TBコメントは、本家へm(__)m

2009年08月25日

恋して悪魔〜ヴァンパイア☆ボーイ〜 第8話 暴かれた正体

『最強の敵!!暴かれた正体』

内容
ルカ(中山優馬)が、真琴(加藤ローサ)とのことで、
学校で騒ぎになり、お互いに距離を置き始める中、
光陽学院付近で女子高生が襲われるという事件が多発する。
ある日の夜のこと。襲われている現場に遭遇したルカ。
そこには女子高生の血を吸うヴァンパイア(横山裕)がいた。
止めようとするが、逆にルカはやられてしまう。

翌日。“小早川”を名乗るヴァンパイアは、“力”を使い、
藤井(姜暢雄)らを洗脳。講師となって学院に、クラスに入り込んでいく。
特に、高木(桜庭ななみ)たち、女子生徒は妙に色気づいていく。
ルカの様子がおかしいことに気がついたカイト(近藤真彦)は、
“小早川”に注意するのだが、聞こうとしない。。。。

同じ頃、
女子生徒たちの様子がおかしいことに気付いた半田(中島健人)松山(入江甚儀)
“小早川”は、ヴァンパイアなのでは??と、真琴に資料を手渡し協力を求める。
疑心暗鬼の真琴であったが、資料を読むウチにあることに気付く。
“死んだ時の姿のまま。。。。”。。。まさか、歩が??

そんなとき、クラスの生徒たちに全員が“小早川”の言いなりになり、
ついに、ルカが思っている女性が真琴であることがばれてしまうのだった。


敬称略



“誰かを愛したところで、
 お前が受け入れられ、結ばれることは絶対にない
 どんなに美しくてもどんなに優れた能力を持っていても
 俺たちはバケモノなんだ
 お前が選んだ道が正しかったかはじきに分かる
 今、失う方がきっと、どんなに楽か、
 いずれここにいる本当の意味を知る事になるさ

そして、、

ルカ“オレは人間じゃない。オレはヴァンパイアだ


以上である。
長かったね。。ホント。


お話としては、
前回の騒動で距離を置き始めたルカと真琴
そんなとき、真琴は写真を見て異変に気付く。

ルカが写ってない!!

ワケを聞こうとするが、ルカにはごまかされてしまう。
そんなとき、登場する。謎の男。。。
松山資料では、ヴァンパイアの可能性。。。
が、よくみれば、、それは、ルカにも当てはまる!!

まさか!!


ってことである。


確かに、流れ自体は間違っていませんよね。

ほとんど、主人公が登場しませんでしたけどね!!

まさかと思うが、、
横山裕さんが主人公だった方が良かったんでは?
という、、某事務所の実験でしょうか?

そんな風に感じてしまうほどである。

それにしても、引っ張りましたよね。
もうすこし、半田、松山で、ドタバタしていれば、
最終的なシリアス場面も、もっと引き締まったカモね

実際。同じようなネタでラストまで引っ張っちゃいましたからね。

雰囲気が同じであるため、メリハリがない状態になっています。


もう一度書くが、
正体バレのお話としては、悪くない出来であると思いますし、
何かをネタフリしたのも、面白かったとは思います。
ヴァンパイア、ッてことでネタ作りしているのも好感を持てますし


が。。。バレタこと以外、ほとんど内容ありませんよね(苦笑)


極論を言えば、前回と今回、くっつけても良かったくらいですね。

とりあえず、ドラマになっているから、
ま、、、いいかな。。って感じかな。。。。
中盤ほとんど、気持ちの表現はなかったけどね。

もうちょっと、真琴を中心に描いていれば、違った印象だったでしょうに。。。


これまでの感想

第7話 
第6話 第5話 第4話 第3話 第2話 第1話
posted by レベル999 at 23:15| 2009年ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

