TBコメントは、本家へm(__)m

2009年10月22日

不毛地帯 第二話 頭脳戦

『黒い頭脳戦』

内容
防衛庁の第2次防FX(次期主力戦闘機)が、国防のためではなく、
政治家の利権に利用されていると知った壹岐(唐沢寿明)は、
近畿商事航空機部へ異動する。
異動後、里井支社長(岸部一徳)は松本晴彦部長(斉木しげる)を紹介し、
小出宏(松重豊)を壹岐の部下につけるのだった。

一方、防衛庁の川又(柳葉敏郎)は、
明らかに性能が上のラッキード社の戦闘機ではなく、
グラント社に決まりかけていることを不審に思い、
官房長官の貝塚道生(段田安則)にプレッシャーをかけるが、知らぬ存ぜぬ。

そこで、反総理派の大物政治家・大川一郎(佐々木敏)を利用することを
里井は考え、支援を条件に揺さぶりをかけるが、
逆に、貝塚は、毎朝新聞の政治部記者・田原秀雄(阿部サダヲ)を使い、
壹岐だけでなく大川にもプレッシャーをかけてくる。
そのため大川は、態度を変化させてしまうのだった。

壹岐は、総理サイドへの働きかけを提案。
国防会議の重要メンバーでもある経済企画庁長官の久松清蔵(伊東四朗)に、
働きかけを開始する。

その一方で、壹岐は貝塚たち総理サイドが、
近畿商事のライバルの東京商事航空機部の鮫島辰三(遠藤憲一)を通して、
グラント社からG資金というワイロを受け取っていることをつかみ、
小出を使いながら、大蔵省に密告。潰してしまうのだった。

ラッキード優勢になり始めたが、決め手がない。
そんなとき、小出が壹岐に提案してくる。ルートがあるという。
小出は防衛庁時代の芦田国雄(古田新太)に接触し、
グラント社の価格見積表の入手に成功するのだった。

ようやく、壹岐の作戦が上手く回り始めたが、川又から連絡を受ける。。。。

敬称略





壹岐正の新しい戦場。

それは、“二次防”に関わる戦闘機売買!

次から次へ襲いかかる難局を乗り越える壹岐。
そして、作戦を練っては、敵を撃破。

順風満帆!
そんなとき、大事件が発生する!


って感じ。
途中あったように、作戦参謀の血。

まさに、過去を捨てたつもりが、“血”が許さない。
そこに、国を守るという信念が加わり、行動を開始する!

若干、分かりにくさはあるのだが、
壹岐の頭脳は、良い感じで表現はされていた。

というより、
壹岐の周りの特徴的な人物ふたりが、
より一層もり立ててるんですけどね!

ひとりは、、ライバルの遠藤憲一さん!
もう一人は、部下の松重豊さん!

このふたりの怪演があるために、結果的に、壹岐の作戦が魅力的に見えますよね

演出の妙。。。と言って良いでしょうね。
分かり難い作戦だって、魅力があればokなのだ。

ってことで、
まさにドラマのように、一気に大逆転状態から大事件!

魅せる展開が待っているようである。


前回のようなキャラ紹介に終始されてしまうと、困っていたところだが、
今回のように面白く魅せてくれると、期待感がわいてくるというモノだ。

かなりテンポも良かったしね!



少し気になっているのは、“家庭”
これは、、後で、何か意味が持ち始めるのかな?
“葛藤”の一部としては、ちょっと、ね。。。
きっと、心を整えたり、後ろめたい気持ちがあるからなんだろうけどね。

これまでの感想
第一話 
posted by レベル999 at 23:14| 2009年ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

交渉人〜THE NEGOTIATOR〜(2)第1話 夏のサンタ

『東京都民1300万が人質!?宅配便で拳銃を届ける少年』

内容
季節外れの猛暑。。。。
とある会社で、会社員宮崎真也(鈴木拓)が、上司を射殺し、その後自殺した。。

そのころ、解雇に腹を立て、雇い主・天野茂春に発砲し、
逃走を図った男・園田郁夫(渡辺いっけい)が、車に籠城していた。
警視庁捜査1課特殊犯捜査係“SIT”が駆けつけ対応し、
メンバーのひとり宇佐木玲子(米倉涼子)が、交渉に当たっていた。

銃口をアゴに当てる園田に、裁判になった場合の心象を考えればと玲子は交渉。
やがて、銃を捨て自ら扉を開けて、園田は投降する。

園田“そんなモノさえ、届かなかったら”

妙な言葉を残し連行される園田。
SITの桐沢圭吾(陣内孝則)木崎誠一郎(筧利夫)は、
園田の拳銃の入手方法を不審に思い始める。。。。真性拳銃であったからだ。

同じ頃、都内では“サマー・クロス”と名乗る差出人から
真性拳銃が宅配便で送られる事件が連続して発生していた。
その1つが、上司殺し。。。そして、、、少女の暴発事故。。。。
やがて、園田の証言も、、宅配便で届いたと言い、差出人は“サマー・クロス”

すべて“グロック17”という拳銃
警視庁刑事局組織犯罪対策部の片山一義(高橋克実)も乗り出してくる。
そしてついに、弓坂史子捜査一課長(浅野ゆう子)が、記者会見を行う事態に。
12丁。。。14丁。。。。

誰かが無作為に拳銃をばらまき、人間の負の感情を暴走させていた。。。。

弓坂捜査一課長は、合同捜査会議で陣頭指揮を執り始める。
そして、東京湾上の不審船舶から、拳銃が強奪される事件が報告された。
拳銃密輸グループを襲撃した何者かが拳銃を奪い去っていた!
残された映像の中には、拳銃の数は、、、、27丁。
まだ13丁回収されていない。。。

そんななか
弓坂一課長の指示でFBI帰りの王子隼人(八神蓮)が、SIT着任してくる。

一方、事件の状態に違和感を感じ始めた甘利祐介(高岡蒼甫)は、
玲子に悩みを打ち明けてくる。。。。警官に向いていないのでは。。。と。
一人の少年。。。柴田弘樹との交流に、なにかを感じているようだった。

そして、ついに、サマー・クロスを名乗る人物から、
報道にも載っていない合計27丁。。。。。本人だった。。。。。
同志が13人いると。。。。

敬称略


公式HP
http://www.tv-asahi.co.jp/koshonin/

2008年01月期の連ドラ。2009年02月にSP。9月に特別編。

なんだか、かなり力の入っている作品である。


と言う事で、正式に第2期が始まったと言う事だ。




無差別に配られた拳銃27丁。未回収は13丁
都内の誰かが、持っている!
拳銃という“凶器”いや、、、“狂気”に支配された人間が13人。

次々とサマー・クロスは、要求を重ねてくる!!


って感じですね。

ま、、すでに、甘利の関わっている人物ということで見えているのが
少し気になるところですが、

今回から始まるドラマのネタフリとしては、
登場する“同志”によっては、かなりオモシロ味のある展開になりそうで、

前期の謎かけの多用に比べれば、
思った以上に、シリアスな物語になりそうである。
いや、、、刑事モノを超えて、社会派になる可能性も!


しっかし、、次回予告。。。。見せすぎだぞ!!!
この部分さえ除けば、楽しみなドラマが始まった!!。。。と
書きたかったのに。。。。。

ま。いいか!

キャラ紹介もある程度丁寧だったし、
事件も、そこそこ魅せていましたしね!


最後にどうでも良いことですが。
塚地武雅。。。。この1年ほどのあいだに、何度目の“刑事”だよ!

posted by レベル999 at 22:46| 2009年ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。