ちも丁寧に描いているし、
事件解決へのネタフリもキッチリしている。

良くできたドラマですね。

こういう丁寧さがあってこそ、ドラマって面白いんですよね。
最近では、“リアリティ”を売りにして、物語が作られないモノも多いですが、

ある程度のリアリティと、物語の作り込みの両者を、
かなり上手く融合している作品ですよね。




これまでの感想
第2話 第1話
posted by レベル999 at 22:12| 2009年ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

天地人 第43回 実頼追放

『実頼追放』

内容
景勝(北村一輝)の妻・菊姫(比嘉愛未)が亡くなり
その後、菊姫に請われ側室とのあいだに、嫡男・玉丸をもうけた景勝であったが
側室が出産後亡くなったため、お船(常盤貴子)が子育てをすることになる。

そんななか兼続(妻夫木聡)の娘・お松(逢沢りな)の婚礼の日が近づいたが、
京の弟・実頼(小泉孝太郎)からの連絡が途絶え、心配な兼続。
そこで、親友の泉沢(東幹久)に様子を見に行ってもらうことに。。。

一方、実頼は、福島正則(石原良純)から上杉家の不満を聞いていた
先日の家康(松方弘樹)への謁見の件もあり、同調する実頼。
そしてやって来た、泉沢に愚痴をこぼす。。
なぜ、、本多正信(松山政路)から、婿を取らねばならぬのか。。。と。
上杉家が京では罵られていると。。。
泉沢は、何とか実頼をなだめたのであったのだが。。。。。

翌日。本多の元に向かった、泉沢と実頼。
万事整っていることを泉沢は告げるが。突如、実頼は、断りを入れるのだった。

その話を本多から聞いた家康、と四天王の一人・榊原康政(川野太郎)
すると、謀反の疑いで上杉家を追い詰める良い機会だと言う榊原。
と同時に、、、兼続が、京の家康の元に到着する。

家康に代わり応対する榊原に謝罪をする兼続
誠意を示せと、景勝の嫡男・玉丸を人質に要求してくる榊原。
それに対し、主家は関わりがないと拒否をする兼続。
だが、実頼の首を持ってこなければ納得せぬと告げられてしまうのだった。

その後実頼を糾弾する兼続。
実頼の気持ちを知り、兄弟の間にある、上杉家への気持ちは変わらぬと分かるが、
苦渋の決断が迫られる兼続は、本多のもとへ向かい、謝罪する。。
“悪しき証拠が得られたなら、逃げも隠れもせず、お裁きを受ける所存
 政重殿をお迎えすることは、我が上杉にとっても大きな誇り”

そして、兼続は、実頼を高野山へ追放と決めるのだった。
死罪の方がマシであるという実頼。
生きて罪を償えば希望が生まれると兼続は告げる。。。


敬称略



数回前から、唐突に悪化した、兼続、実頼兄弟。

ま。。。一部を除き、、悪くはない。

それくらいだ。

一番気になったのは。
正純。。。政重を送り込み。。。って、、あんた、それ、、
ドラマとして、最も言っちゃいけないことじゃ??

何か、オカシイよね。それ、、“誰かさん”が言っていたコトの。。。。
まるで、思いついたかのような言いよう。、、、

ということで、

ココ数回の、主要キャラの退場騒ぎの1つは、終了だ。

ホント、悪くはないんだけどね。

ただね。。。
兄弟関係を子供の頃以外、、、描いたのは、京入りの時でしょうか。

ここに来て、主要メンバーなのだからと、
突然、人間関係の変化を描きはじめ、ドラマを作るって、、、、ねぇ。。。

それ、連ドラじゃありません!

