TBコメントは、本家へm(__)m

2009年08月27日

任侠ヘルパー 第8話 敵対組長の襲来!

『敵対組長の襲来!!そして女の覚悟』


内容
彦一(草なぎ剛)たちが働く“タイヨウ”に、
敵対する鷲津組組長・鷲津莞爾(竜雷太)がやってくる。
すぐに、鷹山(松平健)に報告したところ、事故で半身不随だという。
“いつも通り仕事をしろ”と言われてしまう彦一。
一方、鷲津は、個室の空きがないため、
脳梗塞の後遺症で言葉が出ない入居者・山浦夏夫(峯のぼる)と同室に。
食事も食えたもんじゃないと不満だらけの鷲津。
彦一達は、なんとかゴマカシながら、仕事を始め、気付かれていないよう。
でも“無防備すぎる”と彦一は気にくわない。

そのころ、ハートフルバードの会議で羽鳥晶(夏川結衣)は
重役・長谷川(相島一之)や、秘書の日野(中別府葵)に病気のことを暴露され、
追い込まれていく。
帰宅した晶は、家中に貼られた張り紙に驚く。。。息子・涼太(加藤清史郎)が、
いろいろなことを張り出していたのだった!!
涙が止まらない晶。。。。。
数日後、晶は彦一に感謝の言葉を伝えに行くのだった。

一方、同室の山浦には息子・渉(梶原善)から花束が届いたりするのに、
自分には舎弟もやってこないことに鷲津は不満を覚えはじめていた。
だが、やりきれない生活の中、山浦に何かを感じ始める鷲津。
そして、いつしか2人の間に友情のようなものが生まれはじめるのだった。

そんななか、りこ(黒木メイサ)が“タイヨウ”を出ていくのを目撃する彦一。
六車(夕輝壽太)の話では、四方木連合の久米(田中哲司)が襲撃されたという。
心配する彦一達。
だが、“タイヨウ”でも事件が発生する。
山浦に届けられていた花束が、晴菜(仲里依紗)の用意した物であると知り、
“偽善者”とスタッフに言ってのけ、“鷲津組組長”であるとキレるのだった。
黒沢(五十嵐隼士)や和泉(山本裕典)が止めに入るが、聞かず。。。
彦一の機転で、なんとか収拾をつけたが、
鷲津を部屋に連れ帰った時、山浦の体に異変が!!



敬称略



敵対する鷲津組組長・鷲津莞爾が、入所してきた!!
とまどう、彦一達!!

そんなとき、四方木連合が襲われ。。。。

って感じですね。



実際。前回の予告で、鷲津組長が登場するのは分かっていましたが、
一気に、“抗争”を描いていくのか?と思っていましたが、
そういうネタだけでなく、

施設内で行われている“命のやりとり”を丁寧に描いたお話でしたね。

明らかに捨てられた組長。
捨てられたと同じ状態の同室の男に共感していく。。。

男が死に瀕した時。息子は延命を選択。
鷲津“いつ来られるかも分からないのに、なんで延命なんかするんだ
息子“会いに来てやりたかったですよ。でも。。。
  だから、せめて少しでも長く生きて欲しい
鷲津“これが生きてるってのか、死んでんのと同じじゃねえか
彦一“これは、他人が口出しすることじゃねえ
  家族が決めることなんだ
  てめえを捨てたのは、こいつらじゃねえだろ

息子“父も喜んでいると。。
彦一“なぜ分かるだ。
  てめえが、そう思いたいだけだろ
  てめえらの都合で人の寿命きめるんじゃねえよ

あまりにも、冷たい感じに見える部分もありますが、
そこにある“現実”を表現したと言って良いでしょうね。

彦一が、冷静に“家族が決めること”と言っているのも、
施設でいろいろなことを経験してきたからなのでしょう。


切なく、そしていろいろなことを考えさせながら、
ヤクザ物としての物語も、キッチリ描こうとしていることも分かり、

“そんなにいらねえか
 どうしようもない存在なのか。私は
“あんたそれでも組長なんだよ
 親コケにされるわけにはいかねえ
 組なめられるわけにはいかねえ
 看板背負っている以上、もり立てていく覚悟するしかねえんだ

鷲津組との対比もあり、なかなか良い感じのお話になっていますね。
竜雷太さんも、もの凄い迫力だけでなく、優しさまで、
超名演技ですしね!!!

ベテランさんが登場すると、引き締まりますよね!


