TBコメントは、本家へm(__)m

2009年08月02日

天地人 第31回 むなしい戦

『愛の花戦』

内容
天正19年7月。
秀吉(笹野高史)の命令で、庄内に一揆鎮圧のために出兵する上杉軍。
そして、大名の妻への上洛命令により、
景勝(北村一輝)の妻・菊姫(比嘉愛未)だけでなく、
兼続(妻夫木聡)の妻・お船(常盤貴子)も上洛をした。

上洛した菊姫とお船は、
北政所(富司純子)や淀(深田恭子)とあいさつを果たしたものの、
菊姫は、わだかまりが晴れず、どうしても打ち解けずにいた。
そんななか、淀の依頼で“ヒメサユリ”を集めることになった菊姫、お船。
上杉に連絡し、大量の“ヒメサユリ”を送ってもらい、淀は上機嫌。

が、翌月。秀吉の嫡男・鶴松がわずか3歳で亡くなる。
わが子を亡くした秀吉、淀だけでなく、
我が子ではないと言え、豊臣家の跡継ぎを亡くした北政所もショックを受ける。
そして、秀吉は、家督だけでなく関白の座を甥の秀次に譲り、
太閤となり朝鮮出兵の準備を整えはじめるのだった。

鶴松が亡くなったことで、淀は世継ぎの母ではなくなったてしまい、
諸大名の妻の態度は冷たくなっていく。
それを知った菊姫は、自らも子が無いことを淀に話をし、励まし元気づける。
そのことで、菊姫と淀は、心を通わせはじめるのだった。

文禄元年3月
上杉家の朝鮮出兵の兵を連れ肥前名護屋に行く途中、景勝と兼続は京に立ち寄る。
菊姫、お船は、半年ぶりの再会を果たすのだった。
喜びの再会後、大坂城に向かった兼続は、
三成(小栗旬)に会い、秀吉に出兵を辞めるよう進言したいと訴えるが、
国の仕組みを作るためには必要なのだという三成。

同じ頃、北政所は、家康(松方弘樹)景勝らを前にして、ある頼みをしていた。
秀吉が自らが朝鮮に渡らぬようにと監視して欲しいと言う事であった。
これで、渡らぬ口実が出来たとほくそ笑む家康。

そして、肥前に向かった上杉軍は、名護屋城に留め置かれることに。
一年後。出兵命令が下り。。。。。。。


敬称略


えっと、、
このドラマは、誰が主人公なのかな?

そんな雰囲気ですよね。

京では、菊姫がメインであり、もう一人の主人公のハズのお船は、付き人状態
その事に多くの時間を割いているため、
途中の、三成とのやりとりがなければ、
ラストの出兵の部分だけしか、景勝と兼続も、必要なのかどうか
全く分からない状態。

印象に残っているのが、
菊姫と淀とのやりとりだけという(苦笑)

たしかに、これが、
歴史の主役の座を秀吉に譲った者たちの“ドラマ”であるのだが、
もう、ここまでされてしまうと、何をどう言って良いか分かりません。


一応、子どもを絡めて、ホームドラマらしさはあったので、
これはこれで、お話はまとまっているとは言えます。

世継ぎがいるから、チヤホヤされる淀。
が、いなくなると冷たくなる。
そこで、子どもがいない、菊姫の出番だ。

流れは合っているんだよね

でも、なんて言えばいいのかな。。。。
そのようなやりとりがあったことを、主人公が知った様子がないため

完全に、物語から独立して見えます
これって、人間関係が切れているように見えるため、
結局、、なんのために、お船がいるんだ

という演出上の問題にまで繋がっていきます。


あれこれとね、女たちの“戦い”に
男たちが、口を出すのは、どうかと思いますが、
だからこそ、お船の役割があると思うんですけどね!!

