TBコメントは、本家へm(__)m

2009年10月11日

JIN−仁− 第1話 幕末へ

『時空を超えた愛と命の感動物語〜現代の脳外科医が激動の幕末へ…
 歴史の針が今、動き出す!人は人でしか救えない!!』

内容
恋人であり、優秀な外科医でもあった友永未来(中谷美紀)の脳腫瘍摘出手術を、
自ら行い、ちょっとしたミスで植物状態にしてしまった脳外科医がいた。
東都大学付属病院の脳外科医・南方仁(大沢たかお)
それからというモノ、難易度の高い手術を一切行わなくなってしまう。

ある日、運ばれてきた身元不明の男の血腫除去、腫瘍摘出手術を行うことに。
術中、封入奇形胎児らしき驚きの状況が見つかったが、無事終了。
刑事達もやってくるが、身元が分かるモノは全くない。
だが、突然、病室から姿を消す男。
ようやく、胎児の小瓶を持った男を非常階段で見つけた仁。

男“戻るぜよ。あん世界へ”

次の瞬間、階段から落下する仁!!
気がつくと、林の中にひとりいた。
声がする方に向かうと、侍たちが斬り合いをしている!!時代劇!?
斬られそうになる仁であったが、ひとりの侍(小出恵介)により助けられる。

仁を助けるため頭に手傷を負った侍は、、旗本の橘恭太郎
一刻も早くオペをしなければ、命は助からない!恭太郎も死ねないと。。。。
新たに駆けつけた侍たちと恭太郎を運んだのは先は、恭太郎の屋敷。
母・栄(麻生祐未)妹・咲(綾瀬はるか)は、泣き叫ぶが、
難易度などを考えている余裕は、仁には一切存在しない。
今すぐ治療しないといけないと訴え、大工道具、焼酎など手に入るモノを利用し
仁は、持ってきていた簡易のオペ道具を使いながら、オペを決意する!

“神は乗り越えられる試練しか与えない”

栄の命がけの訴え、そして見守られながらではあるが、
栄、咲を助手にオペは開始され、、無事成功。
疲れからか、寝入ってしまう仁。

目が覚め、落ち着いてまわりを見た仁は、気付く。タイムスリップしている!?
咲に聞くと。。。文久2年。。。1862年。。。いわゆる“幕末”だった!


内容2
幕末と分かった仁。
咲から、細かく尋ねられるが、仁は誤魔化していく。
そして恭太郎も気がつき。。。。一安心
栄からの追求も、誤魔化していくが。。。。ふと、気付く。
“あの男は、なぜ、あんなモノを持ち出そうとしたのだ?
 見つければ、戻れるのでは?”

書き置きを残し、恭太郎の屋敷を立ち去った仁は、やって来た原っぱへ
だが、男がいるはずもなく。途方に暮れ、川を眺めていると。。。。

“やめんかえ〜”

と聞いたことのある声の男(内野聖陽)に止められる。
誤解を解いた仁。
どうしても、男が気になり追いかけていくが、見失ってしまう。
が、、、そこには、ホンモノの江戸の町が存在した!
圧倒される仁。

そんななか、偶然出会ったタエ(戸田菜穂)喜市(伊澤柾樹)親子。
侍の乗った馬に蹴られタエが負傷してしまう。
駆けつけた仁は、蘭法医・佐分利祐輔(桐谷健太)や土佐の男の協力を得て、
手術道具を橘家にとりに行ってもらい、
再び、咲の協力を得て、オペを開始するのだが。。。。麻酔薬がない!
そして、気付く仁。。。自分自身の存在の小ささに。

“とても簡単な手術、今なら先ず失敗することもない
 ここでは青息吐息だ
 これまで成功させてきたのは、誰かが作ってきてくれた薬や技術、知識だった。
 そんなモノを無くしたオレは、痛みの少ない縫い方1つ知らないヤブだった。
 自分がこんなにちっぽけだったことを、オレは知らなかった。
 もしかして、物言えぬ君からのオレへの罰なのか。。。。”


敬称略



公式HP
http://www.tbs.co.jp/jin2009/



タイムスリップすることは分かってはいましたが、
もの凄い、ドラマが始まったというのが第一印象ですね。

医療モノに、幕末に、そのうえ、人情モノだ。
当然、そこにタイムスリップだから、

歴史というモノを知っていれば。。。。ってことだ。


サスガに、ここまでネタを並べ立てれば、奇抜すぎるわけではあるのだが、
細かい部分はさておき、

かなりドラマとして、丁寧に描いている印象がある。

医療技術の差
そこから、自分を知る主人公である。

実際、ヒトコトで言えばファンタジーなのですが、
丁寧な物語の描かれ方は、俳優さんの力もあり、

惹き付けるモノがありますよね。

面白い!!

