TBコメントは、本家へm(__)m

2009年10月04日

天地人 第40回 上杉転落

『上杉転落』

内容
慶長6年、家康(松方弘樹)から上洛命令を受けた景勝(北村一輝)は、
兼続(妻夫木聡)とともに上洛。
本多正信(松山政路)の屋敷を訪れる兼続は、ある申し出をするのだった。
正信の息子・政重を養子としてもらいたい、家督を譲ると。。。。。。
娘・お松(逢沢りな)との婚儀を申し出るのだった。

そして、家康との謁見の日を迎えた景勝、兼続。
家康は、騒動の謝罪を求めてくるのだが、“謝罪は無用”と言いきる景勝。
また“直江状”についても、兼続、景勝に詰問するが、
“正義とは何か世に示すため”であり、“義”を示すモノだと退かない2人。
福島正則(石原良純)らの名前を出し、皮肉る家康。
その信念を曲げない2人を見て、
上杉の終わりを感じる者もいれば、あっぱれという者までいた。

そんななか、上杉の危機に豊臣の危機を感じ取った福島は
小早川秀秋(上地雄輔)の屋敷を訪ね、上杉を救うことを訴えはじめる。
話を聞いた秀秋は、淀(深田恭子)に家康への取りなしを訴え出るのだった。。。

上杉の始末が決まらぬ状態の中、
兼続は、妻・お船(常盤貴子)に本多とのことを告げていた。
お船は、竹松(加藤清史郎)のこともあり、猛反対するが、
“上杉存続”のためには、仕方がないと兼続。

やがて、秀頼(小林海人)、淀に謁見した家康は、福島らの作戦
そして兼続が本多へ訴えた策に家康が乗ったこともあり。。。。

ついに、、上杉への沙汰が決まる。
米沢30万石へ移封

120万石からの大幅減に、動揺する家臣達。
ついてくる者は面倒を見ると告げる兼続。

そして、、、米沢への出立の日。。。。。。。


敬称略




今回は、上杉への戦後処理を決めたお話である。


一応、兼続も暗躍しているし!

兼続、景勝は、『義』を家康に語ったし、


このドラマが描きたいこと。。。『義』と
細かい部分はさておき、歴史物としても、、それほどのブレもないし。

ま。。。

ここにきて、かなりキレイに丁寧にまとめてきた


と言う感じである。
可もなく、不可もなく。である。

盛り上がりというものが、あまり見えなかったのは気になるが、
そのあたりは、、、『天地人』なので、こんなところだ。


本来は、もっとラストの家臣団で感動的に。。。。なんだろうけどね!

家臣団。。。ラストの5分でいきなり登場じゃ、
いくらなんでも、盛り上がりませんよね(苦笑)


そこに踏み込みたかったのならば、
なんども、竹松を登場させて、“反則盛り上げ”するならば
ラスト15分くらいで、
泉沢らも含めて、もっと盛り上げておくべきだったと思います。

ただまぁ、、これが、“天地人”なんだよなぁ。。。。

いてもいなくてもいいような、映像化する必要性もない
くだならないこだわりを遠山で表現するくらいなら


本当は、描かなくちゃならないコトは、
こういう部分にあるハズなんですけどね!


もう、、、この“天地人”。。。はじめっから、ズレッぱなしだからね!


大きな意味を持つ“戦後処理”だっただけに、
かなり、もったいないことをしちゃっていますよ。

それにしても、盛り上がらないなぁ。。。。この最終局面で!

これまでの感想
第39回 第38回 第37回 第36回 
第35回 第34回 第33回 第32回 第31回 
第30回 第29回 第28回 第27回 第26回 
第25回 第24回 第23回 第22回 第21回+ 第21回 
第20回 第19回 第18回 第17回 第16回 
第15回 第14回 第13回 第12回 第11回 
第10回+ 第10回 第9回 第8回 第7回 第6回
第5回 第4回 第3回 第2回 第1回 

posted by レベル999 at 18:55| 大河ドラマ 天地人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第26話 再会

『再会』

内容
本当の姿のエンヴィーと戦いはじめたエドとリン
だが、エドは動揺する。。。。。そこにある、人間の姿のモノ。。。。
戦意喪失状態のエドは、エンヴィーに食われてしまうのだった。

そのころ、シャオメイを探すメイとスカー
アルと一緒にいるという目撃情報から、ようやく見つけ出すのだった。
が。。。。そこには、グラトニーの姿!
そして、明らかに妙な場所へとは行っていく2人を追うスカーとメイ

そのアルは、グラトニーに導かれ、“お父様”の居場所へ向かっていた。
エドを助けるための手がかりをつかむために。。。

一方、エンヴィーの腹に取り込まれたエドは、人間のようなモノのに囲まれ、
エンヴィーの力の根源である“賢者の石”を見つけていた。。。。
そして、、気付く。。。。グラトニーの腹の中からの脱出方法に!