で終わってみれば、、次回予告を見ても分かるように
今回のお話って、次回以降の“跡継ぎ問題”のネタフリでしかないわけである。


もうちょっと、盛り上げるなら盛り上げる!
ホームドラマで良いから、なんでもやれば良かったのに。。。。

なんだか、もったいないお話である。
わざわざ、京に立ち寄っているのにね!

ドラマ作りをするために、やっている部分もあるんだから、
もっとやればいいのに。。。。。

これまでの感想
第30回 第29回 第28回 第27回 第26回 
第25回 第24回 第23回 第22回 第21回+ 第21回 
第20回 第19回 第18回 第17回 第16回 
第15回 第14回 第13回 第12回 第11回 
第10回+ 第10回 第9回 第8回 第7回 第6回
第5回 第4回 第3回 第2回 第1回 

posted by レベル999 at 21:15| 大河ドラマ 天地人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第18話 小さな人間の傲慢な掌

『小さな人間の傲慢な掌』

内容
アームストロング少佐にリゼンブールに連れてこられたエド。
マスタング大佐の命令だという。。。そこには、なぜかブレダ少尉がいた!

そのころ、セントラルで、リンから説明を受ける、アルとウィンリィ
彼らが向かったのは、クセルクセス遺跡だという。

ブレダ少尉の案内で向かったのは
古代に滅んだ王国・クセルクセス王国跡“クセルクセス遺跡”だった。
それは、アメストリスにとって錬金術を伝えたという東の賢者。
シン国にとっては練丹術を伝えたという西の賢者。
それぞれの伝説の始まりの地で、リンの部下・フーと合流したエドたち。
そして、そのクセルクセス遺跡で目の前に現れたのは、死んだはずのロス少尉!

ナンバー66からヒューズ事件の情報を得たマスタング大佐は
ブレダ少尉に“材料”を集めさせ、“焼死体”を生み出したのだという。
無実のロス少尉を助けるため。
東へ逃がす手引きをするために、ナンバー66とリンが取引をしたようだった。
そして、エドをセントラルから遠ざけた理由が、もう一つあった。

マスタング大佐が、軍に巣くっている黒幕を釣り上げるため、
エドが作戦の邪魔になる可能性があったからだった。


そのころ、セントラルでは、
ファルマン、ナンバー66がひそむアジトに、、謎の仮面の男が襲撃!





本格的に、物語が動き出していますよね。
これからの大きな出来事のために。

一番印象に残ったのが、
“ロックベル”という名前だけで、イシュヴァールの民の表情が変わったこと。

なかなか、面白いモノである。

そっか。。。なるほどね。
映像で見ると、説得力がありますよね。


それはさておき、
すべての真実に繋がる、きっかけとなるお話ですね。

クセルクセス遺跡。。。

悪くないテンポでエドにも決意をうながした。

“禁忌を犯した俺たちに協力してくれる人がいる
 怒ってくれる人、支えてくれる人がいる
 元の体に戻ろうと約束した弟がいる
 そして、後戻りは出来ない
 だったら前に進むしかないじゃないか
 誰一人失わない方法で
 もし誰かが犠牲になりそうになったら、オレが守る。
 難しいことかもしれない。
 自分の身ひとつで精一杯なのに
 他人まで守ろうだなんて傲慢かもしれない
 でも、今のオレには、これしか思いつかない
 だから、前に進むよ


その一方で、セントラルの大混乱である。

かなり、事件部分に絞り込んでいるので、
分かり易いですね。

ホムンクルスも登場したし。
バリーの肉体も良い感じだしね。

本当は難しい部分を描こうとしているのに、
難しすぎる部分をあまり出さないようにしているのも
意外と良いことですよね。

電話も良い感じだし。


ひとつだけ、どうしても分からないのが、
バリーの肉体が、魂を求めた動き出した部分。

すこし、唐突な印象ですね。

ま、いいけどね。



次回が次回と言う事は、
どちらかと言えば、今回は、“ネタフリ”と“繋ぎ”

仕方ないと言えば、それまでですが、
次回があるので、楽しみに待つこととします



これまでの感想
第17話 第16話 
第15話 第14話 第13話 第12話 第11話 
第10話 第9話 第8話 第7話 第6話 
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話 

posted by レベル999 at 17:42| アニメ&特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フレッシュプリキュア! 第26話 私も踊りたい!