まだまだ初回ですが、そういっても良いかも知れません!


後は、
歴史をイジルのかどうか?
元に戻ることが出来るのかどうか?

そんなところでしょうが、、、ま、、、なにかるのでしょう。

個人的には、
それほど期待していなかったドラマですが、
一気に株を上げた感じかな。

こういう作品。。大好きですので!!
もちろん、歴史好きだから。。。というのもありますけどね!

でも、丁寧さだけを見ても、

“ドラマらしいドラマ”

そう言っても良いでしょうね。


だって、俳優さんが。。。。
前半は、麻生祐未さん、後半は、内野聖陽さん

2人の迫力がスゴイですよね。
主人公達を潰しかねないほどですよね(笑)



本当に楽しい感じの“ドラマ”が始まったとことだ。


わたし的に、かなりの高評価、、、いや、好評価、、、である

posted by レベル999 at 23:23| 2009年ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

天地人 第41回 樋口惣右衛門物語

『上杉の生きる道』

内容
慶長6年、米沢30万石に移った上杉家
兼続(妻夫木聡)が米沢に入ると、父・惣右衛門(高嶋政伸)が待っていた。
京の景勝(北村一輝)の指示で、謙信公の遺骨を持ってきたという。
新たな生活の始まりを予感させる兼続達。

そんななか、娘・お松(逢沢りな)息子・竹松(加藤清史郎)らとの暮らしの中、
直江家の家督のことで、兼続は戸惑いを覚え始めるのだった。
やがて、景勝も“帰国”
家臣団に、農地開拓による財政再建の礎となる石堤作りの志願者を募る兼続。
武士が百姓を?
拒絶感が蔓延する中、親友でもある桜井(松尾諭)が、
重臣であるにもかかわらず買って出るのだった。

着々と米沢の内政が進める兼続は、
お松に、本多正信(松山政路)の次男・政重との婚儀を告げる。
母・お船(常盤貴子)から話を聞いていたため、お松は納得したのだが、
婿入りであると聞き、竹松はショックを受けるのだった。
飛び出していく竹松。

気持ちを察した祖父・惣右衛門が見つけ出し、
与六だった頃の我が子・兼続の話を始めるのだった。。。
“愛を疑ってはいけない”

納得する竹松を見て、父・惣右衛門の大きさをあらためて知る兼続。

数日後、惣右衛門の娘・お貞(緑友利恵)の祝言が決まり樋口家は大賑わい。
母・よし(西原亜希)らも喜びに包まれていた。
惣右衛門、兼続、実頼(小泉孝太郎)ら皆で踊り、祝うのだった。。。

そして、数日。。。
喜びをかみしめながら惣右衛門は、屋敷の縁側で息を引き取る。


敬称略



えっと、、竹松のお話で、直江家の家督のことをやる。。と思っていたら、

なんと!!

樋口惣右衛門物語でした!!


そう!

決して、『上杉の生きる道』ではありません!!

ま。。。毎度のことですけどね(苦笑)



さて、その事さえ、気にしなければ、
主人公であるはずの兼続も、脇役扱いになり、

意外と、オモシロ味のある、、、
味のある人情モノに仕上がっていた感じである。

親と子

惣右衛門と兼続だけでなく、兼続と竹松にも当てはめる。

兼続では納得出来なかった竹松も、
祖父の丁寧な説明で納得するなど、

かなり出来すぎな印象もありますが、良い物語なので、
これはこれで良いだろう。

ちょっと、良いお話。

そういうことだ。


しかしまぁ、
もうちょっと、、、強引に兼続&竹松物語を描くのかと思いましたが、
思った以上に丁寧な惣右衛門。。そして親子物語でしたね。

基本的に、ホームドラマである“天地人”

女性陣で、適当にお茶を濁す形にしなくても、
男性陣だけで、キッチリ描いたのは評価したいところだ。

高嶋政伸さん、妻夫木聡さん、、そして、加藤清史郎さん。
優しい雰囲気を漂わせる3人を、かなり上手く使ったと思います



1つ残念なことがあるとすれば、
こういったお話を作ることができるのならば、
いままで、なぜ、こう言ったことをしてこなかったのか???

ということだ。

これは、親友の桜井達の行動にしてもそうだ。


本来、歴史の表舞台に立つはずのない主人公・直江兼続を
メインにしているドラマなのだから
こういった人間関係で、魅せていけば、
くだらない演出などをしなくても、納得の出来る物語になっていたはずなのだ!!

