TBコメントは、本家へm(__)m

2009年09月03日

任侠ヘルパー 第9話 おくられていく人

『愛の討ち入り!!任侠おくりびと』

内容
鷲津莞爾(竜雷太)に襲いかかっるりこ(黒木メイサ)を
取り押さえた彦一(草なぎ剛)。。。鷲津が関わっていないと言っても
四方木連合が襲撃されたのは事実だと聞かない。
そこに、和泉(山本裕典)が駆けつけ、、、一応の収まりをみせる。

そんななか涼太(加藤清史郎)に母・晶(夏川結衣)が帰ってこない。
と言う連絡を受ける彦一は、涼太と共にハートフルバードの施設へ。
無事を確認した彦一は、“タイヨウ”に帰る。

彦一達の素性を知った鷲津は、
“極道として死なせてくれ”とドスを取り出すのだが。。。。
彦一“みっともねえこと、言ってんじゃねえ”

その後、和泉から“監視役”であることが伝えられた彦一達。
鷲津組の尾国(鈴木一真)のワナで、
抗争を引き起こすために、ワザと放り込まれたのだろうと告げるのだった。

翌朝。りこが施設に帰ってこない中、
騒ぎを起こした鷲津は、他の入所者から避けられ始める。
そこに、先日入院した山浦夏夫(峯のぼる)の息子・渉(梶原善)が現れ、
“看取り介護”を依頼してくるのだった。
延命治療を行わず、最期の時まで世話をする。それが看取り介護であると、
園崎オーナー(大杉漣)から、話を聞いた渉は承諾する。
そして鷲津と山浦は、再び同室になる。。。
晴菜(仲里依紗)は、看護師への報告とは別で、日記を書き始めるのだった。

晴菜、彦一、黒沢(五十嵐隼士)六車(夕輝壽太)二本橋(宇梶剛士)らの、
山浦への世話を見て、何かを感じ始める鷲津。

一方、飛び出していったりこの元には、鷹山三樹矢(薮宏太)がいた。
そして、尾国に狙いをつけはじめていた。。。

そのころ、テレビでは、晶の社長辞任会見が中継されていた。
用意した文面を読んでいる中、、、晶は。。。まったく違う話をはじめる。
“介護する側の負担を減らすため、姥捨て山を作りました。
 システマティックに負担を減らすこと。
 そうすることで、結果的に多くの老人が孤独に死んでいくことを防げる。
 人が人として生きるために何が大事なのか、
 わたしたちは、見つめ直す必要があるのではないでしょうか”

中継を見入るタイヨウの施設の人たち。
が、突如、山浦の症状が急変する!!
家族が駆けつけないまま、
施設の職員や入所者達に見守られながら息を引き取るのだった。
一筋の涙を残して。。。


そんななか、りこと三樹矢が、尾国に捕まったという情報が入る。
和泉が、鷹山(松平健)の命令だと、彦一達を制止するのだが。。。。
彦一“仲間やられて、動かねえ極道なんざ、いねえんだよ”


敬称略



宇梶剛士さん。。。カッコ良すぎます!!

もちろん、草なぎさんを筆頭に、
皆さん、かなりかっこいいんですけどね。

もう、宇梶さんに比べたら。。。。

それにしても
竜雷太さん、松平健さん、山田明郷さん。。。
お三方。。。一瞬でしたが、存在感ありますよね!!


基本的に、こういう殺陣だとか、
存在感ある俳優さんだとか。。大好きなモノで!

あ。。。ちがう、、そういうことは、横に置いておいて。

物語の方は、

今回のテーマは看取り介護である。
施設で人が死ぬと言う事。
このドラマが、今まで描いてこなかった部分である。

この現実を描かなければ、施設をテーマにした意味がありませんよね!
ようやく、、と言う感じですね。


人の最期を見て、何かを感じ始める鷲津、、そして、彦一達。
そこにある、施設の現実。。そして、家族達の現実。

切なくも、、ホント、、良い感じのお話でしたね。
鷲津、、いや、竜雷太さんの演技が、抜群ですし!
事件など描かなくても、なにかを感じて変化していく姿を見ただけでも
かなりの満足感があったと思います。

“息してんなあ
 がんばってんじゃねえか

これだけで十分ですよね。
ま、、最後は大活躍してますけどね!

本当にいろいろなことを伝えてくるドラマである。



ちなみに、良い感じの物語のまとめ方だったので、
細かいツッコミは、しませんので!

たとえば、、彦一。。。都合良く走り回りすぎ!とか
晶のお話、、、強引だなぁ。。。とかね!


