TBコメントは、本家へm(__)m

2009年07月24日

オルトロスの犬 第1話 悪魔の手、神の手

『神の手の悪魔VS悪魔の手の天使!No.1スピードミステリー日本上陸』


内容
南品川警察署にひとりの男(錦戸亮)が出頭してきた。
教師であるその男・碧井涼介(錦戸亮)は、長谷部刑事を呼び出してくれと。
そして告げるのだった。
“僕は人を殺しました”と。

8日前
南品川警察署の長谷部渚(水川あさみ)は、女子大生の変死事件を追っていた。
1週間前に見つかった女子高生・白川加奈(波瑠)が瀕死で発見された事件。
クスリでの繋がりを見て、潜入捜査を行っていたのだった。
その中で上がってきたのが、熊切勝(八乙女光)という男とその仲間。
銃を取り出し逮捕しようとした矢先、逆襲を受け捕まる渚。
撃たれようとしたその時。.妙な男が現れる。
その男は、仲間の1人・内村修平(松本寛也)に触れた次の瞬間。。。。
内村は倒れ込んでしまう。。。。そして死亡。
明らかに不思議な光景を見た渚。

だが、男は、名前も告げずに立ち去ってしまう。

渚は、友人の監察医・前園千春(原田夏希)に検視をしてもらい、
死因を聞くが。。。わからない。しいて言えば。。。“天罰”だという。。。
衆議院議員・内村博隆の放蕩息子だからと。

そして8日後。
その男・碧井涼介が出頭してきたのだった。
高校教師の涼介は、教え子の加奈から相談を受けたいた。
その事で、現場に現れ、少年達を止めようとしただけだという。
そして妙なことを口走るのだった。触れただけで人を殺してしまう、。

“僕の手は、悪魔の手なんです”

意味が分からない渚。。。でも、目の前で人が死んだのは事実。
自白だけで、証拠も何もないため、釈放される涼介。

そんなとき、元警察官のホームレス・二宮健(六角精児)が、大暴れして捕まる。
その二宮が発したのが“悪魔の手”という言葉。
上司の柴田宗助(山本龍二)から、その事を聞いた渚は、
10年前、二宮の目撃した3人の少年が殺された殺人事件。
犯人は、死刑判決を受け、服役中の竜崎臣司(滝沢秀明)
もしかしたら、それが何らかの関係があるのでは?
なにかを感じた渚は、収監されている関東中央拘置所に向かうのだった。

そして、“悪魔の手”について竜崎に話し始めた渚であったが、
杉本彰人所長(六平直政)は言う、、、、、

“こいつの手は、触れただけで、どん傷も病気も治すことが出来る
 この男、竜崎臣司の手は、神の手だ”と

竜崎は、渚が訪ねてきたことに興味を示し、
“その男、ここへ連れてこい。触れるだけで人を殺せる男”
と告げるのだった。


敬称略


公式HP
http://www.tbs.co.jp/orthros-dog/



どんな傷も、病気も治すことが出来る手。。。神の手を持つ男

望めば、触れただけで人を殺せる手。。。悪魔の手を持つ男

不思議な力を持つ2人の男が、出会ってしまった。
その、持っている手。。。能力とは違う。。。心を持つ男たちが。。

ま、、そんなお話のようだ。


たしかに、興味を覚えるお話には見えるし、
特殊能力の表現しているだけでなく、
政治家などが多数登場。。。
そのうえ、生と死に関わる人物達も、多数。

いろいろなことが出来るようです。



ただまぁ、
あくまでも、個人的な印象ですが、

アメリカンスタイルだか
スピードミステリーだか
先を読ませないような演出だとか

いろいろと、宣伝しているようですが、

“初回延長”ということもあり、

正直、そこまでの興味が、持続するほどの魅力には転換していない感じだ。

ほんと、長々と。。。。


何だか言っていることにしても、
裏番組で放送されている映画“X−MEN”にかぶっているし(苦笑)


ちなみに、これだけの登場人物の多さ。
某事務所の俳優さん達が多数登場していると言う事もあり。
ゲストキャラを登場させ、物語を作るらしいが、
ネタフリを回収できないまま、終わってしまいそうな予感。。。。

とりあえず。
次回は、引き延ばしだけは辞めて欲しいモノだ。
スピード感なんて、ほとんどなかったしね!


よっぽど、前番組の“金スマ”の高畑淳子さんの物語の方が、
面白かったです!!

posted by レベル999 at 23:16| 2009年ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。