いまさらではあるが、
今回の描き方こそが、歴史の脇役ドラマが“やるべきこと”
歴史の主人公達にわざわざ会いに行ったりすることではないのである

ようやく、納得のドラマを見た印象である


あ。総括的になっちゃってますけど。気にしないでね!

ちなみに、同じコトを、数年前の大河でも書いていますけどね。。。
昨年は上手くやったのにね。。。。

これまでの感想
第40回 第39回 第38回 第37回 第36回 
第35回 第34回 第33回 第32回 第31回 
第30回 第29回 第28回 第27回 第26回 
第25回 第24回 第23回 第22回 第21回+ 第21回 
第20回 第19回 第18回 第17回 第16回 
第15回 第14回 第13回 第12回 第11回 
第10回+ 第10回 第9回 第8回 第7回 第6回
第5回 第4回 第3回 第2回 第1回 



posted by レベル999 at 20:46| 大河ドラマ 天地人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フレッシュプリキュア! 第36話 その名はノーザ!

『新たな敵!その名はノーザ!』

内容
インフィニティを奪われた、サウラー、ウエスター
クラインからレーダーをもらい。。。。。

そのころ、ラブの家では大事件が起きていた!

なんと、シフォンが立った!!

狙われている危険性もあるが、
ラブ“あたしたちがそばにいれば大丈夫”
と、、、ラブたちが子供の頃よく遊んだ“どんぐり王国”という公園へ散歩へ。

どんぐりを宝物と、みんなで楽しく遊んでいると、
そこに、サウラー、ウエスターが現れる!!
2体のナキワメーケと戦いはじめるプリキュアたち。
が、そこに謎の女が現れる。

“わが名は、ノーザ!
 さあ。インフィニティーを寄こせ!!”

ノーザは、ソレワターセを発生させ。。。。。。。






タルト“プリキュアのワザが、効かへん!”

最高幹部のノーザ登場。

この言葉と、プリキュアの攻撃が効果を発揮しないだけで
十分面白いですよね。


そこに、お話の流れから、
宝物を壊されたこともあり、“インフィニティ”シフォンが力を発揮!!


争奪戦が始まったばかりだというのに、
その初回から、かなり面白く戦いを魅せてくれましたよね。

そのうえ、ノーザ!!

セリフだけではありますが、なかなか良い感じの“悪役”の予感がします。


ま、、わたし的には、
もうすこし、
サウラー、ウエスターの2人を役立たず扱いしても良かったような、、、、

仲間。。。というか、
同じグループのキャラに迷惑をかけてこその“超悪役”だと思いますし!

それ以前に、
不幸のゲージを集める必要はなくなっているんだから
わざわざプリキュア狙いをしなくても

大量にナキワメーケを発生させて、クローバータウンを襲わせ、
消耗戦に持ち込んでも良いような気もしますが。。。。
疲れなどが蓄積されるのは、このプリキュアの特徴だから、

そういう手もありだと思いますけどね。


それはそうと、
ほんと、良いことですよね。こういうキャラって。

ここのところ、1年モノの番組が新章に入る番組が多い中
それぞれに良い悪役が用意され、
物語が面白くなるだけでなく、引き締め効果もありますよね。

悪があっての正義の味方
正義の味方だけが強力になっても、面白くありません!!

苦戦があってこそのパワーアップなのである。
次回も含め、、、良い流れだよね。。。

アイテム乱発でバランスが崩れている“どっかの戦隊”には、
流れをプリキュアから学んで欲しいモノである。




これまでの感想

第35話 第34話 第33話 第32話 第31話 
第30話 第29話 第28話 第27話 第26話 
第25話 第24話 第23話 第22話 第21話 
第20話 第19話 第18話 第17話 第16話 
第15話 第14話 第13話 第12話 第11話 
第10話 第9話 第8話 第7話 第6話 
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話 
posted by レベル999 at 17:46| アニメ&特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

仮面ライダーW 第6話 嘘の代償

『少女…A/嘘の代償』

内容
アノマロカリス・ドーパントを倒した仮面ライダーW!!
だが、目をつけた鷹村(伊東孝明)ではなく、オトリだった!!

娘・あすか(大村らら)の身にも危険が及ぶというのに
それでも、土地買収を進めようとする議員・楠原みやび(川田希)に
怒りを覚える翔太郎(桐山漣)
だが、そのあすかの仮面ライダーへの想いを聞き、ハーフボイルド翔太郎は、
あすかのために戦いを続けることを決めるのだった。

一方、残されたガイアメモリをフィリップ(菅田将暉)が分析したところ、
実験品であり、鷹村が流通関係者であると分かってくる。。。
情報屋・ウォッチャマン(なすび)からも、
亜樹子(山本ひかる)が鷹村の土地の情報を得たことで、

そのころ、度重なる失敗に鷹村は、
冴子(生井亜実)霧彦(君沢ユウキ)の力を借り、あすかを誘拐

翔太郎は追いかけようとするが、目の前にナスカドーパントが現れ。。。。。。。


敬称略




“ビームが曲がった!!!”