“任侠”“ヘルパー”
両者が見事に組み合わさったお話だったと思います。


徐々に盛り上がってきた感じで、次回が楽しみになってきました。



それにしても、、和泉。。。そういう人だったんだね。


これまでの感想
第7話 
第6話 第5話 第4話 第3話 第2話 第1話

posted by レベル999 at 23:29| 2009年ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

科捜研の女 第8話 呪われた撮影所

『もう一人の容疑者!呪われた映画の秘密』


内容
マリコ(沢口靖子)乾(泉政行)美貴(加藤貴子)ら科捜研の面々は、
テレビドラマの警察監修を依頼され撮影所にいた。
その帰り、撮影所の一角の資材置き場で事故を目撃する。
木材の下敷きになったプロデューサー・後藤勝臣(谷口高史)の姿があった。
日野(斉藤暁)が、機材を持ち合流。事故と思われたが、マリコらは検証開始。。
一方、土門刑事(内藤剛志)は、関係者に聴取。
“怨霊少女”の主演女優・青山ユリエ(吉井怜)や監督の磯村康平(石田太郎)
ユリエの事務所の社長・荻原佳代子(筒井真理子)
そして照明係の小宮山健吾(六平直政)らは、事故だろうと言う。
だが助監督の久保真(岡嶋秀昭)は、先日も照明機材のボヤ騒ぎがあり
事故ではないと言い始めるのだった。ユリエへの脅迫電話もあったと。。。

科捜研の分析で、木材を固定していたゴムなどから、
リモネン、炭酸カリウムの成分が検出。
リモネンで、留め具のゴムを溶かした事件の可能性が高まっていく。
また現場には、ガーベラの花びらが落ちていたことから、
出入りの花屋・斉藤和代(紅萬子)橋本悦子(前田愛)に聞くが、
不審者を見ていないという。

そんななか、
同じ撮影所にいた時任由美(三津谷葉子)水原さつき(藤井ゆきよ)らは、
幽霊話を口にし始めるのだった。
また“怨霊少女”の主演女優のユリエからも、同じようなことを。。
18年前のオリジナル版、その主人公の少女・南条すずの呪いだと。
姿を見たスタッフもいると言うのだった
土門が調べたところ、
前作は大ヒットだが、その後主演の南条すずは人気が落ち、そして行方不明に。
前作でもスタッフの磯村、荻原、後藤らは、すずが落ち目になると斬り捨て、
代わりにユリエという子役を見つけ、売り出していったらしい。

犯人への手がかりがまったく掴めないマリコと土門。
そこへ新しい事件が発生する。荻原佳代子が、階段から転落事故。
佳代子は、なぜか、ボヤ騒ぎのパラフィン紙を持っていた。
パラフィン紙などを分析したところ、指紋と口紅の成分が検出。
その証拠から、ボヤ騒ぎと木材事故の犯人が時任由美と特定される。
映画の主演に選ばれなかった腹いせだった。
しかし、由美は、階段で突き落としていないと証言。
マリコも、炭酸カリウムが解決していないと言い始め。。。。。。

敬称略




今回のお話。。
ちょっとした、2時間サスペンスですね。

何と言っても、“犯人”が、2人いるのだ!

それを1時間のドラマの中に、
かなり強引に詰めこんだ印象ですね。

正直、情報が多すぎて、整理するのが、難しいかったです!

でも、2人いるため、良い感じのミスリードになっていますよね。
“科捜研”シリーズの中でも、屈指の物語になっています。


ポイントは、炭酸カリウム。
なぜ、毒にもならないような物質が多く含まれていたのか??

そこにこそ、本来の事件の意味があるので、面白いことになっていますよね。

だまされ自ら命を絶ってしまった父の仇を討ちたかった。
父が使った“毒”を使ったはずだったのに。。。。死なない。。。
青酸カリ。。。が変質する“潮解”という現象
毒は、無毒化されていた。
だが犯人である女性の心にある恨みの心は、消えない。。。

“よーさん、光を浴びて恨みなんか忘れるんや”

キレイにまとめましたよね。


事件をてんこ盛りにしているのに、
解決で事件を丁寧に分離、そして分析しているため分かり易い!

いいですね。こう言うのが“科捜研”
満足感が高い一作だったと思います。


それにしても
これだけの犯人などをよくやる俳優さんを登場人物をたくさん入れて、
因縁などをよく作り込みましたよね。
普通の2時間ドラマでも、
ここまでやっちゃうと、わかりにくくなるモノですが、
いつもなら時間稼ぎで分析を長時間するところだが、そういうことを行わずに、
見せるところを見せ、見せないところは見せないとすることで、
ポイントを押さえているから、分かり難くならなかったのでしょうね。

まぁ、犯人が誰であるかは、バレバレですけどね。
そこにどうやってたどり着くのか?というのが、一番大事ですから!



これまでの感想
第7話 
第6話 第5話 第4話 第3話 第2話 第1話2hsp

posted by レベル999 at 21:21| 2009年ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。