完全に、忘れてました。。。。そっか、、、アルだ。。アル。

エド『いつか、必ず迎えに来るぞ!
  待ってろ。。。待ってろ〜〜〜〜〜


たしかに、“再会”である。



ブラッドレイとマスタング大佐の部分も含め、
この物語にとって、“最も根幹部分”と言って良いお話でしたね。

ブラッドレイの成り立ちだけでなく、
お父様に接触しようとするアル。

そして、、、人体錬成と、、、クセルクセスの悲劇と賢者の石

物語のすべてを描いていると言って良い感じだ。

もちろん、脱出法法は、、、かなりの裏技なのですが、
ま、、、未来の可能性を見せただけでも、十分意味のあるお話だ。

なかなか、面白いお話である。


わたし的には、
この人体錬成の部分が、分かり易く表現されるのかどうか?
が、一番気になっていたところであるが、

何も知らないリンが、なんとなく説得されているので
これはこれで、丁寧に描かれたと言って良いでしょうね。

分かり易いかどうか?は、、、少し疑問ですが、
かなり簡略化されポイントだけは押さえている感じだ。



それにしても、
まさか、ここまで展開させてくるとはね!

実は、そこが一番の驚きであったりします。
ED前に、、、まさか、、お父様登場させるのか?コミックのように?
と、
そう思うほど、かなり早い展開でしたよね。


あとは、、、次回から、、、ですね。

ある意味、新章の始まりでしょうし。。。。。
個人的には、ここで一度切ってしまうと言う手もあるとは思うんですけどね。。。。


これまでの感想

第25話 第24話 第23話 第22話 第21話 
第20話 第19話 第18話 第17話 第16話 
第15話 第14話 第13話 第12話 第11話 
第10話 第9話 第8話 第7話 第6話 
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話 
posted by レベル999 at 17:43| アニメ&特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

仮面ライダーW 第5話 パパは仮面ライダー!?

『少女…A/パパは仮面ライダー』

内容
風都の風力発電所・風都タワー
その第二風都タワー構想を発表する市会議員・楠原みやび(川田希)
そこに翔太郎(桐山漣)が現れる。ボディガードを依頼されたと言う事だった。
が、突如、襲撃を受ける、みやびと娘・あすか(大村らら)。
翔太郎は、亜樹子(山本ひかる)にふたりを頼み。。。。

変身!サイクロンジョーカー!

すると、なぜか、あすかが。。。“パパ?”
驚くまもなく、銃撃を受けるが、場所が掴めず。。。。サイクロンメタル!
防御を強化し銃弾をたたき落としていくのだが、残された証拠は弾丸だけ。
フィリップ(菅田将暉)に分析してもらうため持ち帰るのだが。。。。。

その後も、みやびへの襲撃は続くが、姿が見えない。
姿無き狙撃手も気になるが、、、なぜ、パパと呼ぶのかが気になる翔太郎。

用地獲得のため、鷹村源蔵(伊東孝明)らと交渉するみやび。
そんななか、、、鷹村を“勘”で、翔太郎は怪しさを感じ始めるのだった。
どうやら、風都タワーの計画を進めていた夫・大三郎(長谷川ほまれ)が、
1年前、凶弾に倒れ、それを引き継いでいたコトが分かってくるが。。。。。

一方、古代生物、歯、、、、からフィリップが検索しても多すぎる結果。
ようやく、亜樹子のアイデアもあり、“アノマロカリス”と判明!!
敵は水の中にいる!!

翔太郎とフィリップは、、、変身!
そして、、、サイクロントリガー!!

撃破に成功するが、、、、鷹村じゃない。。。。その部下(えんじ則之)。。。。


敬称略



サイクロンジョーカー
サイクロントリガー
その後、、、ヒート、、そして、、ジョーカーと

かなり展開が早い感じでしたが、
このアイテムの切り替えの早さは、良いですね!!

分裂キック。。。ジョーカーエクストリームまでの流れが、
かなりスムーズで、カッコイイ感じだったと思います。

ま、、、逆に、切り替えが早すぎるので、
わけわかんなく見えちゃっているのも事実でしょうけどね。

でも、こういう変身。。というか、状態変化、形状変化は、
テンポが一番重要だからね。

初めて、
仮面ライダーWをカッコイイと感じました(笑)




お話の方は、
翔太郎がボディガードをしながら、フィリップが敵探しと
ついでに、、、亜樹子が、ちょっとしたアイデア&補助

と、かなりバランスもいい感じになってきています。

さすがに、、

あれは、アノマロカリスなのか??

と言う究極の疑問は存在するのだが、ま、、それは良いだろう。

あとは、
次回、このお話を、どうやってまとめていくのか??

これまでのお話のような、
何らかの“オチ”は、用意されているのか??

前後編モノは、こう言うところが気になりますよね。

でも、
魅せ方や、謎の提示が、良い感じだからこそ、
この期待感も生まれてくるわけである。


前回、やっと安心した私でしたが、
それが期待感に変わった感じですね



これまでの感想

第4話 第3話 第2話 第1話 
posted by レベル999 at 08:41| 仮面ライダー・戦隊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。