救命病棟24時(4) 第3話 命を救いたい

『命を救う者たちの選択』

内容
進藤(江口洋介)小島(松嶋菜々子)を中心に、まとまりつつある救命センター。
だが、ある程度以上は対応できない状態は続いていた。

ある日のこと、患者のチェックをしていた鴨居(北乃きい)のところに、
麻酔科医・花輪勝司(板尾創路)が現れる。
以前から気になっていた元救命医の花輪に、やめた理由を聞いた鴨居。
すると、、
“休めない、眠れない、金にならない
 ないないづくしの救命で頑張る意味がどこにある?”
そして花輪は、患者を再チェックした方がいいと告げ立ち去っていくのだった。
その様子を見ていた進藤は、花輪という人物が気になり始め、
救命時代の花輪の書いたカルテを確認。
その後、看護師の坂口(西原亜希)横溝(市川実和子)らから話を聞くと。。
救命センターが崩壊するきっかけになった大山修三医局長(築出静夫)の事故。
花輪がやめたことで、負担が大きくなり倒れたという。。。

一方、花輪は、大山の病室を訪ねていた。責任を感じていたからだった。
そんな花輪を大山の妻・芙美子(小林かおり)は慰めていた。。。

花輪の力を知った進藤は、救命センターへの復帰を依頼するが
“熱意は分かるが、暑苦しいのはイヤだ”と拒否されてしまうのだった。

同じ頃、澤井(ユースケ・サンタマリア)は、
守谷センター長(小野武彦)に、3班体制の高度救命センター計画を提案。

そんななか、ひとりの患者が運ばれてくる。
研修医の工藤(石田卓也)は、脳梗塞であると診断し、放射線科へ。
だが、様子を見た看護師の山城紗江子(木村多江)は、低血糖の可能性を指摘。
もう一度診断すると糖尿病の低血糖症状だった。
澤井は、その判断をした救急看護認定看護師の資格をもつ山城に目をつけ、
救命センターへの異動を持ちかけてくるが。。。。

数日後、救命センターに多数の患者が運ばれてきた時、
以前鴨居がチェックなどをしていた患者が急変!
処置をしようにも、医師がいない。。。
偶然見つけた花輪に診て欲しいと鴨居は頼むのだが、
花輪は別れた妻・升美(秋本奈緒美)と息子・純平の裁判のことで、手一杯で。。

花輪“用がある”
鴨居“人の命より大事な用ってなんなのですか?”

仕方なく、野口(矢柴俊博)に診てもらうが。。。。。。。


敬称略


あの。。。どうしても気になったんですが。
今回のお話って、もしかしたら、

主人公が復帰する前に、先撮りしていたんでしょうか?

小島はさておき、進藤がほとんど登場しないというお話である。


復帰話とか、そういうことよりも、
進藤がいないことに目が行ってしまって。。。

いやまぁ、
チームですし、山城、花輪ともに、依頼されているから、
お話は、澤井の意図も絡めながら、良い感じなんですけどね。


見ていると。主人公は、鴨居千夏!!って感じですからね!


で、感じたわけです。

こういった、進藤が絡まないお話で人間関係などを積み上げて、
最終兵器として、進藤が現れるという展開に出来なかったのかな??

“救命医・小島楓”をするんじゃなくて!


お話としては、
ある意味ベタ展開で、あれこれという感じではありません。

花輪には、やめたい理由があり、山城にも、現実があった。
でも、サイレンを聞くと体が動くと言っていたように、
“熱い気持ち”は、忘れたわけではない。
命を救いたい気持ちは、強くあった!!!

で、復帰である。

それにしてもここまで、進藤が前に出ないお話を作ってしまうと、
主人公。。澤井だよね。
必死になっている澤井の姿が一番目立っていますよね。
進藤だって、今回ぶつかりなしだし!

まぁ、現実的で良いですよね。
“熱意”だけでクリアできるような問題じゃないしね!



これまでの感想

第2話 第1話
posted by レベル999 at 21:58| 2009年ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。