TBコメントは、本家へm(__)m

2009年09月12日

こちら葛飾区亀有公園前派出所 第6話 両さんと中川が入れ替わった!?

『両さんと中川が入れかわっちゃった!?』

内容
両さん(香取慎吾)が、子供達と遊んでいて、派出所に戻ってくると
中川(速水もこみち)の様子がおかしい。
どうやら、AKB48のメンバーとフグを食べるという!!!
ワシが代わりに出てやる。。。という両さんであったが、、
そこに大原部長(伊武雅刀)がやってくる。

大東京美術館に“エンジェルダスト”という窃盗団が、
“ディーバの微笑”を奪うと犯行予告が届いたのだった。
中川によると、画家・三日月八雲が描いた“ディーバ”は三部作。
先日イタリアで盗まれたモノと、中川財閥所有の“ディーバの涙”があり、
一枚あたり、50億!!

厳重な警備体制を敷いた警察であったが、隙を狙われいつの間にか強奪!
“ワシなら。。”と屋上に張り込んでいた両さんの前に、
逃走しようとしているエンジェルダストのひとり・真奈美(島袋寛子)が現れる!
なんとか追い詰めた両さんであったが、あと少しのところで逃走!!
逃走に用いられたロープを伝い追いかけていたが、、力尽きる両さん。
その下に、中川が入り込み両さんは無事であったが、何か様子がおかしい。。。

中川と両さんの体が入れ替わってしまった!?

中川は病院送り。。。。自分を中川だと言いきる両さん。
魂が入れ替わったと、中川財閥の重役達にも発表!
が、、、、実は、すべて両さんの“企み”!!
とりあえず、AKB48と食事。
その後、両さんは、重大発表があると言い始め、、、、
資産300億という美術品をすべて売り払うと宣言!!

まもなく、中川の意識も戻り、両さんの企みはすべて露見。
大原部長、麗子(香里奈)、中川は、一芝居打って両さんにお灸を据える。

だが、、両さんの売り払い宣言を聞き、エンジェルダストが動き出す!
中川財閥に“ディーバの涙”を発見したからだった!
両さんを中川社長だと勘違い状態のエンジェルダスト
メンバーの真奈美、洋介(田中幸太朗)幸成(小柳友)は、
両さん誘拐作戦を決行!!!

中川を人質に取ったと中川財閥に連絡を入れても、受け入れられず。
そのうえ、派出所に連絡しても、、、無視。
実家に連絡入れても、信じてくれない。。。。寂しい両さん。


敬称略






“そりゃ、ぼくは先輩の代わりにはなりません、なりたくもないです”

両さんの企みとはいえ、入れ替わったことで、
両津という人物が、自分とは違うことをあらためて中川は知る。

それは、良いことであっても、悪いことであったも。。。。。。

そんなバカな、、『先輩』の身に危険が!!

悩んだ末、、中川の選択は

“この絵の価値をまったく分からない人もいれば50億の価値をつける人もいる
 専務が、あんな男って呼ぶ先輩も
 グータラで、金にがめつい最低の人だけど
 あの人のことを大切に思う人は、たくさんいる。
 ぼくもその一人だ”


そんな、、中川と両さんのお話。


まぁ、、、金持ちが勝手に売りさばいたのは、同情の余地はあるが
犯罪は、犯罪なんですけどね。。。。。

いくら“こち亀”だとはいえ、
その部分のスッキリ感がないため、、、ちょっとねぇ。。。

たとえば、中川はともかく。
“金持ちが悪い”というならば、他の2つの絵を悪い金持ちが持っていた方が
中川の“良さ”が見えて、納得出来たでしょうけどね。。。

それに、両さんがもっと無茶やっても良かったような。。。。


中川と両さんのちょっと良いお話なのですが、
ドラマとしての納得感は、あまりありませんよね。

惜しい感じなのにね!


これまでの感想

第5話 第4話 第3話 第2話 第1話
posted by レベル999 at 20:57| 2009年ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。