で、困った時は、、と、子供、、与六、与七を多用する反則ワザだ。


おしいこと、、してるよね。。。
もっと描いていれば、この退場劇に、兄弟愛だけでなく、
上杉の義。。について、、上杉家への思いについて、、、

きっと、感動的な、良い物語になっただろうに。。。。。

兄弟だからって、脳内補完しろっていうのは、無茶な話である。


しっかし、よくもまぁ、
ココ数回、キャラの退場劇を、これでもか!!と、描くよね(笑)
キャラがキャラとして成り立っていないのに、
いきなりの盛り上げで、退場だもんなぁ
。。。

たとえそれが“天地人流”だったとしても、
単発で納得しても、連ドラでは納得出来ません。

私の中じゃ、まったく感情移入できない状態である。

悪くないのになぁ。。。。
この兄弟で、“義”で語り合ったこと、、あたっけ?
ってことだ。


これまでの感想

第42回 第41回 
第40回 第39回 第38回 第37回 第36回 
第35回 第34回 第33回 第32回 第31回 
第30回 第29回 第28回 第27回 第26回 
第25回 第24回 第23回 第22回 第21回+ 第21回 
第20回 第19回 第18回 第17回 第16回 
第15回 第14回 第13回 第12回 第11回 
第10回+ 第10回 第9回 第8回 第7回 第6回
第5回 第4回 第3回 第2回 第1回 
posted by レベル999 at 18:50| 大河ドラマ 天地人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

仮面ライダーW 第8話 ダンシングヒーロー 仮面ライダーW 第8話 ダンシングヒーロー


『Cを探せ/ダンシングヒーロー』


内容
フィリップ(菅田将暉)が、戦いに集中しなかったため、
コックローチ・ドーパントに
トリガー、ルナのガイアメモリを奪われた仮面ライダーW
奪い返そうとするが、、ヒート、メタルのメモリまで奪われてしまうのだった。

翔太郎(桐山漣)は、怒り心頭。
翔太郎と、亜樹子(山本ひかる)が、
今回の原因となった弾吾(森崎ウィン)に事情を聞くと。
なんと、、闇の害虫駆除のサイトに書き込んだのは弾吾自身だった!!
世界を目指そうと頑張っていたワザ“ヘブンズトルネード”
が、、、突然、千鶴(藤井玲奈)が、ダンスを辞めたという。。。。

フィリップが協力してくれているのかどうか、分からないため、
翔太郎は、情報屋のサンタちゃん(腹筋善之介)から一冊の同人誌を手渡される。
コックローチドーパントのことを描いたと思われる作品だった!
描かれているマンガから、コックローチのアジトだと確信する翔太郎。

一方、フィリップなりに解決方法を“検索”し、弾吾と千鶴を捕まえ
仲直りをさせようとするのだが。。。。

そのころ、アジトでコックローチの伊刈(片桐仁)を発見した翔太郎は、
メモリを奪い返そうとするのだが、そのすばやさに取り逃がしてしまう。

そんななか、弾吾と千鶴の仲直りを目撃したフィリップは、大喜び!
これで、、ヘブンズトルネードを見ることが出来る!!!
ふたりにダンスを見せてもらうことにした、フィリップと亜樹子。
だが、、そこに、、、、コックローチまで現れ。。。。。。


敬称略





翔太郎“何かにのめり込んだ時のアイツは、
   迷惑以外の何物でもない”



今回も、思った以上に良い感じでしたね。

“ふたりで生み出す波のリズム”

ダンスの練習で壁にぶつかった千鶴。
それを乗り越えようとしていたのを、弾吾が誤解

フィリップの“演出”で、、何とか和解したまでは良かったのだが。。。


ってところだ。


明らかに、ふたりで1つのワザ。。と言う事で、
仮面ライダーWという、、ふたりで一人のライダーを彷彿とさせる内容。

何か1つのことに、二人が向かった時に
本当の力が発揮される。。。

なんて、ことなんだろう。

途中、、ライトノベルモノの仲直りがあった時には、
どうなるかと思いましたが、

キッチリと、フィリップは、仲直りより、ダンス優先で良い感じのオチ。


丁寧に、亜樹子を盛り込むことで、
フィリップの奇妙さを明確にすることに成功しているし

単純な物語ではありますが、
キャラの役割分担と、物語がシッカリ描かれているのが
本当によく分かるお話だったと思います



ただまぁ。。。

ドーパントって言うのが、
メモリにより人間を“強化”したモノだとすれば
弾吾が戦うことが出来るのは、サスガに違和感がありましたけどね!

