TBコメントは、本家へm(__)m

2009年07月09日

任侠ヘルパー 第1話 研修は、介護ヘルパー!?

『極道から老人介護への華麗なる転身!!』


内容
“弱きを助け、強きをくじく。命を捨ててでも、義理人情を貫く”
そんな、本物の極道になりたかった男・翼彦一(草ナギ剛)は、翼興業組長。
でも、そんなモノでメシが食えるわけもなく。。。。。

ある日のこと、翼興業が所属する隼会若頭・鷹山源助(松平健)がやってくる。

数日後、、、鷹山の言っていたとおり、老衰でひとりの男が死ぬ。
隼会7代目で、『最後の任侠人』と言われた隼瀬晋三だった。
順序からいけば、鷹山が8代目。。。
葬儀後呼び出しを受けていたことから、彦一は“次期若頭”と意気込むが、
鷹山に呼び出されたのは、彦一だけではなかった!

二本橋賢吾(宇梶剛士)四方木りこ(黒木メイサ)黒沢五郎(五十嵐隼士)
六車雅人(夕輝壽太)そして、鷹山の息子・鷹山三樹矢(薮宏太)
彦一をあわせて、“これからの翼会を背負って立つ”6人の若手が呼び出された。

鷹山は“研修を受けてもらいたい”と、、バスに乗せられ連れて行かれたのは、
敵対している“鷲津組のシマ”のど真ん中!

“タイヨウ”という老人介護施設。。。。

オーナーの園崎康弘(大杉漣)に出迎えられ“施設”の説明を受ける6人。
そして、6人に命じられたのは、、、“介護ヘルパー”だった!!!


なぜ、こんな事を、、、不満はあるが鷹山の命令は絶対。
和泉零次(山本裕典)美空晴菜(仲里依紗)らの助けを受けながら、
“仕事”をはじめるが、上手くいくわけがなく。。。。

あるとき。
彦一が控え室で居眠りをしていると、ひとりの老女・倉田チヨ(池内淳子)が、
声をかけてくる。。。。
どうやら、認知症で、息子・敏行(松尾諭)と勘違いしているよう。
そして、、、小遣いをもらった彦一は、ニヤリ。。。

その日の夜、一様に不満を述べる5人だが、
なぜか彦一だけは
“極道はな、どんな状況にいたって極道なんだよ”

翌日から、老人達と積極的に、彦一は、会話をはじめる。
そこにいるのは“カモ”。。。それに気づき、チヨから金を引き出す彦一。


そして、ある夜のこと。チヨから金を取り出すために
コンビニに連れて行ったのだが、、、いつの間にか行方不明。
ワケのわからない行動をした彦一に、キレる和泉。

すると、チヨが見つかったのは良いのだが、
そこは、超高級老人ホームを手がけ介護ビジネスで成功を収めた
“ハートフルバード”の施設だった!
社長の羽鳥晶(夏川結衣)たちは、チヨを身体拘束し部屋に連れ込む!
その姿を見て、妙なモノを感じる彦一。
“高齢者達の救世主が聞いてあきれる”というが、
羽鳥は、“理想から、一番遠い場所。それが介護施設”と言いきるのだった。


翌日、美空と、チヨの息子・敏行のもとを訪れた彦一は、
そこにある“現実”に、驚かされるのだった。
母親、どころではない。。。。。。


敬称略


公式HP
http://wwwz.fujitv.co.jp/ninkyo-helper/index.html




先ず初めに、

加藤清史郎さんという子どもを使って、
オモシロを作るのは、


反則である!!!


ほんと、カワイイ!!!(笑)


それまで、中途半端に、シリアス展開で、
最後に、そこそこ締まったなあと思ったのに、、、オチが、、、、、

初回だから許すけど、
あまり、こういった“反則”ばかりしていると、

“そういう目”でしか、見られなくなりますよ!!!