これまでの感想
第8話 第7話 
第6話 第5話 第4話 第3話 第2話 第1話
posted by レベル999 at 23:04| 2009年ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

科捜研の女 第9話 謎の銃殺事件と残された指紋

『立て籠り事件の死角銃を奪われた警察官』

内容
警ら中の警官・長谷川進が妙な男に職務質問したところ、
銃を取り出した男は、逃げだし、近くの民家に人質を取り立てこもってしまう。
状況から、佐久間刑事部長(田中健)が、科捜研の榊所長(小野武彦)に命じ、
マリコ(沢口靖子)たちが、送られてきた映像から、犯人、凶器を特定。
犯人は、暴力団金竜会系二見組構成員・久野学(奥深山新)だった。
サーモグラフィなどで分析、人質3人と犯人ひとりを特定。
犯人が人質から離れた時、山下徹機動隊長(日野陽仁)の命令下、機動隊が突入。
人質を保護するとともに、久野学の確保に成功するのだった。

科捜研も含め、機動隊員達が撤収をはじめていると騒ぎが発生する。
機動隊員のひとり・東貴昭(井坂俊哉)が、頭を殴られ倒れていたのだった!
東の話では、久野が持っていた銃を鑑識に回す準備をしていたところ、
何者かに背後から襲われ、銃を奪われてしまったと言う事だった。

病院には、東の妹・弘美(酒井美紀)が駆けつけるが、
捜査の関係上、詳しく話すことは出来ないマリコ。
一方、東に事情聴取する土門刑事(内藤剛志)は、何か違和感を感じていた。

その日の夜、市内のホテルで門倉修三(立川三貴)と言う男の射殺体が見つかる。
それは、東が奪われた銃による犯行だった。
銃の線条痕から、数日前、大阪の暴力団関係のビルであった銃撃事件と同じ銃。
久野が敵対する組を銃撃後、京都で事件を引き起こしたと考えられた。

そんななか、風丘(若村麻由美)が、被害者の指に妙な痕を見つける。
血だらけの右手なのに、人差し指の先だけ血がついていない。。。。
ホテルの従業員から、密室だったことを聞き、マリコたちは再び現場検証。
まさか、自ら命を絶ったのか??殺しではないのか??
すると、、指紋などから、被害者の門倉が、扉のカギを閉めていたことが判明。
男女の騒ぎがあったという情報もあったことから、
門倉が、女性を知り合いの女性を庇っていた可能性が浮かび上がる。

一方、門倉の女性関係が派手だったことをつかんだ土門達。
三好裕子(松永京子)という女性と別れ話でもめていたことをつかむ。
裕子の話では、“償いの人生を生きる”と出ていったというのだった。
マリコと土門は、疑問を感じ始める。
女性が、屈強な機動隊員から銃を奪うことが出来るのか??

そんな折、拳銃の弾と手袋が、市内の川から発見。
その弾から2つの指紋が検出される。1つは立てこもり犯。
もう一つは弓状指紋という特殊な指紋。。門倉も弓状指紋だが、門倉のではない。
手袋からも指紋が検出され、遺伝的要素があると言う。
マリコは、1つの可能性を考えはじめ。。。。。。


敬称略



立てこもり事件の拳銃が紛失!!
その後、その銃で事件が発生するのだが、
あきらかに、、、自ら命を絶ったような。。。。。
が、なにか、おかしい。。。


そんなお話ですね。

今回、一番はじめに、大阪で事件をもってきているのが
後々効果を発揮するのが、スゴイですよね。

この事件がなければ、銃が使われていないため、
銃殺事件は、迷宮入りの可能性があったということである。

そして誰ひとり傷つけていない銃が傷つけたのは、
思いもよらない因縁の関係の人物!
自ら命を絶ったように思われた“意味”。。に

マリコたちがたどり着くきっかけになる“指紋”と同じ、、、
親子の関係を描き込んだ。

事件自体はメインを含め複数発生しているが、
それぞれに“意味”が存在するだけでなく、
“拳銃”というキーワードにより、一直線に結ばれているため、

事件が複数あっても、分かり易い展開になっていますよね。

そして、それぞれの事件のちょっとしたことが、
解決への糸口に繋がっていくのだから

物語全体が、綿密に練られていることがよく分かります。


今回のお話。傑作ですね。
上手く引き延ばせば、2hspでも成立するほどのネタですね。


そこに、ちょっとした切なさと、人情。。。。
かなり面白かったと思います。


気になることがあるとすれば、
分析などが少なかったことかな。。。。。


これまでの感想
第8話 第7話 
第6話 第5話 第4話 第3話 第2話 第1話2hsp
posted by レベル999 at 21:15| 2009年ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。