基本的に、ライダーが動いているので、、、ま、、、いいかな。。。


しっかし、良くできていますよね。
メモリを奪われ、再び奪われる、、でもまだ2本残ってるんだから!

変身の多用さ、メモリの多さを
逆手にとったお話だったと言えるでしょう。

この発想力、、素晴らしいですね



これまでの感想

第7話 
第6話 第5話 第4話 第3話 第2話 第1話 
posted by レベル999 at 08:41| 仮面ライダー・戦隊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

侍戦隊シンケンジャー 第三十五幕 十一折神全合体

『十一折神全合体』

内容
ドウコクの船をむさぼり食うアクマロの部下アヤカシ“フタガワラ”だった。
アクマロは言う。フタガワラが命を賭し、人の世に焦熱地獄を作ると。

歌舞伎の舞台を観るためにやってきた流ノ介(相葉弘樹)
やはり、、サムライになるために舞台を捨ててしまったからか、
役者達の様子がおかしい。。。。恨まれて当然か。。。。。

そんな流ノ介の前に、フタガワラが現れる。
変身をしようとした瞬間、フタガワラにショドウフォンを食われてしまった!
そこに、丈瑠(松坂桃李)らがやってきたため、人々を救うのには成功したが、
ショドウフォンは奪われてしまったまま。。。。。。
奪還を考える丈瑠たちであったが、流ノ介は歌舞伎公演のことが気になって、
それどころではなかった。。。
役者の松川新太郎(鯨井康介)の言葉が突き刺さる。。。
“アイツは裏切ったんだ!”

そんな中、再びフタガワラが現れ始める。
が、、今度は、十臓、太夫も加勢し、
ショドウフォンを取り返すどころではないシンケンジャー!!
すると、、突然、戦いを辞めた十臓、太夫が、フタガワラに斬りかかり。。。。


敬称略



ついに、やって来てしまった、この時。

すべての折神が合体である。

今回は、ただそれだけだ。。。サムライハオー。。。。ってことだ。

相変わらずの、
どう見ても、動けない感じの、超重装備で。。。。。

まさに、、要塞である!


結局、『サムライ』なのに、、光線攻撃で終了って。。。。。

せめて、ここは、『剣』にしてほしかった!!!!


そういえば。。物語。。。。。そういえば状態だよね。。。
一応、流ノ介の悩みを表現し、本当に区切りをつけるお話。

ただこれ。。。

物語の複線を回収していると言えば、聞こえは良いが、
本当は、初期でやらなきゃならないお話なんじゃ???

なのに、、、今である。。。
一瞬、今回で、流ノ介は退場するのか??と
普通に思っちゃいましたよ!!


やったことは、ショドウフォンが食われただけで、
特に、流ノ介のお話でなくても、十一折神全合体は出来たはずだ。

う〜〜ん。。。もう、、なんだかなぁ。。。

両者のお話は良くできているんだよね

流ノ介のお話だけでなく、
フタガワラが、超強敵に変貌したため全合体するなど
。。

でも、繋がりが、ほぼ無いからね(苦笑)

もう少し丁寧に作って欲しかったモノだ。

アヤカシを強化するために、斬るっていうのはおもしろい発想なのになぁ。。。


これまでの感想
第三十四幕 第三十三幕 第三十二幕 第三十一幕 
第三十幕 第二十九幕 第二十八幕 第二十七幕 第二十六幕 
第二十五幕 第二十四幕 第二十三幕 第二十二幕 第二十一幕 
第二十幕 第十九幕 第十八幕 第十七幕 第十六幕 
第十五幕 第十四幕 第十三幕 第十二幕 第十一幕 
第十幕 第九幕 第八幕 第七幕 第六幕 
第五幕 第四幕 第三幕 第二幕 第一幕 
posted by レベル999 at 08:17| 仮面ライダー・戦隊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。