『4つのハート!私も踊りたい!!』

内容
ミユキから、再び、ダンスとプリキュアの両立は出来ないと告げられるラブたち。
が!。。。。4人目のプリキュアと思われていたのが、勘違いだと知り、
一安心のミユキであった。
そんななかプリキュアが4人になり、
余裕が出来たと言う事で、ダンスレッスン再開!
ラブ、美希、祈里は、せつなもダンスに誘う。
そして、まずは3人でレッスン開始するが、、ラブたちはボロボロ。
夏に入って体作りを怠っていた!

ということで、ミユキの提案で、夏合宿開始!
アカルンの力を使い瞬間移動をして、レッスン開始!
しかし、突然、
“ダンスは出来ない”と言い残し、せつなは部屋に引きこもってしまう

自分の同じだった。。。。そう思った祈里は、1人でせつなの元へ
祈里は、自分のことを話をしながら、ダンスに誘う。
踊り始めると、いつの間にか、せつなは笑顔になっていく。。。。

そんなとき、ウエスターがナキワメーケを連れ現れる!




今回は、せつながダンスメンバーにどういう風になるか??

というお話だ。

そう!
すでに、メンバーになるのは確定済み。

前回までに、一定の友情は構築されている。

なら、、、と言う事で、期待していると。

やはり今回もすごいことになっていますよね。


物語の方は、ラブたちにとりあえず、強引に誘われる!
と言うところから始まる。

キャラの差が出ているし、戸惑いも良い感じ。
アカルンを使ってのおバカな行動も、良い味となっている。

そして、レッスン開始!
と思いきや、、やっぱり拒否。

ヤッパリできない。。とラビリンスのことを出したりして拒否。

かなり、ここだけでも丁寧なのに、
ここで行ったのは、祈里を行動させると言う事を行ったことだ。

基本的に、3人の中では、引っ込み思案と言って良い感じのキャラの祈里
だから、自分もダンスに誘われたときには、悩んでしまった。

そう!祈里には、せつなの気持ちが、なんとなく分かるのだ。
すべてから隔絶されていたラビリンスのせつな。。。その気持ち。戸惑いが。

ほんと、素晴らしい展開ですよね。

まさか、ここで重ねてくるとは思っていなかったので、
ここの部分だけで、大満足である。

『楽しいと、自然に笑顔になるモノなのよ
 みんなで踊れば、もっと楽しいわ

後は、ダンスで少し変化していくという姿、、
そして、戦いの中、協力して心を通わせる。

見事な流れである。

最後は。。。祈里の“忘れもの”。アカルンでとりに行ったせつな。

アカルンのオモシロ行動が、
こんなところで、感動的な行動に変化させちゃうとは!!

おそるべし“フレッシュプリキュア!”である。


祈里“私がダンスを始められたのはこの練習着に勇気をもらったから。
  おそろいの練習着なら、みんなと頑張れるって思ったの
  だから、せつなにも同じ勇気をあげたくて。

せつな“勇気はちゃんともらえたわ
  ありがとう祈里。。ううん。ブッキ−


ダンスに参加すると言う事だけでなく、
友情も丁寧に描いた。
そこに過去まで重ねてくるのだから、

お見事だったと言えるでしょう。




ま、、、戦いの方は、いつものとおりにオバカさん相手なので(苦笑)
ってか、
人のいるところでナキワメーケを発生させなきゃ、ゲージの意味がありません!


