TBコメントは、本家へm(__)m

2009年07月08日

赤鼻のセンセイ 第1話 オレが笑わせてやる!!


『病院にKY教師登場!?』


内容
家電売り場で、実演販売をする石原参太朗(大泉洋)は、
ある日、商品の販売もマトモに出来ていないことから、クビになってしまう。
その姿を見ていた1人の老人(神山繁)が声をかけてくる。
それは参太朗の恩師だった。。。。そして、紹介状を渡され向かったのは、、

“桜山総合病院”

院長室で、桜山真(上川隆也)から話を聞く、参太朗。
桜山は参太朗の恩師の息子!!

桜山“先生をやってもらいたい”

長期入院で学校に行けない子供達のために、院内学級を設置。
その中学の教師になって欲しいと言う事だった。
“まわりに笑いを与えることが出来る素晴らしい人材です”
と、紹介状に書かれていたこともあり、了承する参太朗。

院内学級の責任者で小学生の担任の太川絹(小林聡美)に
音楽の西森倫子(平岩紙)美術の権田俊郎(光石研)の紹介を受けた後。
授業が始まる。
担当するのは3人。
3年の八重樫守(神木隆之介)2年の和田雅樹(須賀健太)田中香(高良光莉)
暗い3人を笑わせようといろいろする参太朗であったが、
笑わないばかりか、教室を飛び出してしまい、授業は終了。

太川から“笑わせるのが仕事じゃない”と言われ、カリキュラムを手渡され、
遅れている授業を取り戻すよう、命じられる。

そんななか、権田と西森から、
先日、同じクラスの子がひとり亡くなったと聞かされた参太朗は、

“なおさら、楽しませてやらないと!”

参太朗は、なんとか笑わせようと頑張るがダメ。
そして、八重樫を元気づけようと“高校なんてどうでも良い”と言ったところ、
ぜんそくの発作で倒れてしまうのだった。
小児科医の七瀬遥華(香椎由宇)遠野治雄(高橋努)らから、怒られる参太朗。

話を聞いた太川は
“あの子たちには、普通がない。何もない。
 病院の壁と一緒、ただただ真っ白。
 高校受験は、希望だったんです。”


八重樫のもとに走った参太朗。。。。

八重樫“オレ、なんで生きてるんだろう
  なあ教えてくれよ。オレはなんのために生きてるんだ。
参太朗“笑うため、なんじゃないかな
  人は笑うために生きてる。
八重樫”明日死ぬかも分からないのに、笑えるわけないだろ
参太朗“笑えるよ。お前知らないだけなんだよ
  どんな状況でも人間笑えるんだよ
  無理だって言うなら、オレが笑わせてやる。
  なんかよく分からないけど、覚悟しとけよ、この野郎


“ここは、学校でしょ.楽しい思い出作る場所でしょ。”
参太朗は、八重樫が描いた絵を見て、ある事を思いつき、
花火師の境(半海一晃)の元へ走り。。。。。。。



敬称略


公式HP
http://www.ntv.co.jp/akahana/





人を楽しませるのは、心地いいのだが、
多少、ひとりよがり気味の男、石原参太朗

ある日、病院の院内学級の先生になっちゃった!

病院の医師達からは、不要視されている院内学級。
その一方で、生徒たちからは無視され。。。

なんとか、がんばろうと。。。。

『人は笑うために生きてる。』

そのために。。。。。



ま、そんなお話のようである。


病院と言う事を考えなければ、
キッチリと、“熱血教師”という感じで、きれいに描いているし、

大泉洋さん&小林聡美さんのふたりが、本当に良い感じ。

この2人のキャラを利用しながら、
“病院”というシチュエーションで、いろいろと描くのだろう。


とりあえず。
キャラ紹介だけという雰囲気ではなく、
これから進むべき方向は、示された感じだ。

テンポも結構良かったし、キャラも良い感じ、
それに、人間関係も、いろいろとありそうだし。。。。

気楽に楽しむだけのドラマじゃない感じかもしれませんが、
それは、ネタ次第でしょうね

でも全体として、結構楽しめそうな雰囲気ですね。




わたし的に、1つ気になったのは、
ちょうど1年ほど前に、NHKで同じようなドラマをやっていたこと。

で、思ったのは、
すでに、誰かが死んでいるんですよね。。。。。。
その部分に踏み込んでいくのかどうか?

比較はしたくはないが、
そこに踏み込むかどうかで、秀作止まりか、傑作になるのか。
に、なるような気がします。

もちろん、中学は3人なので、死ぬ必要はありませんが、
“死”に密接している可能性があるのは、当然でしょうから。。。。
小学生の方まで入れれば、できるかな

posted by レベル999 at 23:25| 2009年ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。