ルナトリガー、、、反則である。


もう、この攻撃方法ばかりが目についてしまって
マキシマムドライブも、、、、

これだけで戦いはすべてokじゃ???

違うか。。。。


それはさておき。

物語は、ベタな人情モノに仕上がっていますね。

ま、、それはいいや。ベタベタだし。

ただそれ以上に、

翔太郎、フィリップ、そして、、、亜樹子

役割分担のバランスが、かなり良くなりましたよね。

亜樹子も、大騒ぎだけじゃなくなり
見ることの出来るキャラになっていますしね!!

キャラが描かれることで、
“探偵社”が、チーム行動をしていることがよく分かります。

単純だけど、
チームがハッキリすると、物語が描きやすいですよね

それが、物語の安心感にも繋がっていく。


戦いもかなり面白く魅せていますし、
今のところ、好循環しているようである。

あとは、どれだけ、魅力が積み上がっていくか??でしょうか



これまでの感想
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話 


posted by レベル999 at 08:47| 仮面ライダー・戦隊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

侍戦隊シンケンジャー 第三十三幕 猛牛大王

『猛牛大王』

内容
暴走する禁断の牛折神!!
封印を守ってきた榊原家の少年ヒロ(佐藤勇輝)を乗せ、どこかへ。。。
そのヒロが折神を引き寄せるモヂカラを持つことに気付くことは(森田涼花)
藤次(森下哲夫)からも力を聞き、丈瑠(松坂桃李)たちは、
自らの折神を解き放つのだった。
翌朝、居場所が見つかると、藤次が一枚のディスクを手渡す。
牛折神は、一瞬でくだけるはずだと。。。。

折神にのめり込むあまり、ヒロの両親を亡くしたことを知った丈瑠

その後、牛折神の元に向かう丈瑠たちだったが、
アヤカシ“ハッポウズ”だけでなく、アクマロに雇われたという十臓、太夫が!


敬称略



丈瑠および藤次が、
どうやって、牛折神の中に入ったかが、気になりますが。。。。

それ以上に気になったのは、
最強のレッドがスーパー化しても互角に近い、ハッポウズの力!!!

その直前に、十臓、太夫から、
簡単に言えば“力を上げた”と間接的に言われているのに。。。。

ってことは、
ハッポウズが強力なだけでなく、
十臓、太夫も力を上げなければ、、、、、もしもスーパーで戦ったら、、瞬殺?



すでに、パワーバランスが、良く分からない状態ですが。。。。

それは、、ま。いいや。。。


物語の方は

“たとえ牛折神から引き離せても、
 受け継いだ思いからは引き離せない

と言う感じで、
封印を守ると言う事で受け継いできた思いを志葉家にも重ねるという、
前回の中途半端ッぷりが嘘のような、

丁寧な物語になっています。

うん。物語は、ホント良い感じなんだよね。
まさに、シンケンジャーという感じだ。



でも
大人の事情の折神乱発!!
パワーバランスの不可解さ!!

そんなところさえ、気にならなければね!!


それにしても、
アンバランスだよなぁ。。。
いやまあ、子供向けだから、それはそれでいいのだろうが、

こんなにオモチャ乱発しちゃって。。。。。
ホントに、戦う上で、必要性がないよね。。。。。。



これまでの感想

第三十二幕 第三十一幕 
第三十幕 第二十九幕 第二十八幕 第二十七幕 第二十六幕 
第二十五幕 第二十四幕 第二十三幕 第二十二幕 第二十一幕 
第二十幕 第十九幕 第十八幕 第十七幕 第十六幕 
第十五幕 第十四幕 第十三幕 第十二幕 第十一幕 
第十幕 第九幕 第八幕 第七幕 第六幕 
第五幕 第四幕 第三幕 第二幕 第一幕 
posted by レベル999 at 08:44| 仮面ライダー・戦隊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NHK土曜ドラマ チャレンジド 第1回 熱血教師、再び