ということで、
シリアスなのか、コメディなのか、よく分からない状態ですが、、、、

それはさておき。


お話は。

“任侠道”という理想を胸に抱きながらも
“現実”を見て、生きてきた男、翼彦一

逆らえない命令により、介護ヘルパーをはじめたのだが、
そこに、“カモ”を発見してしまう。

が、、、その“カモ”を見ていると、徐々に変化していく彦一。

“弱きを助け、強きをくじく”

彦一の中にあった“何か”が、目覚める!!!

その一方で、
ある意味“理想の対応をした彦一”をバカにする、
“現実”に、ビジネスで成功している女・羽鳥晶


2人を対比しながら、
彦一が“何か”に目覚めていく、、、、

ま、、そんな、お話のようだ。



物語としては、
ヤクザと任侠と介護ヘルパーと
様々な、ギャップを表現することで、主人公の気持ちの変化を

分かり易く表現されている。

サスガに、強引な流れの部分もあることはある。。。
例えば、わざわざトラブルを。.とかね。。
そこはドラマなので、こう言うのも良いだろう.初回だし!

そんなコトを気にしなくても、
ある程度のオモシロ味はあった感じである。


今やっている自分の“仕事”と、“介護ヘルパー”という仕事。
そして、そこにある自分の中の“任侠道”

羽鳥の意味不明さは、きっと何かあるだろうから、、ま、いいとして。

それなりに楽しむ内容になっているようだ。


とりあえず、ラストには加藤清史郎さんをのぞき、、、、
“次”に繋ぐ、良い感じの終わり方だしね!



あとは、ネタ次第というところか。

だって、基本的に“同じような人”がいる施設なのだから、
ネタに“同じようなニオイ”が、漂う可能性があるわけだ。

どれだけ、ほかのメンバーや、施設の人、羽鳥を重ねても
ネタのニオイが同じならば、マンネリ感が漂う可能性があると言う事。
毎回、、まさか“さくら吹雪”な、わけないだろうし。。。。。

このアタリを、どういう風に打破するのか?

そんなところかな。。。

posted by レベル999 at 23:29| 2009年ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダンディ・ダディ?〜恋愛小説家・伊崎龍之介〜 第1話 娘が心配なんだ!!

『娘が心配なんだ』

内容
“恋の園”という、新作を発表した恋愛小説家の伊崎龍之介(舘ひろし)
“恋愛のカリスマ”と呼ばれる龍之介は、女性たちに大人気。
が、、そんな男にも、人には言えぬ悩みがあった。
そのことで、セラピストの葉山修二(佐藤二朗)のもとに通う毎日。

実は、一人娘のあかり(南沢奈央)が、高校に入学したのだった!!
昨年まで女子校だったのに、今年からは男女共学!!
まさか。。。まさか、、、まさか!?、、、娘が恋をするかも!!

ある日のこと、部活で帰りが遅くなったあかり。
編集者の三嶋貴和子(余貴美子)には、不安を見せない龍之介であったが、。
が!、同級生の小早川悠樹(石黒英雄)に送ってきてもらって、衝撃を受ける!
恋人???まさか!
“男は恋をしてなんぼ”と言う龍之介であったが、心ここにあらず。
心配でたまらない、龍之介。


また、ある日。
TVの生放送でライバルの文芸評論家・佐々木泰三(鹿賀丈史)に対し、
偉そうに自由恋愛を語った龍之介であったが、
放送後、編集者の堂島寛(八嶋智人)から、
茶髪でピアスの男と一緒にいたと聞き衝撃を受ける龍之介。
友人の松原朋香(林丹丹)と映画に行っていたはずなのに!?
あかりに話を聞いても、食事にまで!?いったい、誰なんだ???
映画には行ったと言うが、、本当なのか??と、友香ちゃん家に電話する龍之介。
翌日、どうしようもなく、心配になった龍之介は、
下校時感に、校門前で待ち伏せると。。。。。茶髪でピアスの男と一緒!!
その日の夜。。。誰かとケータイで話をしている...こそこそと!