それにしても、本当に丁寧な描き込みですよね。



これまでの感想
第25話 第24話 第23話 第22話 第21話 
第20話 第19話 第18話 第17話 第16話 
第15話 第14話 第13話 第12話 第11話 
第10話 第9話 第8話 第7話 第6話 
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話 
posted by レベル999 at 09:23| アニメ&特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

仮面ライダーディケイド 第27話 バトル!バトル

『BLACKxBLACK RX』

内容
アポロガイストを追い、別の世界にやってきた士(井上正大)
そこに現れたのは、南光太郎(倉田てつを)!!
仮面ライダーBLACKとなり、ディケイドに襲いかかってくるのだった!
海東(戸谷公人)から、“RXの世界”ではなく“BLACKの世界”だと
知らされる士。

強敵アポロガイストの出現で、共闘を申し出る士であったが海東は拒否。
パーフェクターを奪おうと海東は動き始めるのだった。

そんななか、士がアポロガイストのガイ(川原和久)と闘う姿を見て、
光太郎はディケイドを理解。
“世界を繋ぐ橋”を何者かが作り上げたことで、
大ショッカーが生まれたことを知るのだった。

そして、襲いかかってくるクライシスのシュバリアン!!
BLACKと共闘するも苦戦するディケイド。
すると、RXとの世界の扉が目の前でひらき。。。。。。
士はアポロガイストが逃げた、RXの世界へと向かうのだった!!!

そのころ病院で治療を受けていた夏海(森カンナ)が。。。。。。

敬称略



今回のお話を見て。
BLACKとRXの共闘よりも、

アポロガイストが、救われたことの方が。。。嬉しかった私。


それはさておき。

お話の方は、
アポロガイストの持つパーフェクターを奪え!

ッてだけのお話である。


一応、『繋がり』を表現しているし、
夏海に命を与えるなど、ひとつのオモシロ味はあった感じだ。

“例え勝ち目が無くても闘わなければならないときがある。
 大切なモノを取り戻すために
 確かに1人では難しいかもしれない
 だからこそ助け合い、一緒に支え合う相手が必要なんだ。
 世間ではそれを仲間と言うらしい”



でもまあ、やっていることは、
前回のようなストーリー性はなく、

また夏海を救うために行動しているわけではないので、
本当は、アポロガイストを、追っているだけなんですけどね。。。

だからただただ、全般的にバトルが表現されているだけで、
それ以上ではないんですけどね!

どうも、そこに引っ掛かりを感じます。
バトルにしても、混乱状態を抑えるためか、
ダブルBLACKは、、早期に別行動だし(苦笑)


敵の存在で締まりが出てきているのに
その事に気をとられすぎて、
物語がないがしろになっているような気がしてなりません。

たしかに“バトル”が、今回の“ライダーの醍醐味”なんだけどね。

せめて、夏海の命を救えるかも。。。と
そのためにパーフェクターを追いかけていれば、納得感があったろうに。。。


これまでの感想
第26話 
第25話 第24話 第23話 第22話 第21話 
第20話 第19話 第18話 第17話 第16話 
第15話 第14話 第13話 第12話 第11話 
第10話 第9話 第8話 第7話 第6話 
第5話 第4話 第3話 第2話 第1話 



posted by レベル999 at 09:21| 仮面ライダー・戦隊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オトメン(乙男)〜夏〜 第1話 恋せよオトメン

『恋せよオトメン』

内容
父・主水乃介(鶴見辰吾)は、息子・飛鳥がママゴト遊びをしたりするのを
特に注意したりもせず、温かく見守ってきていた。
が、ある日のこと。その息子の姿を見て、突然宣言する父。
“本当は女になりたかった!”
そのまま、父は家を出ていき、母・浄美(山本未來)はショックで倒れる。
飛鳥は、その日誓った。
“本当の自分を隠し、だれよりもりりしい男らしい日本男児になる”と。
それから数年。全国剣道大会の決勝戦の場に、
銀百合学園剣道部主将・正宗飛鳥(岡田将生)がいた。
追い詰められていた剣道部であったが、飛鳥の活躍により大逆転勝利!
全国大会出場をきめる。
“容姿端麗、成績優秀、剣道の達人”
学園の理事長でもある、母・浄美に“日本男児らしく”育てられた飛鳥であった。