『熱血教師、再び』
『熱血先生、再び!盲目の教師と生徒の感動のドラマ

内容
孝明中学校で熱く語る教師。。。塙啓一郎(佐々木蔵之介)
まさに熱血教師。
ある日、授業の最中に異変を覚える。。。。
“網膜色素変性症”
医師から難病であり、近い将来、失明することが告げられる。
ショックを受ける啓一郎。
妻・幸江(富田靖子)息子・大介の助けを受けながら、
教師をかろうじて続けていたが
徐々に悪くなっていき。。。そして、、、ある日の朝、、突然、、失明

ついに、その日が来たのだった。

それでも、“教師がしたい”。。。その思いだけ。
妻・幸江の提案で、リハビリセンターで暮らしはじめるのだった。
白杖、点字。。そして、日常生活の仕方などを学んでいく。
はじめは、まったくダメだったが、家族の声を聞き勇気づけられる啓一郎。
やがて、半年も経つ頃には慣れていき、センターを出る日が近づいてくる。
そして“現実”を知るのだった。
センターの人に勧められた職業は、マッサージ師か鍼灸師だけ。。。。
“教師”という選択肢はなかった。

そんななか、“盲目の教師の会”というモノがあると知る。
全国では、普通クラスで教えている教師が10人くらいいる!!
さっそく会長・筧丈治(夏八木勲)がいるという浜松へむかう
すると、、
“ハンディキャップは個性じゃなく、新しい力だ”
ようやく“希望”が見えてきた啓一郎は、盲導犬ポン太の特訓を開始する。
そして、必死になり、各地の教育委員会を訪ね歩くが、拒否されてばかり。。。。

その夫の姿を見て、妻・幸江は昔世話になった恩師、、、
北富士町立都丸中学の校長をしている花村聡吉(西郷輝彦)に相談すると、
啓一郎を採用決定するだけでなく、担任まで!!

だが、後日の職員会議で、教育委員会からの了承を得たことを花村が発表すると、
教頭の町田典子(朝加真由美)を中心に、学年主任の落合拡(田中実)や、
山崎ロビンソン武(川平慈英)板橋律子(くわばたりえ)阿掛登志彦(南周平)
ら教師達は、猛反対!!
特に担任になるはずだった、新谷京子(村川絵梨)は、猛烈に拒絶する。

それでも、花村は。。。訴えかける。。。
“目が見えなくなっても教職を続けようとする先生がいますか?
 ここにいる皆さんよりも、教師たる姿を見た。”

ついに、啓一郎は教師としての新たな一歩を歩み始めることになるのだった。

しかし、、初日。。。教室にもたどり着けず。。。。。
同僚教師達の視線は冷たいまま。

翌日。。とりあえず、ホームルームだけを担当しての様子見が始まるが、
啓一郎は事件を引き起こしてしまうのだった。
遅刻だと思って招き入れた生徒・奥寺比夜(小池里奈)が、
教室に入るなり、、、倒れてしまう!!パニック症候群だった。。。。。
そのため、図書室に隔離状態にしているという。。。。。

自身の軽率さを後悔する啓一郎。
そんなとき、妻・幸江が語りかける。
“どうしたらいいかばかりじゃなく、どうして欲しいか考えてみたら”

ようやく1つの答えが見えかけてきた啓一郎。
翌朝。。。タイムカードを押すことさえ出来ない啓一郎は、ついに。。。。。


敬称略

公式HP
http://www.nhk.or.jp/dodra/challenged/



山崎『アメリカでは障害者のことをチャレンジドと言うんですよ
  神様からチャレンジする使命を与えられた人という意味です



突然、失明した熱血教師・塙啓一郎

それでも、教師がしたい!!

熱血教師物語第2章

と言う感じである。



ラストのエンディングも含め、
途中の説明もあったように、同じ境遇の人を題材にしている物語のようだ。

今回は、
まだまだ始まったばかりではあるが、
いろいろな意味で挫折した末、ようやく気付く。。。と言うところである。

いきなりの暗い感じの物語で、
どうなるかと思いましたが、
終わってみれば、主人公自身の変化と生徒の変化を重ねるなど

思った以上に良い感じの物語になるようである。

ま、、熱血モノだし。この手の物語だし。。。。
よっぽどのことがない限り、

毎回、感動物語になるのでしょう。

NHK土曜ドラマだと言う事を考えれば、
エンディング後のコーナーも悪くない感じだ。


あとは、、、どういう最終回になるのか??でしょうね。

普通の熱血ものになりそうだけど、
一捻りしてくるのかな。。。。


とりあえず、
佐々木蔵之介さんの熱血ぶりだけで、十分満足感は高いですけどね!

頑張らないで今のままの自分を受け入れてやっていこうと思う。
奥寺も頑張らなくて良いんじゃないか

体の状態がどうかではなく、通用する感じですよね。。。。


posted by レベル999 at 01:00| 2009年ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。