どうにもたまらなくなった龍之介は、。。。

翌朝、登校前、ケータイが見あたらないと大騒ぎのあかり。
知らないという龍之介であったが、書斎に確保してあった龍之介
見るべきか、見ざるべきか悩んだあげく、、娘のケータイを見る。
と、、、“R”の文字が並ぶ。。。。
気がつくと、リダイアルしてしまっていた!!!
。。。。どこかで着信音。。。。
“R”は、龍之介のケータイだった!

心配でたまらない龍之介は、先日知り合ったばかりのコバちゃんこと小早川に
娘・あかりを見張ってくれと。。。。。。メアド交換。
自分も男だというコバちゃんに、
“オッケー、オッケー、キミはまだ恋愛したことがないんだろ”

すると。..コバちゃんから連絡が入る。
なんと、遊園地の観覧車に、あかりが、男と一緒!?

が、、、その男・山本浩輔は。。。。。。



あまりのウザサに家を出て、
おばあちゃんの坂本サチ(野際陽子)のところへ行ったあかり。。。。


敬称略



公式HP
http://www.tv-asahi.co.jp/dandy/



親って、子どものことを心配するのが仕事って思ってるところがあるだろ

と、途中でコバちゃんが言っていましたが、

恋愛のカリスマであるはずの父も、、、娘のことでは“ただの父”


“恋する娘を心配するあまり
 器の小さな行動を繰り返す、あわれな父親の物語”


そんな、ウザパパの物語のようである。


まぁ、明らかに“どこか...2年ほど前”に他局で見たドラマと
かなりかぶっている部分はあるのだが、

恋愛のカリスマ、、などと言いうことで、
そのキャラに、大きなギャップを生み出しているのであろう。

表の顔と、裏の顔。。。いや、、
外面と、、娘への顔は、違うと言う事。

それを、
若干、ドタバタコメディっぽい感じで描きながら、
少し“良い感じの家族ドラマ”を、生み出しているようだ。


“親は、いつだって、子どものことばかり考えているんだ。
 心配で、仕方がないんだ。
 そんなことも分からないヤツが、恋愛なんかするんじゃない”

とまぁ、ライバルを利用したりして。。。。

結局、この手のドラマって、

“どこまで、キャラのウザサに、耐えることが出来るか?”

と言うところなんですけどね。



今回だけ見れば、
先が見えていても、分かり易く、、、、ウザイだけじゃなく、熱さもあり、
そして、人情味も。。。

“その時が来たら、紹介するから”

と、意外と良い感じでオチで。。。。。。


ベタベタですが、ま、、、いいかな。これくらいなら。
後は、俳優さんも含めて、好みでしょうね。




どうしても気になったのは、
なんのために、娘が父に電話をしていたのか?ですけどね。

意味が分からないまま、、、、

っていうか、
考えてみれば、『お父さん』であって、『ダディ』では、ないんですよね。

そんなことも少し、気になります。


posted by レベル999 at 22:08| 2009年ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

科捜研の女 第2話 飛沫血痕が語る真実

『欠けた指紋!飛沫血痕に隠された秘密!!』

内容
山の中で、男の死体が発見された。暴力団菅沼組の構成員・野上保(入江毅)。
科捜研のマリコ(沢口靖子)と乾(泉政行)が、駆けつける。
すぐに、頭部にある妙な傷を見つけるマリコ。
その後、風丘(若村麻由美)の解剖でも、死因の傷がかなり特殊で、6本の傷。
凶器さえ分かれば、犯人に繋がる可能性があると土門刑事(内藤剛志)に告げる。
その一方で、日野(斉藤暁)は、頭髪についていた“アリ”の分析を開始。
榊所長(小野武彦)の分析で被害者のズボンからケーキの材料でうるち米を発見。
暴力団員と、ケーキとの違和感はあるが、アリもあるため、可能性はあると、
菓子作りの道具“ローラーカッター”に目をつける。
それは6本の傷が可能だった。