その試合の帰り、1年の有明大和(瀬戸康史)が不良に絡まれているのを目撃!
するとそこに、1人の少女(夏帆)が現れる。
不良にくってかかろうとするが、太刀打ちできるはずもなく。。。
飛鳥が止めに入ってくるのだった。そして少女を助けた飛鳥。
会話をしながら送って帰っているウチに、なにかを感じるのだった。

翌日。担任の花沢夢子(柳原可奈子)が、転校生・都塚りょうを紹介する。
なんと、昨日の少女だった!!
クラスメートの橘充太(佐野和真)から、
剣道部のこと、飛鳥のことを聞くりょう。。。そこには日本男児の姿があった。

そんな“日本男児”飛鳥であったが、捨てるに捨てきれぬ趣味。。。
母の目を盗んでは、ぬいぐるみを作ったりしているのだった。
その姿を、、、友人の充太に見られたとも知らずに。。。。

翌日、りょうが、万年発情男の充太に家庭科室に誘われたと知った飛鳥。
家庭科室に行くと、、、中から妙な声が聞こえる。
気になって仕方がない飛鳥が、扉を開けると、
りょうの家庭科の課題のケーキ作りを充太が手伝っていた!!

“作りたい”

我慢できない飛鳥は、りょうに教える格好をしながら、
見事にキュートなスイーツを作り上げるのだった!!
大満足の飛鳥。

その帰り道、大和が、飛鳥の前に現れる。
剣道場がたいへんなことになっていると!!!!
大急ぎで向かうと、すでに剣道場はムチャクチャ
そしてそこにはりょうの姿だけでなく、
先日の不良、矢沢、相沢、椎名と、
多武峰一(木村了)の姿もあった!

元剣士の多武峰と勝負をはじめる飛鳥であったが、
不良が乱入して危機に陥ってしまう。。。すると、、突然、りょうが跳び蹴り!!
“飛鳥さんはカワイイです。見ていると私、守ってあげたくなるんです”


敬称略


↑もう面倒なんですモードである。。。。ほぼ100%


公式HP
http://www.fujitv.co.jp/otomen/index.html



父の遺伝か、乙女心を持った少年。
父の失踪とともに、母に“日本男児”として鍛え上げられる!
が、どうしても、その心を捨てきることは出来ず。。。秘密だった。
そんななか、現れた転校生に心を惹かれていく。
そして判明する、転校生の少女の本当の姿!!!



ま、そんなお話のようである。

女らしい男と、男らしい女

そんな2人の恋バナ?なのかな。。。

きっと、そのアタリの“秘密”というのも含めて、
いろいろと楽しくやっていく学園モノという感じなのであろう。


今回だけで考えれば、
完全に、人物紹介のお話なので、それ以上の物語があったわけではないが、
つかみは、、、そこそこ良い感じだった。

メインの2人を丁寧に描いていましたからね。

細かいところでも、
キッチリとギャップというか、性格の差を描いていますし。

オモシロ味は見えている感じだ。
楽しさを感じることの出来る部分も、たくさんあるしね!

後は、展開次第かな。

明らかに、ベタな内容であるため、
よっぽどのことをしない限り、楽しく見ることは出来る感じ


雰囲気としては、同局の“火9”だけどね!
ただ、最近の“火9”は、イロモノのようなニオイを出し過ぎていましたから、

ある意味、正統派の楽しい学園モノにはなりそうな感じですね。


さてさて。。。後は展開。。。。きっと父も加わってくるだろうし。
“この枠”を考えれば、危険性は残るが、
期待して、視聴したいと思います。
posted by レベル999 at 00:05| 2009年ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。