マリコは、美貴(加藤貴子)と、乾は日野と、
京都府下の菓子店をまわり、ローラーカッターを分析していくが、
血液反応は、出ない。。。。

最後の店では、凶器と同じ型のローラーカッターは使われていなかった。。。
全く、手がかりがない中、科捜研に帰ると、
風丘がやってきていた。
マリコたちが最後の店で買ったケーキを見て反応する風丘。
その店“タミー”では、アレルギー対応のケーキを作っていることで、有名な店。
雑誌にも載っているほどで。。。と、マリコは気付く。
タミーのオーナーパティシエの枝島多美子(秋本奈緒美)が、
凶器と同じ型のローラーカッターを使っている写真があった!
“使ってない”と言っていたのに。。。。

土門とマリコは、多美子の元を訪ねると。
お客さんが来ていたからと言う多美子。
そのうえ、壊れたから捨てたと言うことだった。
子どもがアレルギーだったため、作り始めたというアレルギー対応ケーキ。
が、火事で、夫とともに亡くなってしまっていた。
その話に、何か妙なモノを感じるマリコと土門。

科捜研に帰り、その事を話しをすると。新たな情報があった。
被害者の傷口にキャロブパウダーと言う甘さを出すモノが検出されたと。
うるち米の粉など、、怪しい部分は存在するが、
家宅捜索令状まではとれない“普通に販売されているモノ”。。。。

そんな中、ついに土門が被害者の野上との関わりを発見する。
夫と子供を失った苦しみから逃れるために、薬に走り、野上から買っていたと。
また野上が店にやってきた証拠をマリコが見つける。
野上の鼻の粘膜から、多美子の自家製の消毒スプレーの成分。

それらの事実を多美子に突きつけると、自供を開始するのだった。
野上から、脅されていたと。。。。。

事件は終わった。

多美子の供述を裏付けるための、店内の調査が開始されるのだが
マリコたちは、店内で、妙な位置にある飛沫血痕を発見する。

分析から、被害者と多美子が争っていたならば、
あり得ない位置から“誰か”からの殴打。

多美子は、誰かを庇っているのでは!?


敬称略


明らかに途中登場の水野義彦(長谷川朝晴さん)が。。。。

なのであるが、
本当に、一瞬しか登場させず。正確には、ワンカット。
そのうえ、多美子との関わりを、ほとんど描いていないため、

ミスリードと言うよりも、
どうやって『そこ』=『真実』に、たどり着くのだろう??

という、なかなかミステリアスな展開です。


基本的に、科学捜査を主に置いている物語であるため
こういった、ある種のミスリードは、面白いモノがあります。

途中、飛沫血痕をアナログで分析しておきながら、
キッチリ、その後はPCで魅せるなんて、、なかなかです。

意外な面白さがあったのは、
最終的な『凶器』を発見するために向かった池での出来事。

現地でPCを使って、足跡でタイヤ痕分析である!!

これ、意外と衝撃的。

いままで、ルミノールなど物理的に分かるモノは分析はすぐ行われるわけですが
こんな細かい分析を行ったのって、
シリーズで、見たこと無いです!!

『普通』なら、必ず科捜研に帰って。。。。。なんですけどね(笑)

それが、『ドラマの掟』だったりするわけです。
なのに、マサカの現地分析!

もしかしたら、、
これが、『新』がとれてしまった『進化の痕跡』なのかな???


でも、こういうのって、時間短縮もあるだろうし、
『掟』を使って、必ず『家』に帰るよりは、

科学的というか、、文明的な感じがしますよね。
そう!新しいモノを見ているような感覚である。

やっぱり、、これが『進化の証』なのかもしれませんね。

旧式の分析方法ばかりを見ていると、『今』を感じにくいですし。
たとえば、
ケータイ社会になっているのに、ケータイを使わないというのは
かなり奇妙なこと...と言うのと同じ。



細かい部分の人情話。。。動機の部分などは、
かなりアッサリ気味ではありますが、
『進化』を見たので、良しとしましょう。

そういうドラマじゃ、ありませんし。。。。

アレルギー対応の製品、、、ってのも、今風で良い感じだしね!




で、メチャクチャ気になっていることがひとつ。
榊親子の“やりとり”は、もうないのかな????


これまでの感想
第1話2hsp 
posted by レベル999 at 22:00| 2009年ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。